※ 現在古いブラウザからアクセスされており、ページが正常に表示されない可能性があります。

ページを正常に表示するためには、お使いのブラウザをIE11以上にアップデートしてください。

顕進様の真実〜希望の未来へ
顕進様の証し2
Knowing HJN

難しく大変な過程の中でも楽しみを見い出して克服顕進様の証し(郭珍満氏)

郭珍満氏による顕進様の証し
私が顯進様の並はずれた点を最初に目撃するようになったのは、おそらく顯進様が中学1年生になったくらいの頃だったと思います。ある日、顯進様の部屋の中を見る機会がありました。机の前にスケジュールがあるのですが、どれだけぎっしり組まれているのか、15分、30分単位で計画が立てられていました。その時から顯進様は自分自身を主管しながら、確固たる目標を立てて努力しておられるということを知ることができました。
どの程度かというと、その時の顯進様は登校する前、5時くらいに起きていたことを覚えています。顯進様はイーストガーデンから7、8キロほど離れているYMCAのプールに毎日のように行って水泳をなさっていました。自転車に乗って行って、25メートルほどのプールを50回往復をし、再びイーストガーデンに戻って学校に行く準備をして登校されていました。中学1年生の年齢でそれを毎日するということは容易ではありません。顯進様は幼い時から徹底して目標を立て、自分自身を準備する方でありました。
顯進様は興進様ととても親しかったのですが、よく、興進様が一緒にゲームをして遊ぶために呼ばれました。その時、楽しまれていたダンジョンズ・アンド・ドラゴンズという仮想ゲームがあるのですが、一度始まると、3〜4時間かかり、長ければ、半日以上かかることもありました。顯進様はお兄さんが呼ばれれば一緒にゲームをすることはあっても、ご自分がしなければならないスケジュール内容があれば、お兄さんに了解を求めて再び戻り、必ずそのスケジュールを完了させるほど自己節制と目標達成意志が非常に強い方でした。このように努力されたので顯進様はいつも学校の成績が最優秀であられました。
それだけではなく、運動においても、米国東部ニューヨークのレベルの高い学校でするラクロスというスポーツがありますが、常にMVPをとり、アメリカの最も代表的な運動と言えるフットボールでもMVPをとり、主将を務めたりもしました。
顯進様がこのように努力したのは、何よりもお父様に喜びを返してさしあげるためでした。ところが顯進様が高校に入ってすぐくらいの時、興進様を失われ、顔がやつれ、非常にやせてしまわれるほど、大変困難な時期を過ごされました。あまりにも尊敬し親しかったお兄さんだったからです。その時、お父様が顯進様に乗馬を勧められました。高校時代でした。当時顯進様はベリータウンで趣味として時々馬に乗られただけであり、乗馬ということを全くしておられませんでした。
皆さん、乗馬は本当に難しく、一般的に馬に乗るのとはまったく違います。乗馬をしようとすれば、幼い頃から訓練を開始し、最低限10年、20年の過程を経てこそオリンピックに出場することができると思います。ですからオリンピック出場を目指し高校から乗馬を始めるということは、非常に遅い年齢ではないですか?
馬は牛よりも大きい動物です。さらに、乗馬用の馬は、一般の馬と全く異なり、超筋肉質で、瞬間的に大きな力を出すことができなければならず、勇気を持った馬でなければなりません。馬の力がどれだけ強いのかというと、馬が走る時は、その走る力故に、馬に乗った人は、後ろに倒れるようにならざるを得ません。馬がジャンプするときは、全力を尽くすのに騎手がその力を主管するためには、高度の力と技術が必要です。自由意志を持った動物を主管して願う方向に行動するようにし、馬がしたがらず馬の本能に反する不自然な行動をさせるということは非常に難しい技術です。
このような点から、乗馬はとても難しいスポーツのなかの一つです。特にオリンピック競技の場合には、10フィート(3メートル)ほどの高さの障害物を越えて競技を遂行しなければいけません。馬が乗り越えようとして少しでも誤れば負傷を負いやすく騎手も同じです。オリンピックコースがどれほど難しく組まれているか、馬が突然曲がる角度もそうで、馬の歩幅がもつれる距離の間に障害物を置くのもそうなっています。ですから馬が騎手を完全に信頼して一つになって動くようにするとても難しい運動です。
顯進様は個性が皆違う馬を調練しながら十年、二十年の期間を数年に短縮して訓練しなければならなかったため、かなり困難なプロセスであったと私たちに話してくださったことがあります。ところが顯進様はこのように難しく大変な過程の中でも楽しみを見い出して克服したと言われながら、楽しみをみつけ、自分の動機をみつけて限界を突破する秘法についていつか教えてくださったことがありました。
2017.01.29(愛勝日) 郭珍満

関連する記事

■ 免責事項
当サイトは 個人の主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、当サイト管理者は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください^^
© 2017 顯進様の真実 〜神様の夢の実現〜