昨年12月19日に松濤本部で行われた講義の中で、チョ・ソンイル(趙誠一)氏は、ネパールでは国営放送と民間放送の両方を通して全国民の四分の一にあたる700万人が原理教育を受け、国民の中で家庭連合を知らぬものはいない程であるという宣伝をしている。また、ヨン・ジョンシク大陸会長も2017年2月に開催された世界指導者会議で、ネパールではすでに統一運動を知らない人がいない程であり、2017年の選挙では国会の議席の半分を確保しますとお母様に報告をした。この二人の報告を通して受ける印象は、正に「国家復帰目前」というものである。

彼らのこの報告が、いかに真のお母様を欺き、また日本食口を侮辱するものであるかを、以下に明らかにしていく。

<テレビ放送で国民の四分の一を原理教育?>

まず、国営放送と民間放送を通じて原理教育をしてきたというが、ネパールにおけるテレビ普及率は2014年時点で59%、特殊放送を視聴できるケーブルテレビに関しては16%である。この統計は今も大きく変わっていないだろう。ネパールの人口は2900万人程度だが、チョ・ソンイル氏が言うように全国民の四分の一にあたる700万人が原理教育を受けるためには、ネパールでテレビを持っている全ての人が、毎週欠かさず真剣に、原理講義放送を視聴し続けなければならないだろう。ネパールのケーブルテレビは70チャンネル以上あるというが、一体、原理講義放送の視聴率は何%だったのだろうか?(※統計は「世界情報通信事情」より)

<2017年、ネパールで行われた選挙にことごとく惨敗>

次に、ネパール国民がそれほど良く教育されているというならば、ネパール家庭堂の選挙結果はどうなっているだろうか?ヨン・ジョンシク大陸会長は、ネパールにはすでに20万人の家庭堂党員、および13万名の三日行事まで終えた祝福家庭がいると、お母様に報告している。さらに、すべての国会議員を頭翼思想で教育し、2017年の総選挙では国会議員の過半数以上を確保しますと宣言しているのである。

2017年5月、ネパールでは11年ぶりに地方選挙が実施され、その結果を韓国連合ニュースが報じている。ネパール選挙管理委員会の公式ホームページによれば、全部で13500人を選出するこの選挙に、ネパール家庭堂はたったの66名を立候補させ、そのうち48名の得票数は15票以下であり、残りの18名も数百票を超えた者はいなかった。これは家庭堂の総得票数は多く見積もっても6000票に満たなかったということだが、20万名の家庭堂党員と13万名の祝福家庭は、一体、どこに行ってしまったというのだろうか?

<ネパール家庭堂がネパール共産党に吸収された!>

さらに2017年11月、ネパールでは国会議員選挙が行われた。ネパールでは選挙に関する法律が改正され、ネパール家庭連合の協会長であり家庭堂国会議員であるエクナスダカル(Ek Nath Dhakal)氏は敗色濃厚と見るや、驚くべき行動に走った。何とネパール共産党と交渉し、共産党の比例代表として国会議員のバッジを獲得しようとしたのである。その時に交わされた屈辱的な契約書の要点は以下の通り。

①今後、選挙において家庭堂は、家庭堂のマークを使用することができず、共産党のマークを使用する。
②家庭堂側の人士が選挙で当選したとしても、国会において共産党の指示に従わなければならない。
③家庭堂は、国会の外では家庭堂の会員であるとは言えるが、国会では共産党の会員としての役割をしなければならない。

要するに真のお父様が創設された家庭堂は実質上消滅し、彼らはネパール共産党の議員として活動するという契約書である。

このような交渉を成功させるため、彼らはネパール国家の反対を押し切って北朝鮮高官と会うことまでして見せた(恐らく、反共主義者ではないことのアピール)。読者は、こういったことに、どれだけのお金(日本からの献金)が必要であるか、想像してみて欲しい。

▲▼北朝鮮高官と会談するエクナスダカル氏

ネパール共産党員として選挙演説するエクナスダカル氏。ネパール共産党のシンボルマークと共に。

もはや、言い訳は不可能である。

このような背後工作をしたにも関わらず、結局、エクナスダカル氏は国会議員にすらなれなかったという(なっていたとしても共産党議員だが)。お金と地位と権力のために毛沢東主義者に魂を売った結果が、このようなものである。

ネパールにおいてはかつて、真の父母様の世界巡回講演を通して摂理的な突破口が開かれたことは事実であったが、その後、責任者たちは誇張された報告を繰り返し、「国家復帰目前」という報告は2011年頃からすでに行われていた。当時は亨進様や國進様が顯進様の世界的な活動実績と対抗するために、真の父母様に報告する華々しい実績を必要としたのだろう。その後、嘘が雪だるま式に膨らみ、昨年その嘘が明らかにならぬよう、国会議員としての議席を守りお母様に良い報告をするためだけに共産党と背後工作までするようになってしまったのである。

このような状況が事実であるのに、チョ・ソンイル氏はそのようなネパールの壊滅的な現状について一言も触れていない。これは日本食口を無知と決めつけ、愚弄する行為である。松濤本部職員すらも、こうした事実を一切、知らされずにいる。さらにはお母様にまでも同様の報告をしてきたとするならば、彼は神も霊界も恐れない人物だという他ないだろう。

読者の方々は、このような事実とは正反対の報告を真のお母様と日本食口たちにする責任者が中枢にいるということだけでも、2009年以降の統一運動に何が起こってきたのかを、想像することができるのではないだろうか?

私たちは今後も、チョ・ソンイル氏の嘘を明らかにしていくことにする。

 

※追加情報

家庭堂が消滅しただけでなく、家庭堂で二期国会議員を務め、大臣まで勤めたエクナスダカル氏は、今回共産党で立候補したが、落選したということである。

 

※情報ソースについて

記事内容が非常に衝撃的な内容であったためか、読者の方から情報ソースを記載して欲しいというコメントを戴いたため、以下に追記する。

①趙誠一氏の講義はすでに公開されており、多くの食口が視聴した2017年12月19日のもの。②ヨン・ジョンシク大陸会長のお母様への報告に関しては、参加者からの証言、および報告に使用されたパワーポイント資料がある。③ネパールでのテレビ普及率に関しては「世界情報通信事情」の統計を使用。④エクナスダカル氏が北朝鮮高官と会談したこと、共産党員として出馬したことに関しては、ネパールにいる祝福家庭からの情報だが、写真があるので疑う余地がない。⑤家庭堂と共産党の契約内容に関しては、そういう事情が分かる立場にある人からの情報だが、その方の立場を守るために公開できない。⑥エクナスダカル氏が共産党の比例区で出馬したものの、結局は落選したということは、ネパールの大手新聞社のウェブサイトに掲載されており、現在、ネパール語を日本語に翻訳したものを掲載するために準備中。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。