ONE TRUTH 有志の会
顕進様のみ言葉3
Knowing HJN

真の長子の心情:親孝行の道は、父母を高揚し動かした、その同じ夢の主人になることです。顕進様のみ言葉

顕進様のみ言葉
親孝行の道は、父母を高揚し動かした、その同じ夢の主人になることです。それによって一つの世代から次の世代への、絶対的な一貫性が可能となります。 親孝行とは、父母の言うことに絶対的に服従するということではありません。孝行息子は、父母の夢・基準・目的を守ろうと努力します。そこに自分を一致させなければなりません。それが長子の役割です。 個性真理体として、長子は父母と父母が命を捧げたすべての道を理解するようになります。親孝行とはそういうものです。
真の家庭の基準は、神様の摂理の主人となり、その目的を実現するために家庭を挙げて働くことです。したがって、長子はその目的を果たす義務と責任を負うのです。彼が成功すれば、それは彼の父母や家族にも大きな名誉と尊厳を与えます。
もし物事が軌道から外れた場合は、長子は喜んで十字架を負うでしょう。彼は父母や家族を守り、最後の最後まで間違いなく家族全員が勝利できるように努めます。それが真の愛というものであり、自己犠牲、忠誠心、そして人間としてのすべての高貴な性稟を生きるということです。 恨みを持たず、悪意も持たず、復讐心もありません。彼は全員がそれぞれの最大限の可能性を発揮し、地上での神様の目的を果たすことができるようにするため、真実を語ります。

関連する記事

■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 ONE TRUTH 有志の会