この記事は韓国パイオニアカフェに9月16日に上がった記事の翻訳文であり、現地の事情に詳しい知人を通して事実であることが確認されたため、有志の会でも紹介する。(太字や色文字は編集者がつけたものです)

8300万レアル(約1600万ドル:約17.5億円)の罰金を納した

ブラジル家庭連合に、ブラジル政府が最後通牒

「罰金出さなければ、ブラジルの教会の土地と建物の分する」

1週間前、佐木孝一ブラジル協長は、ブラジルの食口集で衝的な容を表した。

法的に問題が生じ、ブラジル家庭連合がブラジル政府に支わなければならない罰金がなんと8300万レアルであり、これを納付しなければ、教会の土地と建物の方を分される危機に瀕しているというのだ。

木協会長は、この問題を解決するために、全食口に7日特別食精誠に加してほしいと訴えた。 7日食ができなければ、3日食でもしてほしいと言った。

8300万レアルは、米ドルで約1600万ドル(日本円約17.5億円)であり、約187億ウォンに達する莫大な金額だ。この罰金はブラジルと南米の指導者が、過去年間、各種の違法を犯してきた代として、ブラジル政府がブラジル家庭連合に課したものとみられ、申東謀(シンドンモ)大陸長の時からこれを出さずにいたものが積もり積もってこのように莫大な金額になったようだ。ブラジルの責任者は、罰金を納付せず、政府側との交をしようとしたが、これは失敗に終わったという。結局、ブラジル政府は出すお金がなければ、教会所有の土地と建物を分して罰金を回するという硬な立場をとっている。このように最況に直面すると、ブラジル協長が食口にこの容を公開して食精誠を捧げようと訴えたのだ。

一方、況がこのように化の一途をたどっているにもわらず、世界本部は、ブラジルが自で解決するように対処したようで、これにして、ブラジル食口の不が高まっている。偉大な指導者をすべて追い出し、腐敗した指導者が出世したことにする天の審判と呪いがいているというも聞かれる。

2008年7月頃、ブラジル家メシア、金フンテ氏、小山田秀夫氏をはじめ、ブラジルのジャルディン修練院の責任者であったヤンジュンス、金ユンサン、シンミョンギなどはGPF行事のためにパラグアイを訪問した文顯進長を訪ねた。彼らは、ブラジルで生した定法違反による罰金問題とブラジル家庭連合が採用した弁護士との土地の所有などを自の力で解決することができなくなり、最況に直面すると、文顯進長に助けを求めたのである。時文顯進長はのお父の緊急要請により、パラグアイのパンタナルの土地問題の解決とパラグアイで開催された初のGPF行事に念している時だった。

長は、彼らの要求を無視しなかった。彼らを非難もせず、のお父の許可を得てくるならば、喜んで助けると約束した。彼らがった後、文会長はこのような言葉をした。 「私があの方く言い、審判することができない。なぜなら、彼らはお父だけを見つめて生涯ついてきた指導者たちである。そしてお父の御心にい、南米の地までたのであり、お父の指示事項と期待なさったことを何としても成し遂げようと法まで破るようになったのだ。私はその方将来の食口育にのみ念し、これ以上法を破らないと約束すれば、法律チムを送って問題解決を助ける」

彼らはのお父に書信を送り、ひどい罪を犯したことを告白し、文顯進長が、ブラジルの緊急事態を拾することができるよう、裁可を求めた。それ以後、のお父の承認を得て、文長はブラジルの土地問題解決のために、法律門チムを投入した。

ところが、韓鶴子裁の積極的な庇護と支援を受けていた文國進、文亨進、二人の兄弟をはじめとする教会指導部は、文顯進長に「南米の土地をもうとする泥棒」というフレムをかぶせ、意のあるキャンペンを展開し、最終的に文長と彼の法律チムをブラジルから追い出した。彼らは教会が新たに任命した法律チムがブラジル問題を解決すると公言し、申東謀氏、梁昌植(ヤンチャンシク)氏などを責任者に立てた。

それから、もう10年以上の月が流れたが、ブラジル問題が解決されたという知らせは、全く聞こえてこなかった。そして、最近1600万ドルの罰金をわなければ、ブラジル教会の土地を、ブラジル政府に没収される境遇にあるという衝的な容が、ブラジル協長の口を通してえられた。

現場は罰金を出すお金がなく、教会が閉鎖される況に至りつつあるが、韓ではいまだお金が溢れているようだ。派手な建物を建てるのに千億ウォンを注ぎんでおり、連日開催される華やかなイベントにお金をつぎこんでいる。韓裁の最側近と呼ばれる指導者の一人が莫大な資金を持って使っているにもわらず、絶的な力を統制し監視する機能は、姿を消した。資金を管理する部署では、そのお金をどこにすべて使っているのか分からないというが聞こえてくる。あげくのはてに、長年韓裁の金庫番の役割をしていた重要な幹部の一人が限界を感して職したという知らせも聞こえてくる。

カテゴリー: 真実

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。