※ 現在古いブラウザからアクセスされており、ページが正常に表示されない可能性があります。

ページを正常に表示するためには、お使いのブラウザをIE11以上にアップデートしてください。

顕進様の真実〜希望の未来へ
天宙史的葛藤 第1章
Seeking Truth

第1章:原理に対する正しい理解

天宙史的葛藤

顯進様は祝福家庭に、以下の「四つの質問」を投げかけられました。

  1. 摂理の中心は誰なのか?
  2. メシヤの使命とは何か?
  3. 真の父母様と真の家庭の顕現は何を意味するのか?
  4. 祝福家庭の責任とは何か?

これらに答えていくことを通して、原理の骨子を理解することができます。

顕進様を支持されている方も、そうでない方も、一緒に考えてみましょう。

第一の質問:摂理の中心は誰なのか?No.1

摂理の中心とは、一体誰でしょうか?

この第一の質問は 我々の "信仰の根幹" に対する再確認であり、第二、第三、第四の質問へと繋がっていく非常に重要な内容です。

この答えを誤って認識してしまっていることが、統一家分裂の大きな要因であると言い切っても、過言ではありません。


摂理の中心は「神様」です。

復帰摂理歴史を見れば、アダム、ノア、アブラハム、イエス様、・・・と中心人物は次々に移り変わってきました。もしも摂理の中心がこれらの人物たちであるとするならば、彼らが霊界に行くと、摂理は中断してしまいます。

復帰摂理を導いて来られたのは、間違いなく神様です。そして復帰摂理は、神様の創造目的を成就するために、アダムとエバの堕落〜今日まで、絶え間なく続いてきました。

また、創造原理を見れば、授受作用の中心も神様であり、正分合作用の中心も、四位基台の中心も、三大祝福の中心も、やはり神様となっています。


それでは、神様の創造目的とは何でしょうか?

平和神経の第一章には、神様が人間を創造した究極的な目的は「真の愛を中心とした理想家庭の完成を通して喜びを感じること」と記されています。


では、理想家庭とは何でしょうか? 世の中に数え切れないほどある家庭の中で、どういった条件を満たす家庭が「理想家庭」と言えるのでしょうか?

それは、神様を中心とした四大心情圏と三大王権の実体化 です。

1.四大心情圏

理想家庭は四大心情圏の完成を通してなされます。四大心情圏とは、すなわち

  1. 子女の愛
  2. 兄弟姉妹の愛
  3. 夫婦の愛
  4. 父母の愛

四大心情圏 (クリックで拡大)

これら性質の異なる四つの愛を経験し、霊界へは神様に似た愛の化身となって行くことが、神様が願われた創造理想です。

2.三大王権

神様は、理想家庭が永遠に存在し発展し続けることを望まれました。そのため、理想家庭は父母だけで終わってはいけません。永続性が出てくるためには、神様・父母・子女の三代が立たなければなりません。

神様の主権が地上に立ち 拡大されて行くためには、真の愛真の生命と その実りである真の血統が、この地上に現れる必要があります。

真のお父様(=文鮮明先生)は、「真の愛、真の生命、真の血統の中では、真の血統が一番貴い」と、たびたび強調しておられました。真の血統が定着すれば、すなわち三大王権が確立されることになります。

三大王権 (クリックで拡大)

3.理想家庭の姿とは?

四大心情圏と三大王権を完成した理想家庭の姿は、「神様と一つの家族を成し、永遠に喜びを感じて生きる家庭」となります。

理想家庭は神様を中心として球形を成しており、上中下、前中後、右中左の中心には、すべて神様がおられます。


上中下:神様を中心とした親子関係
前中後:神様を中心とした兄弟姉妹関係
右中左:神様を中心とした夫婦関係

神様を中心とした理想家庭 (クリックで拡大)

神様を中心として球形を成すということは、第一に 家族の全てのメンバーが、神様との(直接的な)父子の関係を確立することを意味しています。そして、第二に 家族の全てのメンバーが、神様に似た 真の愛の主人となりお互いのために生きることを意味しています。


神様を中心とする夫婦の関係、親子の関係は、指示と服従の関係ではありません。お互いに責任分担があり、良心に従って生きていきます。良心で神様の願いを探し求めながら、神様に侍る理想家庭を築いていきます。

人がそのような理想家庭を実現し、その真の愛に酔うことが、神様の夢であり創造目的です。

授受作用・正分合作用・四位基台・三大祝福 (クリックで拡大)

【まとめ】顯進様の第一の質問

Q.摂理の中心は誰なのか?

A.神様


神様の創造目的を念頭に、続いて「メシヤの使命」について見ていきます。

[×] close

第二の質問:メシヤの使命とは何か?No.2

メシヤは アダムとエバの堕落によって果たされなかった「神様の創造目的」を果たすため、地上に送られました。


『原理講論』のキリスト論には、次のように記されています。

完成した人間は、唯一無二の存在であり、全被造世界の主人であるがゆえに、彼なしには、天宙の存在価値も、完全になることはできないのである。したがって、人間は、天宙的な価値の存在である。イエスは、正に、このような価値をもっておられる方である。

しかし、イエスがもっておられる価値がいくら大きいといっても、既に列挙したように、創造理想を完成した男性がもっている価値以上のものをもつことはできない。このようにイエスは、あくまでも創造目的を完成した人間として来られた方であることを、我々は否定できないのである。 原理講論

アダムとエバは一体、何を果たさなければならなかったのでしょうか?

平和神経では、アダムを「男性格を代表したモデル」とし、エバを「女性格を代表したモデル」と表現しています。

もしもアダムとエバが四つの愛(=四大心情圏)を完成し、素晴らしい愛の文化を自らの家庭の中に築いていたならば……、自ずと子女たちは "為に生きる文化" を相続して 善なる子女として完成し、地上天国を成して行ったことでしょう。

このように、アダムとエバがどのような家庭を築くかが とても重要であり、アダムとエバは「モデル」でした。


ところが、この最初のモデルとなるべき家庭において、アダムとエバの堕落、カインがアベルを殺害 という大事件が起こりました。その結果として、悲惨な人類歴史が延々と継続するようになってしまったのです。

これを復帰するために来られた再臨主であるお父様は「男性格を代表したモデル」であり、再臨主の妻であるお母様は「女性格を代表したモデル」です。そして 神様の創造目的である理想家庭(=モデル平和理想家庭)を完成させていかなければなりません。

真の父・真の母が残すべき先例 (クリックで拡大)

そのモデル平和理想家庭の中には、神様を中心として四大心情圏と三大王権がすべて入っています。

このようなモデル平和理想家庭を実現することが、神様がメシヤに与えた使命です。


また、現在 サタン主管下に多くの人類がいます。この全人類を神様の血統へ接ぎ木し 救援するためにあるのが、「祝福」です。


それでは、"神様の血統へ接ぎ木される" という意味を、より具体的に見ていきます。

メシヤの直系子女である真の子女様が「アベルの子女」の位置に立ち、祝福家庭は「カインの子女」の位置で真の家庭に迎え入れられ、拡大された真の家庭の一員になることで、神様の息子娘となって行きます。

すなわち、真の父母様だけでは祝福を行うことはできず、真の父母様に真の子女様がいてこそ、祝福を行うことができる、ということになります。

「真の父母」という言葉は、「真の子女」の存在を前提とした言葉です。

祝福を通して、真の家庭に接ぎ木する (クリックで拡大)


メシアの使命は、そこで終わるのではありません。真の父母の位置まで進んで、絶対的真の家庭を探し立てなければなりません。この真の家庭を中心として、神様の創造理想を完成した地上天国と天上天国を創建することができるのです。この目的のために 堕落の末裔である60億人類は、その誰も例外なく、出来が良くても悪くても、黒人でも白人でも例外なくメシヤの真の家庭に接ぎ木されなければなりません。絶対的要件です。 文鮮明先生御言葉選集478-285
お母様の腹の中に入った子供たちが、真の父の子供の種が真っ赤だったとするならば、愛の関係を繰り返すことによって、色が染められていって、ピンクからだんだん深まっていくのです。ピンクからでもそうなったとすれば、真の父母の愛と真の子供の種と接ぎ木したという、つないだということになるのです。分かりますか? こっちは本物で、こっちは偽物で、(先生がしぐさされる)兄さんと弟と同じです。分かりましたか? そういうふうに一つとなった状況をもって、それはずーっとこれを回って、母の腹の中を通して、先生の体を通して、再びお母様の腹を通していくのです。 1993年12月20日 済州研修院

【まとめ】顯進様の第二の質問

Q.メシヤの使命とは何か?

A.
神様の理想家庭を実現すること。(これを拡大して)神主権の国と世界を築くこと。


このように、メシヤの使命が「神様の理想家庭を実現すること」だという原理的観点を、私たちは正しく持つ必要があります。

[×] close

補足:メシヤの使命に関して、家庭連合が誤解している点No.3

現在の家庭連合では、キリスト教的なメシヤ観の影響を受け、キリスト教がイエス様を見つめたのと同じ観点で お父様を見つめようとする傾向があります。

以下にその実例を挙げていきます。

1.メシヤの神格化

原理的観点では「イエス様は人間」ですが、キリスト教的観点では「イエス様は神様」です。

イエス様は神ではなく人間 (クリックで拡大)

呉澤龍(オ・テギョン)教授は次のように語っています。

真のお母様は責任を完遂され、実体の神様の座に上がられた。真のお母様の完成の結果は正分合作用の完成を意味する。…(中略)…三位一体を成した真の父母様は第一に無所不在であられる。米国におられる真の父母様は、同時に中央修練院に来られて教育を主管されることができる。地上におられながら同時に霊界で役事されることができる。第二に、全知全能であられる。真の父母様は願えば何でも知ることがおできになる。 統一世界2010年6月号
呉澤龍 天福宮講義

しかし、お父様の近くに侍った他の先生方に聞けば、上記は全く事実と異なるということがすぐに分かります。

例えば、お父様は霊能者を立てる時にも複数人を立て、バランスよく聴かれ判断をされます。また、報告も複数人からお受けになられます。そういう姿を先輩家庭は見て来られています。


また、2006年2〜4月の汝矣島パークワンプロジェクト事件 No.11 を参照)に鑑みると、正しい情報が届かない状況では、いくらお父様と言えども誤った判断を下してしまうということが分かります。

これはお父様ご本人も認めていらっしゃることで、「疑って人の話を聞くことができないため騙されることがある」「間違った報告を受け誤解して人を叱ることがある」と、お父様は神山威先生へ仰られています。 真の父母様の「神格化」問題 を参照)


このように、お父様は全知全能ではなく、報告なしに地上と霊界の全てをご存じである訳ではありません。

そもそも、もしお父様が全知全能(=神様がお父様に一挙手一投足すべてを教えてくださる)というのならば、メシヤの使命は 神様の指示に服従して行くだけで完遂してしまいます。

神様の願いが何であり どのように果たすのかを、ご自身の責任分担によって身悶えしながら探し出し、孝行の道を歩んで来られたところに、メシヤ(=神様の息子)としての お父様の偉大さがあります。

2.メシヤの来られた目的

メシヤの来られた目的について。

原理的観点では「イエス様は死ぬためではなく 創造目的を果たすために来られた」となっていますが、キリスト教的観点では「イエス様は死ぬために来られた」と説いています。

イエス様の使命と十字架の死 (クリックで拡大)

亨進様は次のように語られました。

皆さん、私たちの教会において、こういう言葉を聞いたはずです。神様の創造目的は世界平和、理想世界を建設するためのものである。あるいは神様の創造目的は理想家庭を立てられる為にされるのである。それは原理的な言葉ではありません。神様の創造目的は神様の愛の対象として完成されたアダムとエバ即ち真の父母様です。 2011年1月9日
亨進様 天福宮説教

この亨進様の言葉は顯進様による教育を否定されたものですが、原理的に正しくありません。上述の通り 神様の創造目的は、「真の父母」だけでなく「真の家庭」を完成させることであるためです。

やがて家庭連合では、真の子女様を除外して「三位一体」という言葉が強調されるようになりました。

3.メシヤの死について

イエス様の十字架の死と復活の意味について。

原理的観点では、「イエス様の十字架は霊的救いを成しただけ(=後に再臨主が、霊肉の救いを完遂し 真の家庭を探し立てて神様の創造目的を実現しなければならない)」です。
しかしキリスト教的観点では、「イエス様の十字架の死と復活は、人類の罪を洗い清めてくれる勝利だ」と説いています。

イエス様の十字架の死と復活の意味 (クリックで拡大)


現在の家庭連合では、お父様の聖和をどのように捉えているでしょうか? 1周忌、2周忌、3周忌、ずっとお祝いをしました。

聖和式ではお父様の最後の祈祷が発表され、そこには「全て成し遂げました」と勝利を祝っています。しかし、この祈祷は改竄されたものでした。

編集委員である李ジェソク氏の夢にお父様が現れ、「なぜ御言を改竄して一部だけを載せようとするのか?全部載せろ」と怒鳴られ、天一国経典天聖経(赤表紙)には全文が載ったという経緯があります。


削除部分で重要な箇所は、「十四人の息子、娘たちを中心として」そして「387の国々さえ復帰すれば、すべてが終わることを宣布します」という部分です。

そこから読み取れることは、

  • 復帰摂理は血統(直系の子女様)を中心としていく。
  • 387の国々が復帰されていなければ、すべてを成し遂げてはいない。

を、お父様が明らかにされたということです。

■ お父様の「最後の祈祷」改竄後

きょう、最終的な完成、完結を成し遂げてお父様のみ前に お返しし、今までの一生をお父様にお捧げすることを知っておりますので、そのみ旨のままに、今は、精誠を捧げてすべての生を終了する時間を迎え、氏族的メシヤが国家を代表する名称となって、そのためのあらゆることを、すべて成し遂げました。すべて成し遂げました。アージュ。 2012年8月13日
■ お父様の「最後の祈祷」改竄前

きょう、最終的な完成、完結を成し遂げてお父様のみ前に お返しし、今までの一生をお父様にお捧げすることを知っておりますので、そのみ旨のままに、今は、精誠を捧げてすべての生を終了する時間を迎え、堕落のなかった本然のエデンの園に帰り、エバが過ちを犯し、アダムが引っ掛かった責任分担を、すべて超越できるようになりました。
あらゆることに対する解放、釈放の権限をもち、誰であっても父母様のあとに従いさえすれば、四次元においても、十四次元においても、地獄に行く者を天国に入籍させることができ、四次元の入籍と十四人の息子、娘たちを中心として、氏族的メシヤが国家を代表する名称となって 387の国々(アベル国連圏194ヵ国、カイン国連圏193ヵ国)さえ復帰すれば、すべてが終わることを宣布します。そのためのあらゆることを、すべて成し遂げました。すべて成し遂げました。アージュ。 2012年8月13日

メシヤの使命を考えれば分かることですが、真の家庭を完成させ、全人類を救うまではメシヤの使命は果たされていません。そのため お父様の聖和によってすべてを成し遂げたと言えず、お父様は志半ばで霊界に行かれてしまったのです……。

4.信仰の目的と我々の責任分担について

キリスト教的な観点では、「信じることによって救われる」と説いています。
一方の原理的観点では、「真の家庭に連結され、その先例に従って理想家庭を実現し地上天国を創建すること」が、信仰の目的です。そして地上で完成した愛をもって、霊界でも天国生活をすると教えています。

信仰の目的・責任分担 (クリックで拡大)


しかし、以下は 呉澤龍教授の言葉です。

真のお母様が神様と真のお父様と三位一体になった。したがって真のお母様の指示・命令・決定・み言葉は、神様と真のお父様の指示・命令・決定・み言葉である。それゆえ全ての統一教の祝福家庭は、真のお母様の指示・命令・決定・み言葉に絶対服従しなければならない。 2010年6月6日
呉澤龍 天福宮講義

いつの間にか お父様が教えて下さっていた信仰の目的から外れ、「真の父母様を神格化し、一言一句を信じ従うこと」が信仰になってしまっています。

すなわち、「真の父母様に従ってさえいれば 祝福家庭の責任分担が果たされる」という誤った信仰に、祝福家庭全体が陥ってしまったということです。


本来、絶対信仰・絶対愛・絶対服従 の対象は、神様と良心であり、特定の人物に対する服従ではありません。
(※ 神様におかれても、天宙創造の原理原則へは絶対服従。)

そして 責任分担とは、自らの良心に従い、真の愛を実践することで果たされていくものです。

誤ったメシヤ観 (クリックで拡大)

【まとめ】顯進様の第二の質問

※ 上章の内容に補足。

Q.メシヤの使命とは何か?

A.
神様の創造目的を完成すること。具体的には、モデル平和理想家庭を実現し、全人類をその真の家庭に接ぎ木して ”神様の下の一家族世界” を実現すること。

[×] close

第三の質問:真の父母様と真の家庭の顕現は何を意味するのか?No.4

上述の「三大王権を完成する」という観点から見た場合に、真の子女という位置はとても重要です。

三大王権 (クリックで拡大)

真の子女様は 真の父母様の愛の結実であり、愛と生命の実りが血統です。

真の子女様が立たなければ 三大王権が立たなくなり、神様の創造目的が果たされません。

平和神経の第一章には、「生命より貴く、愛よりも重要なものが血統」であり、「この血統と連結されれば人格完成、理想家庭完成、神の理想国家建設が可能」とあります。


それでは、「血統と連結される」という意味は何でしょうか?

男性は神と共に種を持っており、神の代身である故に主体である。女性は畑であり、生命の種がない。 文鮮明先生御言葉選集54-218
(要約)
血統で残るのは父子が残る。父子関係は血統が連結されている。アダムの息子が堕落しなかった血統さえ成されれば 女性はいくらでもいます。 文鮮明先生御言葉選集318-172
(要約)
もしアダムが、罪を犯したエバを相手にしないで完成したなら、完成した主体が、そのまま残っているがゆえに、その対象であるエバに対する復帰摂理は、ごく容易であったはずである。 原理講論 第二章二節(二)(2)

神様が定められた創造原理において、男性と女性の価値は平等ではありますが、役割に関しては明確に区別されています。

お父様は「男性は種であり主体、女性は畑」と語られました。ここから「三大王権を完成するためには、お父様の本然の種を受け継いだ "男性の子女様" が立たれる必要がある」ということが読み取れます。


また、天聖経1392ページ(*1)によれば「お父様が息子に祝福の権限を相続してあげる」と語られています。 No.7 を参照)

このように、真の家庭内において三大王権(=王権、父の権威、長子権という縦的軸)を立てることは、摂理上 非常に重要な意味を持っています。

*1:天聖経「祝福家庭 第4章 祝福家庭と入籍(3)四位基台入籍統一祝福」のみ言葉より引用。(発行年月日によっては、掲載ページが前後している可能性あり)

三大王権の3つの権威 (クリックで拡大)


父の血統と権威を代表する長子が立つことによって、万が一 お父様一代でみ旨を完成することができなくても、長子を中心人物として立てて 摂理を継続することができます。

相続を誰でも受けられるわけではありません。長子権です、長子権。そうですか?(はい)今、私たちの解放⋅釈放を知らずにいますが、長子権は一つです。全部皆天の国の王子王女になろうとするでしょうが、息子娘になって多くの神様の息子娘のなかで、より良い…。より貴い相続者が必要であるため、神様の息子娘に生まれた王子王女がいますが、その中でも一番である息子娘、直系の血筋を受け継いだそのような息子娘が王権のその国を相続するのです。分かりましたか。 2007年8月14日
文鮮明先生御言葉選集572-70

サタン主管下にある堕落人間に対して、どのように神様が所有権を主張できるのでしょうか?

それは、真の子女様をアベルの子女に立ててくださり、祝福家庭をカインの子女の立場に立ててくださることで、私たち祝福家庭がアベルの子女を愛し支え、真の愛で一つになった時。
それを条件として、神様はサタンの前に 所有権を主張することができます。

真の家庭へ接ぎ木される復帰の道 (クリックで拡大)

言い換えるならば、アベルの子女の立場である真の子女様との関係が途絶えてしまったならば、サタンの讒訴を免れなくなってしまいます。


養子である者たちが主の真の子女になるためには、イエス様の真の子女に接ぎ木されなければいけません。彼らは主の子女たちを愛すことによって、彼らを通して救われることができるのです。 1971年12月26日
文鮮明先生御言葉選集52巻

そのため、真の血統に連結されるという具体的な意味は、父の血統と権威を代表する長子とその家庭に 私達が連結されることで、その実体に似る努力を継続しながら、完成の基準に到達していくということになります。

【まとめ】顯進様の第三の質問

Q.真の父母様と真の家庭の顕現は何を意味するのか?

A.
神様の本然の理想を実体的に実現できる時を迎えたことを意味している。

具体的には、

  1. 神様の子女に復帰される救いの道が開かれた。
  2. 神様の主権が地上に実体的に立てられた。

私たち祝福家庭が皇族圏として真の家庭に連結されていくことで、全人類に対する救いの道が開かれていきます!

[×] close

第四の質問:祝福家庭の責任とは何か?No.5

顯進様の最後の質問は、祝福家庭である我々の責任に対する問いかけです。

1.真の子女様と一つになり、アベル圏を形成すること

皆さんは、天使長の息子、娘として生まれたので、息子となることができる位置に入るには、養子の立場から直系の息子を長子として侍り、直系の息子を兄として侍らなければなりません。そうすることによって、養子の立場から直系の子女の立場に移るのです。 文鮮明先生御言葉選集120-332
今や、皆さんは腹中から生まれたカイン的存在として、お母様を愛すると同時に、子供たちを愛する立場に立たなければなりません。そうして彼らと一致化することを通して、双胎と同じ立場に同参したという心情的条件を立て、彼らを中心として侍る立場に立たなければなりません。そうしてこそ腹中で二つの種が反発するのを防止できるのです。言い換えれば、反発した堕落の起源を防止できるのであり、ここから復帰がなされるのです。 祝福家庭と理想天国Ⅰ p.722

草創期からの先輩たちは繰り返しこの教育を受けて来られたので、納得されるお話ではないでしょうか? 「たとえ赤ん坊でも、真の子女様が自分達の兄姉であるので、侍らなければならない」と学んで来られました。

イエス様は第二次アダム、お父様は第三次アダム、真の子女様は第四次アダムであり、真の子女様と一つになり「第四次アダム圏」を形成することが、私たち祝福家庭の原理的な立ち位置です。

このように、カインの子女である祝福家庭が、アベルの子女である真の子女様と一つになり「アベル圏を形成すること」が、優先的な責任分担です。

真の子女さまと一体化しアベル圏を形成 (クリックで拡大)

そして定着時代においては、アベル圏を形成した後に外の世界に出ていき、カイン圏を救う責任があります。

2.各自の家庭で 真の家庭の理想を実体化する先例を立てる

三大祝福(=個性完成・家庭完成・万物主管)を、自らの家庭において実現していかなければなりません。他の誰かがやってくれることを期待するのではなく、各自の家庭において実現していく責任があります。

しかし ここにおいても、真の家庭の実体・モデルに似ていくことで、私たちの家庭も理想家庭を実現することができます。

3.全人類を神様の下の人類一家族世界へ導く

真の家庭において築かれたモデル・心情文化を、地域・国家・世界へと拡大することで、人類一家族世界を実現していきます。

神主権の国家・平和理想世界王国を築く (クリックで拡大)

【まとめ】顯進様の第四の質問

Q.祝福家庭の責任とは何か?

A.
拡大された真の家庭の一員としてアベル圏を形成し、カイン圏を神様の下の人類一家族世界へ導くこと。

具体的には、

  1. 真の子女様と一つになってアベル圏を形成し、
  2. 各自の家庭で真の家庭の理想を実体化する先例を立て、
  3. 全ての人類を「神様の下の人類一家族世界」へ導くこと。

[×] close

顯進様が祝福家庭に投げかけられた四つの質問と答えを、お父様の教えを基に解説しました。

これらの原理観を念頭に置きつつ、第2章では「基元節へと摂理を進められたお父様・顕進様の歩み(現代復帰摂理)」を振り返ってみます。

関連する記事







■ 免責事項
当サイトは 個人の主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、当サイト管理者は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください^^
© 2017 顯進様の真実 〜神様の夢の実現〜