この記事は韓国パイオニアカフェに上がった記事の翻訳文であり、事実であることが確認されたため、有志の会でも紹介する。(太字は編集者がつけたものです)

南米パラグアイでUCIと家庭連合との間で十万ha及ぶ膨大な土地所有をめぐって年間進められてきた訴訟でUCI側が完全に勝訴した。

ヨイドパクワン地上

UCI訴訟

パラグアイパンタナル土地所有訴訟面積は約60万haと推定

これまで年間にわたって天文的な法律費用を使い、両者取り組んだ3大メジャ訴訟のタイトルだ

一つ敗訴しても決定的な打を受けることになため方とも韓、米、パラグアイで最高の法律事務所を起用してを繰りげてきた

UCI側は、すでにヨイド訴訟で最終勝訴をめており、2020年に竣工されたパクワンは、大韓民のランドマクとなっている

今回のパラグアイ訴訟でもUCI側は完全勝訴したと見られるため、今後米UCI訴訟一つだけをしている

現在控訴審が進行中のUCI訴訟で、7月15日ごろ裁判部は1審判決の執行を完全に停止させる極めて異例の決定を下した。この決定でUCI訴訟は振り出しにり、控訴審裁判部がどんな判決を下すか簡に予測できなくなった

今年初めまでは1審で勝訴した家庭連合側はUCI訴訟で完全に勝ったと考え、教会内で大的な報までしたが、今は非常に不安な子だ。鶴子総裁も最近、控訴審の裁判部の決定に関する報告を聞いて衝を受けているようだ。早くも訴訟で敗れた場合、誰が責任を負うかをめぐり、具体的な名前ががっている

の司法体系に詳しい門家の見解によると、UCI訴訟は今回の控訴審で終わりだという。

UCI訴訟まで敗訴し、3大メジャ訴訟いずれも家庭連合が敗訴した場合、訴訟を主導してきた韓裁と家庭連合の核心指導部は取り返しのつかない打を受けることは明らかだ。逆に、年間にわたる訴訟によるあらゆる制約からした文顯進長側は、本格的な勢力張と組織拡大に突入するものとみられる

こうなれば、統一家には急激な化が訪れるだろう。生女時代にも依然としてのお父様に信仰の根を下ろして生きている多くの食口の民心は、お父様の直系血統であり、お父様の統とえをそのまま承し、優れたカリスマとリシップを備えた文顯進長の方に素早く移動する可能性が高い。すでに理の方向はその方向に向かっており、生女体制が長くかないと判した食口が相当数存在しているのは事と思われる

リンク:緊急!ブラジルの家庭連合没収の危機!!!!!

カテゴリー: 真実

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。