ONE TRUTH 有志の会
信じる権利Right To Believe Right To Believe(RTB)

本特設ページでは、米国の非営利団体 Right To Believe の文書 及び 動画のうち、日本語で出されているものを 許可をとって転載しています。


統一運動の分裂
に関する真実ワシントンD.C.裁判所の誤り

愛する統一運動関係者、並びにメンバーの皆様

ハワード・セルフと申します。私は1975年、25歳の時に、米国において統一運動に入教しました。1978年に米国の統一神学大学院(UTS)を卒業し、この運動の中で半世紀近く、指導者としての道を歩んできました。

私はこれまでに勝共連合、全国大学生原理研究会(CARP)、世界基督教統一神霊協会、世界平和統一家庭連合、米国指導者連合、天宙平和連合、GPF、家庭平和協会など、統一運動全般における要職を歴任してきました。

そして現在、私はこの運動に属さない非営利団体である「Right To Believe」(RTB : 信じる権利)の会長として、宗教と信仰の自由を守るための運動を展開しています。

私は統一運動における指導者としての経歴上、食口の方々の大半がよく知らずにいる「統一運動の分裂」に関する数多くの事象を直接目撃し、確認してきました。

私は神の真実と愛によって分裂を克服し、再び一つになることができるという希望をもって真実を明らかにするために、この公開書簡を発表したいと思います。

ハワード・セルフ RTB会長
2020年9月20日
ハワード・セルフ(Howard C. Self)

  1. 序論
  2. 世界基督教統一神霊教会から家庭連合へ:統一運動における地殻変動
  3. 文師の後継者に対する反対の激化
  4. 主要な統一運動の各団体に対する強奪
  5. 戦場となった法廷
  6. 私たちの現在地
  7. 終わりに
統一運動の分裂に関する真実
日本語新聞版無料配布!

本ページに記載されているRight To Believeハワード会長の公開文の全文を新聞版でお届けできるようになりました。

無料で配布しておりますので(郵送料も無料)、この機会に周囲の方々にお渡しください。(お一人様最大30部まで)

皆様からのご注文を心よりお待ちしております。
ご希望の方は下記フォームからお申し込みください。

■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 ONE TRUTH 有志の会