冒頭から唐突かも知れないが、もしもある指導者が、顯進様が奪ってもいないものを奪ったことにして、顯進様を悪者として真の父母様に報告し、食口たちに宣伝しているとすれば、読者はその指導者に従うことができるだろうか? 今回はそのような話である。

2017年12月19日、松濤本部でチョ・ソンイル(趙誠一)氏が行った講義PPTでは、以下のようなスライドが使用されていた。これはUCI裁判をなぜ継続しているのか、ということに対して世界宣教本部なりに説明するスライドである。(写真右下がチョ・ソンイル氏)

▲2017年12月19日、松濤本部で行われたチョ・ソンイル氏の特別講義映像より

すべて突っ込みたいこところだが、今回は一番下の行に注目してもらいたい。「汝矣島(ヨイド)聖地を取り戻すことができる!」とある。これは全く、「意味不明」という他はない。何故ならヨイドの土地は昔も今も統一財団の所有であって、UCIの所有になったことは一度もなく、取り戻すも何もないからである。

 

上の写真はヨイド聖地の登記簿である。1972年以来、今日まで、途中で財団の名称変更があるものの、ヨイドの土地はずっと統一財団(財団法人世界基督教統一神霊協会維持財団)の所有である。チョ・ソンイル氏は一体、この土地を誰から取り戻そうとしているのだろうか?

これがチョ・ソンイル氏の勘違いから来るところのミスだとは到底考えらず、明らかに意図的な嘘である。何故なら彼は國進様が統一財団理事長としてヨイド・パークワン訴訟を起こした頃、すでに世界宣教本部室長として実務を担当していた立場だったからである。(彼は國進様が日本の責任者として毎週のように訪日されていた頃、いつも随行していた)

私たちはこれまで、チョ・ソンイル氏の嘘をシリーズで暴いてきた。読者はこれを、ただ単にある一人の責任者の問題としてだけ捉えないでいただきたい。ここで、世界宣教本部が統一運動全体の中でどのような位置づけであるかを簡単に説明しておく。世界宣教本部はお母様の直下にあり、大陸会長たちの上にある。つまり、日本の総会長(日本は大陸扱い)よりも立場が上である。また、世界宣教本部の主軸は事務総長のユン・ヨンホ氏と室長のチョ・ソンイル氏である。

つまり、チョ・ソンイル氏に問題があるということは世界宣教本部に問題があるということであり、世界宣教本部に問題があるということは、統一運動全体に問題があるということである。だから私たちが暴いてきた問題は韓国、ネパール、アフリカなど世界宣教本部が担当する世界中のいたるところに広がっている。

チョ・ソンイル氏は世界宣教本部室長としてお母様から直接の命を受けて日本へやってきた。彼は正真正銘、世界摂理全般を担当する代表的な責任者としての立場で日本を巡回しているのである。

特にヨイド・パークワン訴訟を細部まで知っているはずの彼は、顯進様がヨイドの土地を奪ったという自分の嘘を良く知っている。だから「汝矣島聖地を取り戻すことができる!」という文字をスライドには入れておきながら、講義では具体的な言及をせずにその部分を通り過ぎているのである。

私たちはチョ・ソンイル氏が何を動機として歩む者なのかを明確に知らなければならない。今までシリーズで暴いてきた彼の嘘を振り返っていただきたい。もしも彼が真の家庭の一体化を願うのならば、顯進様がCBSと結託しているとか、ヨイドの土地を奪ったなどという嘘を用いて、お母様と顯進様、顯進様と祝福家庭の関係性を引き裂くようなことをしてはならない。また、もしも彼が神の摂理の発展を真に願うのならば、ネパールで共産党に身売りした挙句に落選した家庭堂党首を当選したと真逆のことを言ったり、独裁政権に寄生していた宗教家を義人であるかのように大袈裟に宣伝したり、お金をバラまいて見せるための行事を行ってアフリカ摂理が飛躍しているかのような嘘を語ったりしてはならないのである。(記事下に各記事へのリンクあり)

日本食口が、お父様が願われたヨイド聖地のために、どれだけ多くの血と汗と涙を流して献金してきたのかを、チョ・ソンイル氏は良く知っているはずである。そのヨイドの土地を顯進様が奪ったと虚偽を宣伝することで、日本食口が顯進様に対して憎悪を持つようにさせるということ以外に、彼の行動の動機を考えることができるだろうか?

ちなみに日本の食口の方々の中で、ヨイド・パークワン訴訟はまだ続いているか、あるいは勝訴したというような、事実と全く逆のことを信じている方がいるようだが、実際には2014年7月10日に最高裁判決が下され、統一財団側が完全に敗訴している。さらに現在は統一財団が支払うべき賠償金を決定するための訴訟が継続しており、これから徐々に確定されていく賠償金の合計額は1兆ウォン(約1000億円)を下回ることはないだろうと言われている。(詳しい事情を知りたい方は、「誰でもわかる!?ヨイド・パークワン訴訟」をお読みください。)

チョ・ソンイル氏は、家庭連合が自ら起こした馬鹿げた訴訟によって、今後、何十年にもわたって日本食口が捧げる献金は、そのほとんどが摂理ではなく賠償金に費やされるしかないということを、日本食口たちに正直に報告しなければならないだろう。

彼はその賠償金を捻出するために、日本を巡回しながら多くの嘘を用いて、世界摂理がすこぶる順調であるかのように宣伝し、日本食口のやる気(献金する気)を起こさせようというのだろうか?

読者は統一家の分裂が発生した2008年~2012年をよく思い出して欲しい。当時、お父様の下で実権を持っていたのは誰だっただろうか?今は王冠を被り、銃を持って祝福式を行う亨進様が世界会長であり、國進様は統一財団理事長であると共に日本の責任者、そしてチョ・ソンイル氏が当時から世界宣教本部室長だった。当時、顯進様に関して私たちが聞いた情報は、亨進様、國進様、そして世界宣教本部が発信したものだった。読者はこれからも本当にそれを信じていくのだろうか?

▲2008年~2012年の世界会長、統一財団理事長、世界宣教本部室長(写真はサンクチュアリNEWS家庭聖殿拡大委員会火の粉を払え、より)

嘘に嘘を重ねながら真の家庭を引き裂き、祝福家庭を摂理とは無関係な方向性へと引っ張ってきた家庭連合指導部・・・。もう終わりの時は近づいてきている。

 


<まだ読んでいない方はこちら>
チョ・ソンイル氏の嘘を許すな!シリーズ
CBSと手を組んでいるというデタラメ!
『心情文化の主人』をお父様が激怒されたというデタラメ!
ネパールでは「国家復帰目前」どころか、家庭堂が共産党に!
 これがネパール家庭堂とネパール共産党の契約書だ!
 ネパール大手新聞社の記事
800万人の信徒を持つ?ジンバブエの宗教指導者ウンダンガ氏の人物像
アフリカ摂理が飛躍しているかのようなデタラメ!
⑥ ヨイドの土地を顯進様が奪ったというデタラメ!(本記事)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。