(※今回もパイオニアカフェに投稿された情報の翻訳です。正確な情報であると確認できたため、こちらに掲載します。)

南米最大の勢を誇っていたブラジル家庭連合が崩寸前の態に至っている。ブラジル家庭連合の資産却の知らせに現地の食口は、憤りで腹の中が煮え返っている。(緊急!ブラジルの家庭連合没収の危機!!!!!

かつて南米で最大勢力を誇っていたブラジル家庭連合が8300万レアル(約1600万ドル)の罰金納の件で破産況に追いやられているというニュスが世界にわり、食口に大きな衝えている。

この問題をめぐって、ブラジルの佐木協長が全食口に7日食を要求したということは事であることが明らかになった。ブラジルの現地指導者が食口の前で言した容の音資料が公開されたからである。資料を提供したブラジル食口は身元の保護を前提に音記公開の動機を明らかにした。ブラジル教会の緊迫した況を世界に知らせ、韓教会指導部の心と責任ある姿勢を促すためと語った。

音記によると、ブラジル指導者は、全食口7日食という協長の指示をえ、その理由を次のように明している。

「私たちは今法的に最も危態に置かれている。私達は教会の資産全体を失う可能性がある。この問題を解決できない場合、我は、罰金を出すお金がないので、すべてをわなければならない」

ブラジル教会が支わなければならない罰金は、本1600万ドルもの巨額なのか、信じ難い容である。それで聞きみをしていったが、その結果、この金額が正確である根を確認することができた。ブラジル政府の財務省と察が一に運するウェブサイトがあるが、ここに非体や宗教団体が、ブラジル政府にどれくらい借金をしているのか、誰でも知ることができるように情報が公開されている。

ウェブサイトのアドレスはwww.listadevedores.pgfn.gov.brである。

このウェブサイトに行き、ブラジル家庭連合の体名と登索すると、正確な金額が出てくる。ウェブサイトにあがっている罰金額は正確にR $ 83,344,065,65(約8300万レアル)であった。米ドルで正確に15,735,983ドルである。この金額は、納による加算と法定利息がけることが予想される。罰金や納による法定利息はどのでも非常に高いので、納付する金額は、雪だるまのようにえていると見なければならない。ブラジル家庭連合の問題は、罰金だけ出して終わりではない。過去年間、この問題連してあらゆる法的費用が別途生したため、返額は相の金額になると見られている。

カテゴリー: 真実

2件のコメント

スコッティ · 2021年9月20日 9:22 PM

聖会(家庭連合)は、どの様に捉えてるのかとても気になりますね。
これ以上、悲しい事が起きないように天宙的葛藤の終結をお祈りいたします。

cocoa · 2021年9月21日 7:51 PM

韓国での賠償金等、世界的な規模で隠蔽して来た内容があらわになってきたのでしょう。崩壊の道を辿っているとしか思えません。

スコッティ へ返信する コメントをキャンセル

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。