顕進様を支持する有志の会
事必帰正
郭錠煥(カクチョンファン)先生

GPF(Global Peace Festival)に対する活動妨害

このような大混乱の中で、神様の摂理を発展させ、前進させる実際の統一家の主流は、お母様と亨進様が率いる、いわゆる「統一教」ではなく、顯進様の業績と活動でした。 前述したように、2009年11月、顯進様は、これ以上家庭連合内で神様のみ旨とお父様のレガシー(業績)を守っていくことは難しいと見ました。そのため、GPF財団を設立して独自の活動を始めるのです。すると、統一教指導部は、待っていたとばかり、顯進様のGPF活動を阻止し、妨害し始めました。顯進様を単に誹謗するレベルを越え、GPF活動を妨害し、前途を閉ざそうとしました。そこには明らかな理由があったのでしょう。 2008年、顯進様がわずか6ヵ月の間に世界的なGPF旋風を呼び起こしたという事実を、お父様が大きい期待を持っておられるという事実を、彼らも知っていました。そんな顯進様が、再度全世界を相手に成功的なGPF基盤を起こすようになれば、お父様の心が再び顯進様の方に傾くだろうということでした。 彼らは正にそれが恐ろしかったのです。 そして彼らは速断しました。お父様の基盤と統一教の協力なしには、顯進様は何もできないだろうと。自分たちがその気になれば、いくらでもGPFを崩壊させられるだろうと。 結果的に、彼らの行動は顯進様の将来を阻むことができませんでした。単に今日の統一家の恥ずかしい側面をさらけ出しただけだったのです。迫害される顯進様の周囲には、正義を尊ぶ良心的な世界の指導者たちがさらに多く集まり、協力するという結果を生んだだけでした。
■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 顕進様を支持する有志の会