ONE TRUTH有志の会は教理研究院に対して公開質問状の中で以下のように尋ねました。

5-1. 金振春博士が「お父様有原罪」を語っている事実をどう考えるのか。

5-2. UTSのマイケル・ミックラー教授が「お父様有原罪」を語っている事実をどう考えるのか。

 

孝情学術苑の創立記念集会で「お父様有原罪」を語った金振春博士は天法苑長です。また、ミックラー教授はUTS(統一神学校)で教鞭をふるう人物です。

そのような家庭連合内のみ言葉の権威であるはずの人物たちが、公の場で「お父様有原罪」を語っている事実に対して、教理研究院は以下のように回答しています。(教理研究院からの回答

 

ーーー引用開始ーーー

教理研究院は、日本家庭連合の所属であり、金振春博士とミックラー教授は全く別の所属です。直接確認されたらよいでしょう。

ーーー引用終了ーーー

 

このように教理研究院は「所属が違う」ことを理由に、本人に直接確認せよと、まったく回答しませんでした。

 

公開質問状では、上の二名が公に「お父様有原罪」を語っていることについて、教理研究院が原理的にどう考えるのか、教理研究院としての見解を尋ねたのです。本人たちに確認することではありません。なぜこんな基本的な質問に「彼らは間違っている」と即答できないのでしょうか。

 

そこで、教理研究院に再度質問しましょう。

 

  • 天法苑長であった金振春博士が孝情学術苑の創立記念という公式的な場で「お父様有原罪」について語った事実がありますが、教理研究院は原理的にどのように考えているのですか?

 

  • 天法苑というのは天一国五苑の一つであり、家庭連合の教会法である『天一国憲法』によれば、天法苑長は真の父母様(韓鶴子女史)から任命された立場ではないのですか?

 

  • 2017年4月24日、韓国の教区長を集めた会議で金振春博士自身が、彼の「お父様有原罪」の主張は、韓鶴子女史の指導によって行ったものだと告白しています。これは音声もありますが、この事実について教理研究院はどのように考えているのですか?(音声はこちら。

 

  • UTSのミックラー教授が家庭連合を代表する立場で学会に参加し、「お父様有原罪」を語った事実(音声あり)について、教理研究院としては、原理的にどのように考えているのですか?(音声はこちら

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。