顕進様を支持する有志の会
事必帰正
郭錠煥(カクチョンファン)先生

私はすでに自分が行く道を決めました

10年前、モンタナの山荘で顯進様の40歳の誕生日を静かに記念した頃、若い指導者40人余りが山荘を訪ねたそうです。彼らは自ら顯進様のような道を行こうと決意した人たちであり、遠くにおられる顯進様の力になりたいと思い応援しに行ったのです。 顯進様は喜んで彼らを迎えました。 「おお、遠くから来たな。せっかくきたのだから、モンタナの自然をたくさん見て帰りなさい。行きたい人は、私と一緒にすぐそこの前方に見える山に散歩に行こう。前に見えるすぐそこの山とはいえ、かなり大変なはずだ。心の準備をしっかりしておきなさい」 一行は顯進様の案内で、かなり急な山道を登ることになりました。厳しい登山訓練で鍛えられた顯進様の速度について行こうというのですから、指導者たちもかなりハードだったことでしょう。モンタナは海抜1700メートルにもなる地域であるため、息をするのも容易ではないからです。 山の中腹に休める小さな山小屋が見えると、顯進様は言われました。 「大変だろう?登山はこの程度で終えよう。ここでしばらく休んでいこう」 皆が息を整え、遠い山の景色をながめていると、顯進様はこうおっしゃったそうです。 「私はすでに自分が行く道を決めた。皆さんも自分の行く道を決めなさい」 この短い一言に、その場の指導者たちは、変わりもせず、揺れてもいない顯進様の姿を確認することができました。 そして数ヵ月後、顯進様は数十年間過ごしたニューヨークを離れ、家族と一緒にシアトルに移って定住しました。 「ロサンゼルスのような大きな都市が多くあるのに、なぜシアトルに決められたのですか」 私は一度、尋ねてみました。 「シアトルは近くに山が多くあります。自然の近くにある都市です。モンタナとは560マイルほど離れていますが、車で10時間しかかかりませんから、いつでも行けます。大きなことをする指導者は、自宅やオフィスにいてはいけません。高い目標を成そうとすれば、精誠をより投入しなければなりません。モンタナはそのような準備をするのに最適な場所です。子供を教育するにもいいです」 顯進様は続けて語られました。 「これから東部中心の時代は過ぎます。お父様の平和メッセージを見てください。これからは環太平洋時代です。太平洋を眺めるここシアトルこそ、南北統一と南北米の摂理のための前進基地でしょう。韓国も、ニューヨークから行くより4時間近いですし、韓国の僑民やヒスパニック系がここ西部に多く住んでいます。それでかなり前から、こちらに移る計画を立てていたのです。どこに定着するかは私も分かりません。皆このように、天が導いてくださるのです」 私は顯進様が困難な状況をまぬがれるために、しばらくこちらに来ていらっしゃるのではないかと簡単に考えていましたが、この言葉を聞いて感心した余り、膝を打ちたい気分になりました。 「やはりお父様が立てた息子でいらっしゃるのだな。この混乱の渦中においても、目の前に迫った現実ではなく、今後進むべき方向と目標を定め、そこに自分自身を合わせるとは! 」 それ以来、珍滿と珍孝など私の子供たちも、ニューヨークの生活基盤を少しずつ整理し、荷物をまとめて、顯進様がおられる場所に移住しました。顯進様に従った二世たちと指導者たちは、そのように続々とシアトルに移住し、一般食口も次第に増えていきました。 顯進様は、ほとんどの所帯道具をニューヨークの近くの倉庫に保管して、すぐに必要な服や物だけを持って、借家に住み始めました。4年以上、GPF運動と南北統一運動の基盤を築いていかれる間、家を購入されませんでした。 家族全員が入って住むにはとても狭い、皆一緒に座って食事する空間さえ足りない所だったそうです。そこを訪れた指導者たちは、一様にきまり悪い思いをしましたが、顯進様は気にされませんでした。むしろご自身に従って移住してきた祝福家庭が早く定着できるように、全淑様と一緒にいろいろと力を尽くして助けておられました。 「今シアトルの不動産はかなり安く、ニューヨークより税金も少ないです。可能ならば借りずに、長期の住宅ローンで家を買った方がいいです」 具体的なアドバイスもくださって、移住してきた食口も皆、各自の事情に合わせて家を購入したのですが、今では住宅価格が大きく上がり、顯進様のおかげで恵沢を受けたといいます。 4年ほど過ぎて、顯進様の家庭も借家から抜け出し、10人を越える大家族が一つの場所で住める家を購入されました。一昨年、私たち夫婦が顯進様のご自宅に招待された時、顯進様が言葉を濁されました。 「私の自宅には一番最初にご父母様を招待したかったのですが…」 赤くなった目頭から、悲しくも深い孝心を読み取ることができました。
■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 顕進様を支持する有志の会