顕進様を支持する有志の会
事必帰正
郭錠煥(カクチョンファン)先生

出版日まで偽り

2012年4月頃、お父様がまだご健在の時でした。金孝律氏を同伴し、突然、成和社を訪問されたお母様が、衝撃的なことを語られました。「お父様の指示」と言われながら、2012年度に出版された594巻から615巻までの御言選集22巻を全て回収し、「センシティブな部分を削除した後、再出版しなさい」と指示されたのです。 初期の頃から長い間、御言編纂委員会の委員たちは、お父様の公式的なみ言葉を原文そのまま収録して出刊するという編纂の原則を守ってきました。既に販売した御言選集を回収して、都合の悪い内容を選んで削除し、もう一度出版しなさいというのですから、到底理解しがたい指示でした。しかし、お母様から直接命じられた上、横に立っていた金孝律氏も「お父様の指示」であると口添えしたものですから、担当者たちも従う他なかったといいます。 事案がとてもセンシティブだったため、作業は秘密裏に進められました。 該当する御言選集を購入した食口たち一人ひとりに連絡して御言選集を回収しましたが、この時、具体的な理由は語られませんでした。この内容が知られるようになったのは、良心の呵責を感じた成和社の職員からの告白によるものです。 事実を知った幾人かの義を重んじる食口たちと、み言葉の専門家たちは「み言葉を守らなければならない」として意を共にして、行動に出ました。結局、私は、天の助けにより、義を重んじる食口が保管していた御言選集を手に入れることに成功しました。 それ以後、成和社ではお母様の指針に従い、み言葉の一部を削除し、原本を回収した食口たちに、新たに出版された御言選集を配布しました。 これに対して、志のある食口たちが原本と修正版とを一つひとつ対照しながら、削除された内容を探し出しました。数ヵ月にわたる作業でした。その結果、本一冊程の分量が削除されていたことを知ったのです。削除された箇所の中には、お母様に対する良くない表現と共に、顯進様と私に対する肯定的な内容が多く含まれていました。彼らはこの恥ずべき事実を隠すために、新たに記載しなければならない出版日まで、過去の日付として偽って印刷したのです。 食口たちの暴露でその全貌が世間に明かされました。 何の理由で、隠密にお父様の御言選集の内容の一部を削除し、秘密裏に複製本をまた出版したのでしょうか。その理由について、お母様や家庭連合の弁明や釈明を、私はこれまで、ただの一度も聞いたことがありません。 お父様の権威を無視したという次元ではなく、神様のみ言葉の権威を毀損した行為です。 メシヤとして来られたお父様のみ言葉がもつ価値は、単に一人の人間の私的な考えや人生談という次元のものではありません。お父様がメシヤ、真の父母として生きて来られた摂理的な生涯を、歴史の前にありのまま、透明に残した記録なのです。その中にはお父様が明らかにされた神様の心情と事情、神様のみ旨と理想、摂理歴史に関する真理の内容と社会状況とが込められています。これを理解し解釈する部分に関しては、時代的状況と個人的責任によって変わり得ますが、お父様のみ言葉の原典に手を出してはいけないということだけは明らかな鉄則でした。 お母様はどうしてお父様の原典に手を出されたのでしょうか。お母様が過去6年間してきたことを厳格に振り返ってみるなら、その理由はもっと明確になるでしょう。「これは始まりに過ぎない。今後、さらなる出来事が起こるだろう」と語っていた顯進様の警告は、お父様の聖和以前から既に、こうした現実を言い当てていたのです。
■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 顕進様を支持する有志の会