顕進様を支持する有志の会
事必帰正
郭錠煥(カクチョンファン)先生

第7章 序文

文顯進会長は、私が歩んできた人生において、公私共に、お父様の次に重要な方です。現在、私の子供たちは皆、文顯進会長のもとで公的な人生を送っています。 過去10年間、家庭連合内部で起こった混乱の中心には、いつも文顯進会長の姿がありました。もしかすると、私との特別な縁によって、さらに大きな苦難を経験しなければならなかったのかもしれません。 この章では、文顯進会長に対する私の立場がどのようなものなのか、詳細を明かしていきます。これが、「過去の世代と未来の世代をつなげる」意味ある記録になることを願います。 文顯進会長の呼称については、信仰的関係の中で長い間使用してきた「顯進様」という呼称を併用したいと思います。はるかに年下であるにもかかわらず、どうして「様」という字をつけるのか、不思議に思う方もいらっしゃることでしょう。しかしこれは、お父様を人類の救世主として信じ、真の父母として侍りつつ、その方の家庭を真の家庭として侍ってきた、私の信仰的伝統に立脚した表現であることをご理解いただければ幸いです。
■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 顕進様を支持する有志の会