顕進様を支持する有志の会
事必帰正
郭錠煥(カクチョンファン)先生

容易いとき信仰を持つことは簡単だ

見守る私としてはただただ、残念でなりませんでした。 ご父母様を守って差し上げ、お父様の夢を成して差し上げようとする孝子のなかの孝子を、母まで介入して父と息子の間を引き裂き、兄弟間の葛藤を触発されるとはどういうことなのか。 結局、大規模な訴訟まで主導して、息子を監獄に送ろうとされるとはどういうことなのか。 顯進様は絶対に屈しません。ご父母様を守るために我慢して沈黙しましたが、神様のみ旨を受けて進めることにおいては、決然たる態度を取られます。 いつも真理と義と善の側に立とうとしました。 いくら状況が厳しくても、神様のみ旨の側に立ち、原則と正道を守ってこられました。 「一体どこからあのような意志と決断が出てくるのだろうか」 「過去約10年に及ぶ天宙史的な混乱のなかで、一度くらいは揺れたり、悩み煩うことがなかったのだろうか」 「自暴自棄になり、全てを辞めてしまおうと思ったことはなかっただろうか」 そのような質問に対する答えを、顯進様と私の長男・珍滿が交わした会話を通して見いだすことができると思います。 葛藤が熾烈を極めていた時、珍滿は顯進様のそばを守ることは迷惑をかけるだけだという手紙を書いて、去ろうとしていました。親に従い、ただ神様のみ旨と真の家庭だけを見つめて、信仰の道を歩んできた彼も、自分が侍ってきた顯進様が一瞬にしてそのように罵倒され、自分の家族全体がサタンとして追いやられる状況は耐えがたかったからです。恐らく珍滿にとって人生最大の正念場であったと思います。 この時、顯進様は、去ろうとする珍滿をモンタナの山荘に呼んで、数日間一緒に過ごしながら、多くの会話を交わしたそうです。 珍滿が心の奥底にある話を打ち明けると、顯進様は語られたといいます。 「珍滿! 今こそあなたが誰なのか、神様に対するあなたの信仰がどれだけ真なるものであるのか、確認できるいい機会なのだ。容易い時に信仰を持つことは簡単だ。苦しい時の信仰が本物なんだよ。私たちはどんなことがあっても、摂理の中心である神様を忘れてはならない。今、サタンは自己憐憫と傲慢で全体を試練している。自己憐憫と傲慢こそ、サタンが入る2つの扉だ。この扉を堅く閉めて鍵をかけなければならない! そして、いつも神様の前に感謝と謙遜な姿勢で立たなければならない。私は一度も自分の境遇を悲観したり、この事態を恨んだことはない。状況が難しければ難しいほど、この自然の中で、より強く神様をつかんで、神様のみ旨に一致するのだ。私は周りの状況を主管することができない。しかし、その状況にどう対処していくかは、私が責任もって主管することができる。あなたがここで負けてしまったら、後であなたの家族にどんな顔をして会うつもりなのか。さあ、ここで力を出して、また戻って行こう」 顯進様に会って戻ってきた珍滿は、この内容を兄弟たちに言って聞かせ、私の息子を激励してくださったその貴いメッセージは、海を越えて私の耳にまで届きました。 私たちの家族によって、より大きい誤解と苦痛を経験していらっしゃるにもかかわらず、顯進様は全くそのようなそぶりを見せない方でした。逆に自分の元を離れようとする私の息子をそんなにも大切にし、最後まで責任を持たれる方でした。 「ああ! 顯進様がまさにこのような基準と姿勢で、今の困難を克服しながら歩んでおられるのだ。だから神様は顯進様を祝福せざるを得ず、前途を明るく開いてくださるしかないのだ」 こうして私は、深い感謝の涙を流さざるを得ませんでした。 私はたとえお父様のそばを離れている身であったとしても、変わらない心で、真のお父様であるあの方に、感謝の祈りを捧げながら過ごしています。 「お父様、あなたは『いつどのような状況が展開しても私は行く』と言われましたね。たとえ神様が変わったとしても、『私が神様を振り向かせてでも、この道を行く』と言われました。あなたの息子が今、その道を行っておられます。あなたのお心が慰められますように」 お父様の秘書室長だった金孝律氏が、公式の場で顯進様が「お父様を否定し、自分が真の父母になろうとしている」と非難していた時でした。 お父様でさえ、このような言葉をそのまま聞かれ、顯進様を誤解し、公開の場で非難されていた時でした。 それにより、多くの人々が混乱していた時でした。 しかし、顯進様に従ってきた指導者と祝福家庭は、このような顯進様の揺るぎない姿勢と正しい指導によって、非常に大きな力を得たのです。
■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 顕進様を支持する有志の会