ONE TRUTH 有志の会
文顯進会長、彼は誰なのか1
Knowing HJN

【序論】文顯進会長、彼は誰なのか金慶孝FPA世界副会長

文顯進会長、彼は誰なのか:金慶孝FPA世界副会長による証し
私は今日、食口の皆さんに、「文顯進会長、彼は誰なのか?」という題目でお話ししたいと思います。

一.この主題が何故重要なのか?

まず、この主題が何故重要なのかについて申し上げます。このことが重要なのは、天宙史的な混乱を経験している現在の摂理的状況があるからです。私たちが今、摂理的にどのような状況に処しているのか、簡単に、二つの点だけ申し上げます。

1.摂理が三つに分かれた?

第一に、摂理が三つに分かれたことです。正確に言うと、中心人物が三つに分かれたのです。神様の摂理は一つであって、二つ、三つにはなれません。神様が立てた中心人物もまた、一人であって、二人、三人にはなれません。したがって誰が中心人物なのかを知ることは非常に重要な問題です。そこで、中心人物がどのように分かれたのか、簡潔に申し上げます。

1) 独生女の道を進まれる真のお母様

まず、お父様の聖和以後、真のお母様は独生女の道を進んでおられます。お父様が既に8大教材教本を経典として制定されたにも関わらず、新しい経典を発表されました。天一国憲法を作り、法統に進み得る道を開かれました。更には、お母様は原罪なくお生まれになり、お父様は原罪を持って生まれたという主張まで聞かれるようになり、多くの食口たちが葛藤しています。

2) 第2代王の道を進む亨進氏

亨進氏はお父様の聖和3周年の時にサンクチュアリ教会で、自ら第2代王に就任しました。彼はお母様の協助によって後継者の座に就いた方ですが、お父様の聖和以後、お母様と決別した後に、真のお母様を堕落したエバとして非難してきました。今年9月23日には姜賢實氏を新しい真の母として立て、お父様と結婚式をさせるという波紋を起こし、全統一家に大きな衝撃を与えました。

3) 長子の道を進む顯進様

顯進様は長い沈黙を破り、2017年の真の神の日に、お父様の権威を継承した長子であることを闡明され、全ての食口たちは長子と一つにならなければならないと宣言されました。本来、顯進様は1998年に三大王権を引き継ぐ長子として任命された方でした。それから約10年間、顯進様はお父様の後継者として活躍してこられましたが、2009年頃から、あらゆる非難と排斥を統一家から受け、7年以上苦難の道を歩んで来られました。

4) 5%の責任分担で一つの道を選択すべき

このように真の家庭の中で三つの道が生じるということは、想像できないことです。しかしこれは厳然たる現実であり、三つの中の一つだけが真実です。神様の摂理はその真実なる一人の中心人物を立てて発展し続けていくことでしょう。 したがって私たちは、その中心人物が誰なのかについて、各自の5%の責任分担で真剣に調べなければなりません。「知らなかった」ということが弁明になり得ません。顯進様は今年5月にニューヨークの集会で、「全ての真実が皆さんの身近にあったが、皆さんはそれを探そうとしなかった」と語られながら、誰も非難する必要はなく、「真実を探し求めよ」と語られました。

2.真の父母が定着できない絶体絶命の危機に瀕している?

現在の摂理的状況を劇的に言い表す第二の内容は、真の父母が定着できない絶体絶命の危機に処しているということです。顯進様は現在、真のお母様が誤った道を進んでおられると見ておられます。そして、もしお母様が真の母の責任を果たすことができないまま霊界に逝かれるなら、真の父母の座はお父様の代で定着できず、その使命が次の世代に移るようになると見ておられます。顯進様がいつになく深刻なのは正にこのことのためです。 顯進様は去る8月の集会で、ご自身の最大の願いはお母様が勝利され真の父母様として定着されることであることを明らかにされ、最後までお母様を守ってさし上げると語られました。顯進様のみ言葉が正しいのならば、現在の状況は神様の摂理歴史においても、真の父母様の生涯においても、非常に重大な局面を迎えていることになります。またこの状況は祝福家庭の未来の運命とも直結しています。真の父母様が定着できない場合、私たちもその責任を逃れ自由であることができないからです。 このように今私たちは、摂理的に中心が三つに分かれ、真の父母が定着できない可能性もある大きな危機の時代を生きているが故に、食口達にとって一番重要なことは、日曜日の度に礼拝に熱心に参加することではありません。自分の永遠なる生命をかけて誰が摂理の中心人物であるかを探し求め、その方と一つにならなければなりません。

二.摂理の中心人物をどのようにして知ることができるか?

それでは、摂理の中心人物をどのようにして知ることができるでしょうか。

1.その行う業を通して分かる

第一に、その行う業を通して分かります。顯進様は聖書の内容を引用しながら、「彼が何者なのか知ろうとするなら、彼の行う業を見よ」と語られました。益々多くの食口たちが顯進様の行う業とその業が作り出した結果を見て、顯進様がどういうお方なのか、気づき始めています。 最近、公開書信を発表した金炳和元北米大陸会長は、今年の真の神の日の記念式典とフィリピンGPC行事に参加した後、顯進様が誰であるかをもう一度明確に悟ったことを明かしました。 一方、真のお母様や亨進氏の場合も、この方々がこれまでして来た業とその結果を正確に知るならば、どのような方かを知ることができます。

2.彼の言葉を通して分かる

第二に、その人が語った言葉を通して分かります。私たちがイエス様を理解し、真のお父様を理解する最も容易な方法は、その方々の語られた言葉を研究することです。同じように、誰がお父様の権威を継承した摂理の中心人物なのかを知るには、その方々が語った言葉を研究すればよいのです。 顯進様が誰なのか知るには、まず第一に、その方が18歳から今まで約30年間、公式席上で語ってこられた内容を分析すれば、その方に直接会ったり一緒に生活してみなくても知ることができます。 顯進様は2011年4月頃に突然私に、18歳から約20年間にわたる代表的な顯進様のみ言葉を整理して本として出版せよとの指示を下さいました。それ以後、出版記念日まで40日を経て「神様の夢の実現」という本が出されました。この本が誕生したことには歴史的な意味があります。この本を読めば、顯進様が神様のみ旨と摂理、真の父母様と真の家庭のレガシー、祝福家庭の役割と責任、指導者訓練と二世教育など、実に多様な分野において、どれほど一貫したみ言葉を語ってこられたかが分かることでしょう。

神様の夢の実現:顕進様(クリックで拡大)

顯進様は過去数年間、教会から言葉で言い尽くせないほどの誤解と迫害を受けてきた過程においても、食口たちに向けて一貫したみ言葉を語り続けてこられました。このような顯進様のみ言葉を研究すれば、10代の時のみ言葉も、20代の時のみ言葉も、30代の時のみ言葉も、40代の時のみ言葉も、全てのみ言葉が少しも乱れることなく、あまりにも一貫しており、お父様が明らかにされた神様の摂理と原理のみ言葉の精髄を貫かれているということが分かります。 真のお母様や亨進氏の場合も、お二方の語って来られた内容を研究すれば、神様の摂理と原理に対するお二方の観点が何なのか、果たして時流に影響されず、絶対的な真理だけを語って来られたのかが分かります。

3.彼の生き方を通して分かる

第三に、彼の生き方を通して分かります。私たちはお父様がなさった業とみ言葉だけではなくお父様が生きてこられた人生を直接・間接的に経験することで、その方がどういうお方かということが分かります。 今日私はこの三番目に該当する顯進様の生き方を通して、顯進様が何者であるかを見て行こうと思います。顯進様の生涯を最もよく知る方がいるとすれば、恐らく、顯進様と30年の歳月を夫婦として共に生きてこられた全淑様であるはずです。また、顯進様のご家庭のご子女様方です。顯進様のご家庭の長子である信元様が2011年、米国陸軍士官学校卒業式で父親について「マン・オブ・プリンシプル(man of principle)」、即ち「真なる原理の人」と証しました。顯進様がいつも神様に侍り真理と正義と善を中心とした人生を生きてこられたということを息子が証したのです。こういった言葉は、唯単に父親を良く見せる為に作り出したものではなく、子女の目には父親の生き方がそのように映ったということです。 このような直系の家族の方々に比べれば私は顯進様が生きてこられた内容のごく一部にだけ接した者ですが、最善を尽して自分自身が経験し、感じた内容を持ってお話したいと思います。 過去9年にわたる統一家の混乱は、逆説的に、食口たちがよく知らなかった顯進様を再び良く知るようにしてくれる契機となりました。イエス様が何者なのか知らずにいたのが、十字架の死と霊的復活以後になってイエス様が何者かを悟ったのと同じ歴史の皮肉です。 顯進様はこの期間、一人だけの苦悩と決断で唯一神様だけを信じ頼って、多くの山を越えたと語られ、「皆さんが私の立場だったら、一日たりとも耐えられなかったはずだ」と語られました。

関連する記事

■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 ONE TRUTH 有志の会