世界宣教本部室長であるチョ・ソンイル(趙誠一)氏は、お母様から直接に派遣され、日本にやってきた。彼は「お母様に800日間、直接侍った」と語っているが、韓国で言う「ドアノブ権力」とは彼のことだと言っても過言ではないだろう。「ドアノブ権力」とは、例えば大統領の執務室に直接出入りできる者たちが握っている権力のことで、大統領の判断は否が応でもその人々によって左右される。家庭連合においてもお母様周辺の一部の人たちがお母様の目になり耳になり、口になってきた。正しくない人々である場合には大変なことになる。

▼趙誠一(チョ・ソンイル)世界宣教本部室長

(写真は『火の粉を払え』(米本和広氏)より)

さて、チョ・ソンイル氏は昨年12月19日に松濤本部で講義をして以降も、日本全国を巡回し特別講義をしている。彼は講義の中でアフリカにおける摂理の飛躍を声高に宣伝しているが、その内容は明らかな嘘が多い。私たちは前回、ジンバブエの800万信徒の指導者であるというウンダンガ氏の人物像を明らかにした。今回は現在のアフリカにおける家庭連合の活動は、お父様ご在世時に比較して決して飛躍しているわけではなく、かえって縮小するか、方向性を喪失しているということを明らかにしたいと思う。

私たちがまず知らなければならないのは、アフリカを転換させるために、お父様が最も重要視されていた国は、他でもないナイジェリアだということである。ナイジェリアは人口1億8000万人(2016年、世銀)の30州からなる大国であり、アフリカ大陸全体の25%がナイジェリア人である。宗教的にはキリスト教とイスラム教が南北に50%ずつ存在し、経済規模も大きい(GDPがアフリカで1位)。そのため、人口から見ても、宗教和合の観点から見ても、経済復興の観点から見ても、アフリカにおいて自他ともに認めるリーダー国家というのはナイジェリアなのである。またナイジェリアは3部族が分裂の危機を乗り越えて現在の統一を維持してきた歴史を持っており、そういった面からも神の摂理に呼応し得る国家である。以上のような理由からお父様はこの国に着目され投入して来られた。

しかし家庭連合の指導者たちは、このようなナイジェリアを神の摂理の為ではなく、統一家内部の権力争いのために、政治利用した側面がある。2011年7月20日、韓国では統一財団が自ら起こしたヨイド・パークワン訴訟の第一審判決で、統一財団が全面的に敗訴する見通しだったが、お父様が韓国にいらっしゃればテレビニュースを通して、そのことを知られてしまうと見た指導部は、その期間にお父様を国外にお連れする必要があった。ある責任者が「グッドラック・ジョナサン大統領がお父様をメシヤ・真の父母として受け入れています」と誇張して報告をし、お父様はその期間に韓国を出国され、ナイジェリアを訪問された(ナイジェリアは2011年7月15~18日、その後、コディアックへ)。ところが実際には大統領は平和大使としての水準でしかなかったため、お父様が大統領を表敬訪問しただけで、大統領は「天地人真の父母実体み言葉宣布天宙大会」には参加しなかったのである。出国の日、飛行機の時間を超えてでもナイジェリアに真理を伝えようと語り続けられたお父様は、「もう時間です」とみ言葉を終わらせようとした亨進様の顔を打って戒められた。このような指導者たちの神の摂理に対する態度、お父様に対する態度は、ナイジェリアにおいて神が予定された摂理を狂わせていったのである。

一方、顯進様の超宗教的平和運動の取り組みは2009年に統一運動から追い出されながらも、ナイジェリアで奇跡的な飛躍を成し遂げた。アフリカの発展を妨げているものは、実は経済問題ではなく、リーダーシップが腐敗しているということである。「神の下の人類一家族というビジョンの下、キリスト教とイスラム教の間の紛争を終わらせ、アフリカの発展をリードするためには、富ではなく真実の道徳的リーダーシップがまず回復されなければならない」という顯進様のスピーチは共感を呼び、ナイジェリアは国家的次元で、この超宗教的平和運動を歓迎しているのである。顯進様の講演文はナイジェリア政府を通じて公式的にアフリカ諸国へと伝達された。またナイジェリアでの大会では、それ以前にこの運動がケニア内戦の終息に寄与した実績が認められ、国連から顯進様のNGOに賞が贈られた。統一家の分裂が起こった2009年の後、ナイジェリアにおいて顯進様に従った責任者はたった一人だった。それにも関わらず、当時の副大統領夫人がビジョンに感動し、私財まで投じた協力により、ほとんどお金がなかったにも関わらず、ただ神の摂理に適ったビジョンと活動によってこのような飛躍を成し遂げたのである。

最近のナイジェリアでの活動はこちら

このようにナイジェリアにおいて、お父様が明らかにしてくださったビジョンを指導者たちに具体的に提示し、彼らを主人にし、お父様がなさりたかった摂理を推進して来られたのは、顯進様だったのである。

それに比較して家庭連合指導者たちは、アフリカ摂理のための明確なビジョンがないため、お母様と食口たちに見せるための大会を行うために、お金でVIPを動員できるような小国へと向かわざるを得ず、その結果、お父様が最重要国家として投入されたナイジェリアではなく、ジンバブエ、ザンビア、セネガル…と言った国々へと向かっていったのである。

2018年1月、セネガルの大統領がお母様をお迎えしてアフリカサミット2018が行われたということであるが、そもそも宗教人の95%がイスラム教を信じる(人口の80~90%がイスラム教徒だという)セネガルを何故選んだのであろうか。一夫多妻制のセネガルは、真の家庭理想を提唱するには全く相応しくない国であり、アフリカの主要国でもない。

平和大使協議会のHPによれば、このサミットにはセネガルのみならずアフリカ各国の元首、閣僚をはじめ、世界各国から約1000人の国会議員、平和大使、有識者らが参加する予定だったが、セネガル以外の国家元首は結果的に不参加だったようである。その上、セネガルのマッキー・サル大統領は大会前日まで参加の意志を明確にせず、直前になって家庭連合が大統領に賞を与え、10万ドル(約1000万円)の賞金まで出したことで参加が決定したという。(家庭連合内部情報筋)

家庭連合ではアフリカ大陸でコーヒービジネスを展開することでアフリカを救うと夢を膨らませているが、最も重要なのは顯進様が唱えておられるように道徳的リーダーシップによるアフリカの革新なのである。アフリカのような地域でお金を前面に立てて摂理を行おうとすれば、反対に大きな危険を引き寄せてしまうことを知らなければならない。そのことは過去のアフリカ宣教の歴史が物語っている。ビジョンに相対する人は無償で自らを捧げようとするが、お金を用いれば用いるほど、自己の利益を追求する人が集まってくるのである。このような傾向が経済的に後れを取っているアフリカにおいては他の地域よりも一層顕著である。ジンバブエのウンダンガ氏はそのよい例と言えるだろう。

その上、家庭連合に莫大な資産があるということがアフリカで有名になることは、摂理を担当する責任者や宣教師たちの命すらも危険にさらす可能性がある。なぜならアフリカでは警察官や軍人でさえ、お金を持っていると見れば、武器で脅して不正に金品を奪うことがあり、必ずしも正義や法に則って行動するとは限らないからである。

このように家庭連合のアフリカにおける活動はビジョンと方向性を失い、多くのお金をつぎ込んで見せるための大会を行う、摂理とは無関係なものに転落してしまった。

一日も早く、家庭連合が顯進様に対する誤解を解き、顯進様が築いてこられた基盤こそが、神の摂理のための基盤であることを、お母様に正確に報告しなければならないだろう。

 

<統計資料:外務省ホームページ、基礎データより>

ナイジェリアの人口は約1億8000万人。宗教はキリスト教とイスラム教が南北に50%ずつ。GDPは4,050億8268万米ドル(2016年:世銀)。一人当たりのGDPは2,450米ドル(2016年:世銀)。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nigeria/data.html#section1

セネガルの人口は約1500万人。宗教はイスラム教が95%。GDPは147.7億米ドル(2016年,世銀)、一人当たりのGDPは950米ドル(2016年,世銀)。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senegal/data.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。