※今回も韓国パイオニアカフェに掲載された情報が、正確なものであると確認できましたので、こちらに掲載します。(小見出しや太字は編集者がつけました)

パラグアイ土地所有権訴訟は文顕進会長側の勝訴で完全に終結

パラグアイ現地の法律係に精通し係者によると、今回の控訴審判決で、十万ヘクタルのパラグアイの土地所有訴訟は、完全に終結され、全体の土地所有文顯進長側が持つようになったという土地所有60%は、元々長側にあったが、りの40%の土地所有めぐって訴訟が起きていた。3人の合議部の裁判官で構成された控訴審裁判所は、文長側の勝利を宣言した

この訴訟は、すでに2018年頃に1審で長側が勝訴したが、家庭連合側が1審の裁判官の判決を受け入れず控訴した。そして控訴裁判所は、約3年にわたる審理の末、1審判決に問題がないという結論を下したのである

パラグアイにも最高裁があるが係者の話によると、このケスは最高裁判所上訴が不可能だという。唯一の方法は憲法訴訟だが、これも、裁判官が下した決定が憲法に違反したのかを見るもので、ほぼ1%程度の可能性しかないため、土地所有訴訟はこれで終わということである

この結果が家庭連合側に及ぼす影響

ところが、この係者は、今回の訴訟終結に伴い、かなりの影響が家庭連合側に及ぶと予測した。

第一に、家庭連合が文顯進会長とその他の係者多を相手に刑事告したケスが長側に非常に有利に終結することが確されているこれにより、刑事告を起こした家庭連合係者は、相手がどのように出てくるかによって、かなりの法的負担を負う可能性があるという。

家庭連合が官僚や検察官を買収

この係者は、刑事告事件と連して、更にいくつかの驚くべき事えてきた。

パラグアイの土地所有連する1審の訴訟が進行中の時、家庭連合側が文会長側を相手に刑事告を起こした。パラグアイで最も有力な日刊紙であるABC新聞社が、パラグアイ政府の腐敗が赤裸に含まれている録音記録を暴露したのだが、こにはパラグアイの官僚と統一教会係者との不な取引容が含まれていた。

彼らは事件担当検事がこの件を却下させようとすると、政府官僚を買して担当検事を交代させ、新たに任命された検事訴訟任されるや否や、長と他の被告人を起訴したという事録音記録を通して明らかになったのだ。

この録音記録暴露事件により家庭連合側の弁護士、察、政府係者は、現在拘束されたり、裁判を受けている最中だというのだそして、この刑事告事件を引き受けた判事は、民事訴訟で最終判決が出るまで審理を中させていたが、今回の民事で控訴審判決が出たため、刑事告事件も近いうちに終結されると思われる。(※記事下にリンクあり)

長期にわたる訴訟費用を全額負担

家庭連合が抱えることになるもう一つの大きな負担は然の結果かもしれないが、長期にわたる民事訴訟により生じたすべての訴訟費用を勝訴した側に支払わなければならないということだ。この金額、勝訴した側で費用請求訴訟を提起すれば正確な規模があらわになるが、かなりの額に達すると見まれている。

最初から彼ら勝訴の可能性がない訴訟を無理に起こし、食口には常に勝つてきた。彼らはお金があればすべて解決されるものと信じていた。事がうまくいかないときは、買収、工作などな裏取引までためらわなかったことが明らかになった。

しかし、いくらそのようにしても、世界各地で起こした訴訟で、願ったものを得ることができただろうか。文顯進会長を倒し、彼の前途を塞ぐことができたであろうか。

《リンク:家庭連合が官僚や検察官を買収した事件の詳細は以下の記事から》

パラグアイのABC新聞社が暴露!家庭連合が官僚や検察官を買収!!

 

 

カテゴリー: 真実

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。