※ 現在古いブラウザからアクセスされており、ページが正常に表示されない可能性があります。

ページを正常に表示するためには、お使いのブラウザをIE11以上にアップデートしてください。

顕進様の真実〜希望の未来へ
真実を求めて
(祝福家庭の皆様へ送るメッセージ)
櫻井正上氏ブログのまとめ

3.父母を求めて三千里? なぜ父母様に会いに行かないのか?

今や便利な時代になりました。どんなに離れていても、無料で通話ができますし、家族が海外にいようとも、いつでも顔をみて話すことができます。本来、「心の距離」とはネットよりも近く、光ファイバーよりも早く、人と人とをつなぐものであるに違いありません。しかし私たちの身の回りでは、時折、そのケーブルが切れ、顔と顔を見合わせていても、「接続エラー」となるケースが少なくないでしょう。 これまで家庭相談に応じながら、そうした親子間の課題に触れてきました。ただ、その時、よく気付かされたことは、反目し合っている親も子も、実は互いのことを大事に思っていて、また愛している、という事実でした。親子関係は何よりも強い絆で結ばれながらも、周囲のちょっとした働きかけによって「炎症」を起こすほど、脆く、繊細なものなのでしょう。 祝福家庭の親子関係は、一般のそれよりも、もっと複雑で繊細なのかも知れません。普通では考えられないような信仰問題や摂理的事情が絡み合っているからです。だからこそ、「第三者の助け」が極めて大切であって、慎重さや繊細さも求められるに違いありません。心無い言葉や働きかけが、両者の間を切り裂くこともできるからです。 私は「真の家庭」に一般家庭のケースを適用できるなどとは思いません。そこにはもっと深くて複雑な信仰問題と摂理的事情が絡み合っているからです。その課題はどこまでも、ご家庭の中でのみ、父母様と子女様の間でのみ解決し得るものであって、誰かがそれを「仲介する」ことなどできないしょう。しかし、少なくとも、真の家庭に対する「私たちの姿勢」については重視すべきだと思います。周囲の態度やサポートが大切であることは、真の家庭についても、同じく言えることだと思うからです。 「顯進様はなぜ父母様に会いに行かれないのか」。それは当初から言われていたことですが、私はそこに矛盾も感じていました。当時、私たちは顯進様に「帰って来てください」と言いながら、「石を投げ続けていた」からです。また、「顯進様は父母様に会いに来るべきだ」と言いながら、父母様の周囲では顯進様を讒訴し、事実と異なる報告もなされていました。それは本当に「帰ってきて頂きたい」と願う行動であり、父母様と顯進様とが本当に一つになることを願った行動だったのでしょうか? 2011年、顯進様が祝福家庭に宛てて出された書簡の一部です。
「彼らは私が戻ることを自分たちの体制に対する深刻な脅威と考えています。その結果、彼らはあらゆる手段を動員し、お父様との出会いに毒を注ごうとするでしょう」
「私は多くの皆さんが、早く私がお父様とお会いして、私たちの運動の歴史における恥ずべき時期に終止符を打つ日が来ることを祈っておられることを知っています。それは私も同様であり、私も再びお父様と抱擁して、昔のように胸を開いて話をすることのできる日を切望しているのです。しかし、それを可能にするためには、皆さんが拡大家庭の一員として、そのような出会いを可能にする道を開くよう、助けて下さらなければなりません。」
顯進様は本当に父母様に会いたくなかったのでしょうか? 顯進様が教会内でさんざん罵倒されながらも、外に向かって「One Family under God」を必死に叫ばれ続けていたのは誰のためだったのでしょうか? 誰に一番、喜んで頂きたかったのでしょうか? 今や訴訟問題も絡み、それこそ、お母様と顯進様の出会いは容易ではないでしょう。本当に一つにしたいなら「闘い」を中断することのほうが先決課題であるに違いありません。また、少なくとも、私たちの誤解や偏見、誤った姿勢が「障害」となり、両者の間に「距離」を作ってしまっているなら、そこから改めなければならないのではないでしょうか? 昨日は2020年の東京オリンピックからちょうど1000日前でした。「1000日後、あなたはどんな姿になりたいですか?」テレビ番組で行われていた呼びかけです。1000日後、皆さんが真の家庭に願う姿は、私たちの運動に願う姿は、どのようなものでしょうか?
2017-10-29 18:36:38
■ 免責事項
当サイトは 個人の主観をまとめたものであり、各種資料は自主的な調査により収集したものです。
当サイトのご利用によって生じたいかなる損害につきましても、当サイト管理者は一切の責任を負いません。
当サイト内の 動画、画像、テキスト、その他 につきまして、無断引用・無断転載は固くお断り致します。
しかし、顕進様を非難するのは間違っている!と思われた方は、どんどん引用・転載・シェア・拡散してください^^
© 2017 顯進様の真実 〜神様の夢の実現〜