2021年6月17日、DC控訴裁判所「UCI訴訟で取り上げられた主な点の要

〜DC控訴裁判所は係争中の訴訟において憲法修正第1を支持する?〜

Howard C. Self、Right to Believe(RTB、信じる

はじめに

米国法の長い史において、「UCI訴訟(公式名は「Hyun Jin Moon, et al. v. Family Federation for World Peace and Unification International, et al.」- Case No. 20-CV-0715)は、米国憲法修正第1かつてないほどに最大かつ直接的に侮辱した事例です。コロンビア特別控訴裁判所で判決が係留中ですが、法部の生は今後しばらくの間そのような理由でこの訴訟研究することになるでしょう史上、米国裁判所が、特定の教団本訴訟では、宗UCI)に対し、非常に論の多い宗的分裂(ここでは、故文鮮明牧師が創始した世界的な統一運動の部で起きた極めて不安定な宗的分裂まれ、憲法修正第1に直接抵触ながらその宗教団体の「正しい」精神的指導者、「正しい」神そして「正しい」組織構造を決定したという例はありませんでした。DC上級裁判所はそのような違憲判決を下した後その団体の理事の再構成を命令すると同時に、UCI理事現在のボランティア理事たち5億ドルの罰金を課しました。DC*上級裁判所が下したこのような判決(10年以上の期間を経た後の判決は、憲法制定者が憲法修正第1正確に述した宗の自由という念の本質を破する危性を持っています。

(*編集部註:上級裁判所とはワシントンDCの第一審裁判所であるSuperior Courtの日本語訳。最高裁判所はSupreme Court)

米国憲法制定者たちは、宗の自由は「すべての自由の中で最優先」であり、したがって神によりえられた良心に基づいた宗の自由は、常に他のすべての自由の基礎となり、いかなる牲をっても宗の自由は保護されなければならないと然考えていました憲法制定者たちは、清教徒や他の人が新大陸に行く過程であらゆる危を冒したのは、まさに宗の自由の追求のためだったということをよくえていました今日、宗を保護しようとする指導者や体もまた、この法的先例もし許されるとしたら、すべての信仰者に大きな危険を与えることになると考えています。宗教的自由のためのベケット基金The Beckett Fund for Religious Liberty)自由のためのユダヤ人連合(the Jewish Coalition for Religious Liberty)、全の著名な10人の法学教授らに続いて、控訴裁判所に法廷助言意見書(amicus brief)を提出しました。これらの意見書はすべて憲法修正第1に基づき、本件を棄却するよう求めています(下記リンク)。

信じる権利(Right To Believe)は、宗の自由にするこのような懸念から、この重要な訴訟同訴訟の根底にある宗的分裂を年代順に記してきました私たちれを続けるつもりです。者にUCI訴訟とその根本にある統一運動の宗分裂について、できるだけ多くの情報を提供することが私たちの決意ですこの訴訟と宗分裂は、ともに多くの詳細情報と論を含んでいるため、自身の結論に到達するために原本文書を自ら精することをおめします。以下裁判所のウェブサイトにリンクすると、原本文書を見つけることができます。

  1. 文顯進博士UCIしてFFWPUが提起した最初の法的訴訟(PDF)
  2. Laura Cordero判事による略式判決(PDF)
  3. Jennifer Anderson判事による救策判決(PDF)
  4. 被告人理事(Dr. Hyun Jin Preston Moon、文顯進博士)の意見書(PDF)
  5. 被告人理事答弁意見書(PDF)
  6. 法廷助言意見書、宗自由のためのユダヤ人連合及び宗自由のためのベケット基金(PDF)
  7. 控訴人UCI準備書面(PDF)
  8. 控訴人UCI答弁意見書(PDF)
  9. 被控訴人(FFWPU)意見書(PDF)
  10. 10人の授の法廷助言意見書(PDF)

 

DC 控訴裁判所6月17日 の基本細事項

生放送のに先立って、方は訴訟におけるすべての主な主張を盛りんだ長い書面意見書を控訴裁判所に提出しました。2021年6月17日、ワシントン D.C.控訴裁判所は、双方からの口頭弁論を2時間にわたり実施しました。次のリンクでYouTubeに保存されたの全体を見ることができます:(ビデオ見るは、2020年にDC上級裁判所のJennifer Anderson判事によって、UCIの被告人5名中4名(いずれもUCI理事理事たち)理事から解任し、原告のFFWPUIと共同で新しいUCI理事の構成を求める衝的な救判決が下された後、被告人の控訴要請にする回答として行われました。さらにAnderson判事は、被告人が「いかなる個人的な恩も」受けていないという事を認めたにもかかわらず、解任された4人の被告人に5億ドルを超える前述の体罰金を科しました。Anderson判事は被告人にする憲法修正第1の保護事項の多くに違反した2018年Laura Cordero判事の略式判決を基本的に支持しいました

6月17日のCOVID-19を懸念してインタネットで行われ、YouTubeを通じて世界中の人々に向けて生中されました。このようなストリミングは一般的に百人の個人が視します。時には、判事の任命のように閲覧千人にも及ぶこともあります。6月17日の控訴は控訴裁判史上前例のない 1万2000名余りが時点までにしました。この多この訴訟の深刻さの度合いと同時に、現在グロバルな精神的指導者として文顯進博士が持つ存在感を示しています。(この事実を否定または無視するために原告と**下級裁判所の判事たち多くの努力を重ねましたが、徒労に終わりました

(**編集部註:下級裁判所とは控訴裁判所より下級の裁判所という意味で、第一審が行われたSuperior Court、つまり上級裁判所のこと)

3名の判事GlickmanDeahlBecker陪席判事からなる陪審員は、UCI理事被告人を代表する Michael Carvin弁護士、UCI組織を代表するDerek Shaffer弁護士、原告(FFWPUIなど)を代表するLaura Ferguson弁護士の弁論を聞きました。討論は非常に活で、3人の判事いずれも方の弁護士にして鋭い質問をし、自分の見解も表明しました。実際UCI弁護士Carvinの開会発言は、Deahl判事のい質問によりわずか秒で中断されましたこれが全体の雰囲気決定しました

2021年6月17日の聴聞は、以下を含む幅広い問題を取り扱いました。

  • 「統一教会」と「統一運動」という中心用語の定義(または定義の欠如
  • 統一教会の本質特にそれがカトリック教会的な路線に沿って設立され、FFWPUIによって「指示される」一つの中央集的階層的宗なのか(原告側の主張)、またはそれが緩やかに結びついた体の集合体なのか-つまり利および非体、多な人道主義プロジェクト、企業、スポツチム、新聞社など、すべての体が創立者文鮮明牧師の世界平和にする共通したビジョンのもとに連合され、ますます大きくなっていく世界的かつ超宗的運動なのか(被告人主張)
  • 統一教会のリシップ構造(FFWPUIは際にこの大規模な運動の「首長」なのか、それとも多くの非体の一つなのか。 FFWPUIが統一運動を構成している多くの立した理事を管理することは可能なのか。が「FFWPUI」は「統一教会」と同じだと提案していが、それは本なのか。 驚くべきことに、この訴訟期間中にFFWPUIは自体名称を3回も更している
  • UCIから行われる寄付行の宗的目的の決定
  • 系列及び非系列機へのUCI寄付パタンの履
  • キングダム投資財(Kingdom Investment Foundation)とグローバルピース(Global Peace Foundation)にするUCIの寄付はUCIの目的に合致しているのか
  • UCIは宗的目的をどのように前進させ、誰がそのような目的を決定できるの
  • 統一運動自体は誰が主導するのか(統一運動における宗的分裂の最も論的な側面
  • 文鮮明牧師の生前、UCI及びその他の理事して文牧師持っていた限の程度
  • 「第4アダム」であり文鮮明牧師の後である文顯進博士の精神的指導者としての役割が持つ範示的
  • 文鮮明牧師の「教会時代の終焉」の指示から、統一運動部で起こっている化を反映するために、2010年に1980年のUCI定款原本の宗的言語を修正することがUCI理事の裁量にするかどうか
  • 定款の項の宗的言語が宗性の低い言語や他の宗的言語に取って代わられたりする程度
  • DCの宗教非営利団体の理事たちが、同法人のための決定を行うときに、第三者の利害による影響を受けたかどうか
  • その他の様々な問題

このリストをむだけで、次のようなこと即座にわかります1.このような問題のうち多くの部分全世界統一運動における最も本質的な宗的側面を扱っているため、憲法修正第1により米国のいかなる裁判所もれらの問題について決定を下すことが禁止されてい2.これらの問題は、現在に至るまで統一運動全体の宗的分裂の核心であり、上記と同様に憲法修正第1により明らかに論の余地がある本質的に宗的な問題は、連する宗教関係者が決定すべき事項である。つまりいかなる米国の裁判所もそれを決定できない

統一運動及び上級裁判所の両方で文顯進博士してFFWPUIが使用したりのストーリーの

憲法修正第1の保護について少しでも知っている人が、こので提起された上記の宗的テリストを見たら、どして上級裁判所の判事たちが相次いでこの訴訟けることができたのか知りたくることでしょうこれは、同裁判所の判事らが原告のストーリーを全面的に信じた(bought in)」ためにそのようにできたものと思われます。このストーリーは結局、原告側の首長(principal)である韓鶴子女史が法廷質疑においてであったという事を認めました(下記照)

判事たちは、原告の見解を基本的に自分自身の見解として受け入れながら、法的に絶見過ごせない憲法修正第1の考慮事項を無視した

原告ストーリー顯進博士の名を落とし、彼の組織のリシップの役割と「第4アダム」という彼の精神的リシップの地位を簒奪することを目標とする統一運動内の徒党グループによって最初に作り上げられました徒党グループ韓鶴子女史(文顯進博士の母)、一部の腐敗した統一運動指導者、そして文顯進博士3兄弟、弟ショ(Sean、文亨進 ) とジャスティン(Justin、文國進)、及びタチアナ(Tatiana、文仁進)で構成されていました。徒党グループの努力は、文顯進博士が父親のの後者であることを否定し、文顯進博士をすべての葛藤の根源にするという核心的なに集中しました。

原告嘘のストーリーでは、文顯進博士は主に不と怒りと嫉妬に満ちた息子として描かれています。彼の弟のショ(Sean Moon、文亨進)が(FFWUPIの指導的立場を含め)いくつかの指導者の職責を受けた時、嫉妬心による怒りを持ったと推定される文顯進博士は、統一教会からUCI及びその他の機を「(stole)」第4アダムと相者になる資格を喪失したというのです。徒党グループは協力して努力をけながら、多くの歪曲、欺瞞および露骨なを含め、文顯進博士する悪意のある誹謗中傷の大虐殺pogromを行ないました。このような邪な努力の中には、彼を「落したアダム」と表現し、すべての運動対象に巡回講演を企たこと、韓でのある会議で80の文鮮明牧師と他の著名な指導者に先に提示されその後運動全体められた偽の界メッセジがありました界から直接たとされるのメッセジは、文顯進博士が持つ組織の指導者のすべての職位を末っ子のション(文亨進)に渡すよう告する容でした。その後、このような制度的な化が起きた後、「界メッセジ」の出所は統一運動の元北米大陸であり、文顯進博士抗した徒党グループの中心人物である梁昌植博士であることが認められました。文鮮明牧師と運動全体に対し文顯進博士するこのようなをつくことは、文顯進博士する組織的虐殺であり、これは年間けられました運動部で行われた彼らのキャンペンの一つが、文顯進博士と同僚たちを相手に世界中で30件の訴訟を起こすことでした。このすべての訴訟は、根がないという理由で棄却されたり、10年目となるUCI訴訟を除いて、すべて文顯進博士完全勝訴で終わっています

上級裁判所では文顯進博士UCI定款の不法修正を命令しFFWPUIの承認を受けていない体に寄付を進めたという徒党グループきました。その時、文顯進博士は、UCI理事に「不適切な影響力」を行使し、承認の寄付とUCI定款の不法修正に賛成票を投じるよう要したというのです。つまり、文顯進博士UCI理事が受託者義務を履行できないようにしたということです。明白になったように、この嘘のストーリー成立させるには文顯進博士の「第4アダム」の役割を否定し、代わりに彼に「反抗的な息子」というレッテルを貼ることが重要でした。

このに反論する証倒的でした。もし、上級裁判所の判事たちが、被告側が提供した証して最低限の確認でもしていたら、原告ストーリーの信憑性を完全に否定する多くの事が分かったはずです。最も重要なことは、文顯進博士が文牧師の適法な相であるというでした。文顯進博士の父は1998年、文顯進博士を「第4アダム」として公開的に認めました。その後、文鮮明牧師はこのような事を基に、統一運動部で大的な化を起こしました。本質的に文顯進博士を中心に、運動の構造を再編したのです。例えば、文鮮明牧師は文顯進博士全世界48の統一運動の全構成員するリシップの限をえました。文鮮明牧師はまた、文顯進博士に統一運動において最も重要な聖礼典である祝福結婚を執り行う限をえました。文顯進博士は、彼の父親によってFFWPUI、UPF、CARPなどを含む運動のすべての主要組織の指導者の地位速やかに任命されました。文顯進博士は、10年間、父のビジョンと方向性にって運動改革を成功に導いてきました。まさにこの時、改革に反して階層的な教会組織を再建しようとする徒党グループが、いくつかの組織を乗っ取り、文顯進博士にする全面的な虐殺pogromを始めたのでした乗っ取りは、韓鶴子が組織から文顯進博士のリシップの役割を簒奪し、第一段階としてこのような役割を3人の兄弟に委任することで成立しました。第2段階は、結局全ての組織のリシップの役割が韓鶴子女史というただ一人の人物の下に 彼女の計画によって集められということでした。2012年に文鮮明牧師がこの世を去った直後、ション(Sean、文亨進)とジャスティン(Justin、文國進)は母親によってすべてのリシップの役割から解任されました徒党グループの核心つまり、文顯進博士は相者ではなく、ション(文亨進)が相者であることこれ捏造されたものであり、法廷での宣誓陳述でも繰り返し述べられてきたことが今や明らかになりました。証言台で韓鶴子女史自分の末息子であるション(文亨進)が統一原理について「中生」水準の理解しか持っておらず決して相者ではなかったことを宣誓して証言しました。なぜ彼にFFWPUIを任せたのかという質問に彼女は返答を拒否しました。

韓鶴子女史が文顯進博士を指導者の座から追い出し、父親の後者としての文顯進博士の正な地位を否定するために、兄弟を道具に使ったという事が、今や明らかになりました。その汚い行動が遂行されるとすぐに、ション(文亨進)とジャスティン(文國進)は情け容赦なく捨てられました。捨てられた2人の息子の対応は、過激派の右翼イデオロギと宗を結びつけ銃器を携する物議をかもす集団を作るということでした。(AR-15半自動火器は彼らが行った結婚式で中心となる道具です)彼らはまた、直ちに説教壇とインタネットから最もい言葉で母親を持的に非難し、彼女とFFWUPIを相手取ってニュクで訴訟を起こし、彼女の最大の敵となりました

図々しくもション(文亨進)が起こした訴訟で、FFWPUIは、UCI訴訟彼らの立場とはの法的立場をとりましたつまり、ニュク裁判所でFWWPUIは、統一運動の継承とリシップの問題は、憲法修正第1の禁止により裁判所で決定できない問題だと主張しているのですところがUCI訴訟、FFWPUIは自分たちがすなわちFFWPUIと韓鶴子女史裁判所で統一運動の唯一の正な指導者として認められるべきだとりの主張をしながらショーンの起こした訴訟でのション(文亨進)と同じ主張をしていますこのような二枚舌が、ついに控訴裁判の段階でFFWPUIの足を引っ張ることになったと思われます。

「第4アダム」であり、文鮮明牧師のの後者という文顯進博士の精神的リシップの役割に比べると、文顯進博士から彼らが奪した組織のリシップの役割はその範が非常に小さいです。文顯進博士は、徒党グループ酷な攻の中でも、運動の核心的任務を継続して率いてきました。文顯進博士20ヵ国以上で活動しており、2009年に受賞したグローバルピース(韓市民社会団体から「最優秀NGO賞」)など影響力のある多くの際機を設立しましたしばらくして、彼は妻の文全淑博士とともにグローバルピースウィメンというを共同創設しました。主要際機である家庭平和協2017年に設立されました。韓で文顯進博士は2010年、史上最大規模の朝鮮半島統一のための市民Action for Korea United (AKU)」陣頭指揮し、世界的な運動を起こした「コリアンドリム」のフレームワークを提示し、現在、朝鮮半島統一運動を導く原動力となっています。今日、AKUは、1000以上の非政府組織を含む組織です。2014年、文顯進博士はベストセラである『コリアンドリ:統一コリアへのビジョン』で韓文化芸術出版賞を受賞し、引きき一つのコリア現するためのビジョンを提示しています

この一表は、文顯進博士が成し遂げた業績のほんの一部に過ぎませんが、文顯進博士が非常に有能でインスピレーションえる世界レベルの精神的指導者であることは明らかです。原告が法廷で彼をなる反抗的な息子」と誹謗したということはとんでもないことです。

明らかに上級裁判所の判事は、証を調べたり憲法修正第1を遵守するという自らの責任を果たせませんでした責任を果たしたなら、彼らは原告のを決して受け入れなかったでしょう。一方、控訴裁判所は特に憲法修正第1が適用される細部事項にはるかに多くの心を傾けていると思われます

DC上級裁判所とDC控訴裁判所の違いは、特にUCI訴訟で目立ってい

UCI訴訟がDC上級裁判所で10年以上(現在も継続中の時間を費やしてきたのが、上、DC控訴裁判所で2時間の理されたという事実以外にも、この分派的な宗訴訟裁判所が扱った方法には、多くの著な相違点があります。以下は、筆者の意見として、下級裁判所の判決可能性が非常に高いことを示唆する5つの違いです。

1.第3者法廷助言意見書の影響:上級裁判所と異なり、控訴裁判所は第3者の法廷助言(「裁判所の友人」)意見書を受諾しています著名な宗の自由の擁護体である的自由のためのベケット基金(The Beckett Fund for Religious Liberty)的自由のためのユダヤ人連合(The Jewish Coalition for Religious Liberty)が6月17日、のために提出した意見書、そして10人の著名な法学教授および者が作成したもう一つの意見書この訴訟には、憲法修正第1への深刻があり、それゆえに、宗問題不審理の原則religious abstention)として棄却されるべきだという共通の意見が述べられています。ユダヤ人連合及びベケット基金の法廷助言意見書の16ペは、次のように書かれています: 第一審がこのような結論に到達したのは、法廷が宗分裂に肩を持ってはならないという最高裁判所の度重なる訓戒を無視し、教会が『から逸脱したかどうか』を判定したり、特定形態の宗的政治システムを他の形態より優先したりしたからである

3名の控訴審の判事がこのような法廷助言意見書を無視することは不可能です。控訴審の判事が法廷助言者の立場に完全に同意するわけではないとしても、この意見書は被告人にする憲法修正第1の保護問題に大きくスポットライトを当てています2021年6月17日の全般にわたって、弁護士と判事間の意見交換を見れば、このような憲法修正第1の考慮が最優先事項であることは明らかです。この況は上級裁判所で問題された方式と反です

2.文顯進博士精神的リシップの役割をく考慮してい:に述べたように、上級裁判所判事らは原告の虚偽ストーリーを全面的に採し、統一運動の中で、文顯進博士が「第4アダム」として有する精神的リシップの役割について考慮することを基本的に棄却し、原告らが統一運動の正な指導者であるという枠組みを不かつ盲目的に受け入れました。原告の虚偽ストーリーを受け入れることにより、明らかに裁判官が、FFWPUIが主張するように文顯進博士を「反抗的な息子」であるかのように考えそのように取り扱うことが容易くなり、憲法修正第1の保護に注意をうべきだという要求事項縮小されました。控訴審の裁判官らは、文顯進博士の持つ「第4アダム」としての精神リーダーシップの役割について真剣に議論し、正反の立場をとったものと思われます

裁判官が判決を下すまでに、1年以上かかる可能性があります。その時まで判事たちは、ほぼ1万2000人の視者が6月17日の「接して視していることを知ることになるので、文顯進博士世界的に認められている宗指導者であるという事実が確実にわかり、それゆえに憲法修正第1のすべての考慮事項が文顯進博士と彼に忠なすべての人当然適用されるべきであることがわかるようになるでしょう

すべての問題をに「反抗的な息子」にするものと認識することと、神リーダーシップ、組織構造といった重大な事案をめぐる検討や論争が現在までいている宗的分裂の渦中際に生した法的、その他の問題を評することという2つの顕著な違いが法廷で現れていますDC上級裁判所は財産紛犯罪などのような小規模の訴訟を審理することに慣れています確かに上級裁判所十万人の員と十億ドルが絡んだ世界的な規模の宗分裂が審議されるUCI訴訟のような非常に複訴訟われることは滅多にありません。さらに重要なことは、上級裁判所たびたび熾烈な論争が繰り広げられる宗におけるな憲法修正第1に関連する問題がわれることは滅多にありません上級裁判所の判事たちが「反抗的な息子」というストーリーを受け入れて、その話に基づいてすべての決定を下すほうがずっと簡単でした。それははるかに易しいですことですが、はるかに誤っており、かつ違憲的でした。文顯進博士が持つ際の精神リーダーシップ真実が、「反抗的な息子」という捏造されを取り崩すことは必然的でした

3.FFWPUI弁護士は、ストーリーによる制限で無力化した上級裁判所に提出されたストーリー公式見解わなければならない必要性のため、そのストーリーは控訴裁判所ではFFWPUI弁護士のLaura Fergusonにとって「諸刃の」になったものと思われます。裁判官たちの質問にする彼女の答えは予め準備された言葉(canned)」だけを繰り返しているように見えました。なぜなら彼女の答えは常に「反抗的な息子」というシナリオに帰結するストーリー依存していたからです。一度の返答の中で、彼女は彼(文顯進博士)は統一教会を嫌っていると、それがあたかも確立した事実であるかのように、二度も言いました。このような純で脈絡と無係なアプローチが、上級裁判所では彼女の側に良い結果をもたらしましたが、控訴裁判所では彼女の主張に深刻な影響を及ぼしました。明らかに控訴裁判所の判事たちはこのストーリーを受け入れず、Fergusonからもっと合理的で明確な明を聞きたかったのですが、それはストーリー呪縛った彼女が絶に作ることができない明でした。この問題の真実はついに明らかになりました。この訴訟統一運動内で継続してきた史的的分裂の中で起こったものであるということです憲法修正第1によると、裁判所はこの運動のリシップを決定する上でに勝者と敗者を選ぶことはできません。つまり宗において一つの派閥の肩を持ったりその性を認めたりすることはできません

4.UCI弁護士たちはよく準備ており、有能あった:上級裁判所の過去のUCI弁護士たちよりも、CarvinとShaffer弁護士は控訴裁判所において非常に力で準備が徹底しており、有能であることを示しました。憲法修正第1の保護が適用される領域を明する時、特にそうでしたこの宗教的分裂と訴訟双方における宗的紛の問題に関わる決定を必要とする問題が取り上げられた場合、重要な時点で弁護士、断固として、「それはあなたが決めることはできない!」述べましたUCIの弁護士であるDerek Shafferの言葉です「あなたが訴訟の中心になると示唆しているその質問まさに裁判所が決して答えられない質問なのです。謹んで申し上げますが、判事が1980年の定款と宗用語およびすべての論を調べて、それらから相な逸があったという判断を、神上の問題や宗教的シップの承問題についての判定をすることなしに行う方法があるならば示してくださるようにお願いしますそれが1980年の定款の更事項にする原告の批判の核心であり、それはまさにあなたができないことなのです

憲法修正第1によると、裁判所はそのような決定を下すことができませんこれらの点は、被告側の弁護士と控訴裁判官のいずれにも明白なように思われました。なぜなら、判事たちは不適切な判決を差し止めてほしいというUCI弁護士たちの口頭要請に決して反論しなかったからです。

5.統一運動のの本質が認められたと見られる:上級裁判所の判事全員が原告らの誤った主張と、統一運動を高度に組織化した「教会」と見る原告らの歪曲した見解を受け入れたというが明らかになりました。つまり、FFWPUIが「統一教会」と同じだという見解;UCIは、FFWPUIの指示にうべきFFWPUIの下位であるという原告らの見解です。これに、控訴裁判所は統一運動が階層的教会ではなくカリスマ的な性運動だという被告人の見解を傾し、これに信憑性を付したように見受けられました決定的な時点Deahl判事はFFWPUI弁護士に、「しかしそれは、もしも統一教会、家庭連合が、1980年当時に統一教会として知られていたもののな後であるとした場合にのみに真実となるのであり、そうであるかを判断することは、私に根本的に宗的な問題と絡むことであるように思われますと述べました。

韓鶴子女史が開始し、持的にになっている神化は、今日のFFWPUIが文鮮明牧師が設立した統一運動を代表するものではないという事を明確にするものです。むしろ今日のFFWPUIは非常に異なった種類のものであり、異なるテキストのセット(文鮮明牧師の臨終時、韓鶴子女史は文牧師の説教集の検閲と修正を依した)、異なる礼拝神に対して文鮮明牧師が使用した「天の父」という呼称をもはや使用せず、代わりに「天の母の存在を主張し、二元論的要素を取り入れる)、さらには異なる(FFWPUIは2020年に公式的に名前を大々的にえることを宣言し、現在天の父母変更を持っています

さらに問題になるのは、FFWPUIは1954年に設立されたと主張しているということです。これは司法当局をだまして、FFWPUIが何らかの形でUCIを統制する存在だと思わせるようにしようとした完全かつ露骨なです。文鮮明牧師が1994年に教会(HSA-UWCの使命を果たしたと表し後にFFWPUIが設立されたという事をほとんどの統一運動員は知っています。FFWPUIは再び嘘をついています。統一運動に不慣れな判事たちがに原告を信じて、自分たちに法的勝利をえてくれることを望みながら、自分の史を書きかえています控訴裁判官たちさらに明確な調査の下で、それは非常に誤った期待のように思えます

結論

前述した宗の自由擁護体と門家の熱烈な法廷助言意見書からも分かるように、「UCI訴訟」は憲法修正第1の類例のない誤用について対象とされる法廷訴訟になると予想されます。10年が過ぎたこの訴訟はまだ終結からは程遠く(控訴裁判所の判決自体が下されるのに1年以上かかることも多い私の考えでは、結局長時間結論が出ないかもしれません。

しかしすでにこの訴訟をめぐって、米国司法制度の改革が必要だという高まっています。UCI訴訟で見ることができるように現在の司法制度は、宗団体の理事ボランティアとしていているで善良な男女が、第三者によって不に法廷に連行されそこで非常に費用がかかり、何年もく過酷な訴訟に直面することが容認されているのです。そうした法的攻する弁護費用が百万ドルに達する場合、裁判所への出廷そのものが大きな刑罰です

第3者(FFWPUI)が、主要な精神ライバル(文顯進博士)を個人的に中傷し、あわよくば破産させるために、そのような法的攻を自の宗分裂略の核心に据えた時には況はもっと酷くとんでもないことになります文顯進博士に反する徒党グループは、統一運動を乗っ取ろういう訴訟がらみの計略を遂行するために、莫大な公共資産即ち、目的で寄付された基金)を誤用していますこれは「不法資金によって統制される正義(justice)」であり、それは全く正義ではありません! 韓鶴子女史、FFWPUI及び/または彼らの同僚がすでに全世界的に文顯進博士とその同僚にして約30件の不必要な法廷訴訟を提起したという事に対し、上級裁判所は赤信が灯されるべきでしたつまり、FFWPUIが自の邪な目的のために裁判所を利用しようとしたということです。UCI訴訟は、罪のない精神的指導者と彼の同僚にする魔的な攻の核心部分に他なりませんでした。悲しいことに、の攻撃が今まで米国の裁判所の支援を受けてきたのですこのような露骨な宗の自由の侵害は決して二度と起きてはなりません第三者が非体にして、こうした欺瞞的で利己的な民事訴訟を提起するのを困難にするためには司法改革が必要です。憲法修正第1と宗の自由の神聖な保護が、我々の憲法上のすべての自由の礎として再確認されなければならない時です。

カテゴリー: 真実

1件のコメント

cocoa · 2021年11月13日 12:18 PM

全てを取り払って見たとしても、母が息子を埋葬しようとする行為は理解出来ません。”宇宙の母”というタイトルが滑稽過ぎます。

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。