顕進様を支持する有志の会
事必帰正
郭錠煥(カクチョンファン)先生

前提

1.

私たちは、文鮮明・韓鶴子総裁に対して、信仰的には「真の父母様」と呼びますが、統一運動の各機関を創設した立場から、対外的には「総裁」と呼称し、天道を教え信仰共同体を指導する立場では「先生」という呼称も使用します。

2.

本文で真の家庭の子女様に関しては、全体的に「顯進様」「國進様」「亨進様」と称し、職責に応じて、「文顯進会長」「文國進理事長」「文亨進会長」などと表現しました。

3.広い意味での「統一運動」と、狭い意味で特定組織を言及する時の混乱について

この本で、私は故・文鮮明総裁の霊感を受けた多くの個人や組織、事業を「統一運動」と言及し、時には「統一教会」とも表現しています。さらに広い意味での「統一運動」と、特定組織の間には差があることを理解することが重要です。また、文総裁は、新しい宗派を作ろうとする意図がないとはっきり主張しており、代わりに、人類が宗教を超越し、神様の息子娘として一つとなり、世界平和をなすことを願われました。 文総裁は、ご自分の教えを全世界のキリスト教界に伝播するために、1954年に「世界基督教統一神霊協会」を設立しました。そして1996年に「世界平和統一家庭連合(家庭連合)」を創設する時、文総裁は、霊的成長と発展のための中心は、宗教組織や聖職者ではなく、家族単位であることを明らかにされました。重要な点は、世界基督教統一神霊協会と世界平和統一家庭連合のどちらの組織も「統一教会」でないばかりか、これらが組織階層を構成したことはなく、どの組織階層の一部でもないということです。この組織は法的な組織階層構図がない、膨大な統一運動団体の中の2つに過ぎません。文総裁は「宗教時代の終焉」を宣言し、世界基督教統一神霊協会の使命終結を宣言した後、新たに別途の摂理機関として家庭連合を創設しましたが、人々はその後もなお、文総裁の霊感を受けて活動する組織と事業を指して、「統一教会」と呼びました。このため、組織と運動に対する名称においては、いまだ混乱が続いています。文総裁は、いわゆる「教会」時代が過ぎたと言われましたが、社会の大半においてもそうであり、統一運動内の組織文化においても、ダイナミックに変化している統一運動に対して、依然として固定観念が残っています。 また、残念ながら、現在の統一運動は、正統性と権威と統制権を主張するいくつかの勢力が、互いに似通っていたり、区別しがたい団体名を使用して分裂しており、この状況をさらに混乱させています。

4.霊的権威と法的権限の問題

文鮮明総裁は、カリスマ性を持って統一家を率いた霊的指導者でした。私を含めた多くの人たちは、彼をメシヤ的な人物として認め、その方が神様のみ旨に絶対的で献身的に一生を生きてこられた姿を見ながら、その方を尊敬しました。したがって、文総裁は、統一運動を構成する多くの個人や組織に対して、大変な道徳的かつ霊的な権威を持っておられました。文総裁の霊的指導を尊重する人たちが、その方の決定が神様のみ旨と一致したものと受け入れることは、珍しいことではありませんでした。しかし、文鮮明総裁が霊的権威と法的権限を区別され、ほぼ大部分の統一運動の内部組織を統制する法的位置を持たれなかったことを理解することは重要です。

5.原理と『原理講論』

この本を通して、私は原理の重要性について言及しました。用語の類似性により、混乱が生じる可能性があるため、私は文総裁がご自分の人生を通して見せてくださった包括的意味での「原理」と、狭い意味での『原理講論』という本の間に差があるということを、明確にしたいと思います。『原理講論』の本は、原理を社会(特にキリスト教信徒)に伝播しようとする文総裁の試みの一つであり、活字化された内容です。それは草創期の牧会活動の中心でした。しかし、『原理講論』は、特定の聴衆に向け、特定の脈絡をもって執筆されたものであり、原理全体を明らかにしたり、説明したものではありません。文総裁は生涯にわたって原理を教えられ、『原理講論』には記録されていない新しい内容が、後で出版された数百冊に及ぶ『文鮮明先生御言選集』や多くの著書など(例えば、『天聖経』など)に含まれています。『原理講論』を含むそれらの本はまた、「八大教材教本」の一部となっています。
■ 免責事項
当サイトは「有志の会」のメンバーの主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、「顯進様を支持する有志の会」は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください ^^)
© 2019 顕進様を支持する有志の会