顕進様を支持する有志の会
事必帰正
郭錠煥(カクチョンファン)先生

顯進様の家庭の西部移住

奉献式の日が近づいていた頃、父母様がアラスカを経て、イーストガーデンに来られる計画だという消息が入ってきました。顯進様は金起勲会長に連絡して、「イーストガーデンに訪ねて来られるのを今回だけは断念してくださるように」と懇切に依頼しました。幼い子女たちが見る前でどんな状況が起こるか不安だったのでしょう。それにも関わらず再三、父母様の専用機がアラスカを出発して9月17日にニューヨークに向かうという消息が伝わりました。定男様の奉献式の日でした。 9月17日夕方7時、信元様は顯進様のお宅のリビングで、つつましく奉献式を行いました。大げさな垂れ幕もなく、装飾品と言えば、プリンターで出力し、セロテープでつなぎ合わせて作った紙のバナーが全てでした。祝ってくれる客人もいませんでした。真の父母様の歴史的な直系4代のお孫様の奉献式がこのように行われるとは、夢にも考えられないことでした。 奉献式を終えた顯進様ご夫妻と信元様は、深刻な内容の家族会議を持ちました。その場で顯進様は自らの意思を表明し、息子の意見を求めました。そして信元様が勇断を下しました。この状況では、父の家庭と幼い弟妹たちを守ることが何よりも重要なことでした。反対する人々から誤解され非難されようとも、父を助けて真の家庭を保護することが長男の役割であることを信元様はよく分かっていました。 家族会議は長くは続けられず、そうした時間の余裕もありませんでした。それから何時間か後に深夜0時を目前にして、顯進様の家庭は数十年馴染んできたイーストガーデンを発って、大陸を横断する移住の旅に発ちました。準備したものと言えば、しばらくの間だけ過ごすことができる衣服と生活道具が全てでした。モンタナにしばらく留まった顯進様の家庭は、比較的近い都市のシアトルに定着することを決定し、家を借りて引っ越しを完了しました。
■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 顕進様を支持する有志の会