現在の統一家は、統一運動を奪取した非原理的かつ反摂理的な独生女教団によって大きな混乱に陥っています。神のみ旨実現だけのために生涯投入された真のお父様の人生と教え、そして私たちの運動の最も中心的な機関である真の家庭さえも否定されいます。神のみ旨のために献身しようとする祝福家庭の心情と信仰心が独生女教団によって悪用されています。統一家の混乱に責任を負わなければならない元老たちと教会指導者たちはいまだに自分たちの過ちを認めず責任を転嫁している残念な状況が続いています。

このような状況を反映するかのように、真のお父様の聖周年を前に発生した安倍晋三元日本首相の殺害事件は、独生女教団がどれほど神の摂理と関係のない非原理的な逸脱行為を行ってきたかを示す証拠となりましたこれは摂理を破壊する彼らの犯罪行為をこれ以上黙って見過ごすことはできないという天の強力な警告でもあります。

このように混乱が極に達した時点2022年7月4日金榮輝氏は『摂理の真実』を出版し、すべての誤りがあたかもお母だけにあり、自身は真のお父様の教えと伝統を継承している立派な弟子であるかのように宣伝して再度、祝福家庭に誤った原理観と摂理観を注入していますさらに深刻なことは、神のみ旨真のお父様の最も貴重な業績を完全に歪曲し、統一家の混乱を解決するとして全く原理的でなく、むしろ反摂理的な方を説明して、食口により大きな混を与えています。

そこで、み旨の道を共に歩んだ食口であり金榮輝氏と共に生死苦楽を共にした統一家祝福家庭元老である私たちは、この声明書を通じて真実をはっきりと明らかにし、金榮輝氏をはじめとする統一家祝福家庭たち神のみ旨のために選択しなければならない正しい道がどこにあるかを知らせたいと思います。

統一運動はメシヤ(アダム型人物)を中心とした摂理運動

私たちが草創期にこの統一運動に参加したのはまさに神のみ旨、つまり全ての人類が神の子女として一つの家族って暮らすことのできる平和理想世界を実現しようとする摂理的運動の故でした。この運動の中心は、神に侍ってメシヤの使命を遂行する真のお父様であられましたまともな教会一つなく世の中の誤解と逼迫を日常的に耐えていた時代にも私たちは真のお父様の指導力と愛に陶酔し、この貴み旨の道を切り開いてきました

真のお父様は人間祖先アダム家庭の失敗を復帰し、神の創造理想を成し遂げるためのアダム型人物であり、第3アダムの位置にいらっしゃいました。神からアダム型人物の使命と権威を授けられの本来の血統である真の家庭を地上に現させられのです真のお父さらにメシの使命を果たすために、ご自身の直系の子の中から顯進様アダム型人物の使命と権威を継承した第4アダムとして公認されました真のお父が公認したアダム型人物は、歴史上4人しかいませんでした。

「教会時代の終焉」と「第4アダム」の公認

真のお父様天が準備されたキリスト教基盤の反対により第3アダムであり再臨メシとしての本来の路程を歩ことができませんでした。避けられない選択として、キリスト教の使命を代わりに遂行する摂理機関として世界基督教統一神霊協会を創設され40年荒野路程を歩まれました。やがて真のお父様1994年5月1日、再臨主としての本来の使命を遂行するために世界基督教統一神霊協会の看板を下ろし、世界平和家庭連合を創設することにより「教会時代の終焉」を宣言されました。これは摂理の大転換であり、制度の利益を保障かつ追求する既成化された宗教の限界を打破し、真の家庭を中心とした祝福運動を通じて家庭単位の救援が可能な新しい時代を開かれたのでした。

このように摂理的な大きな変化と共に1998年7月、真のお父様顯進様の世界平和統一家庭連合世界副会長就任式を挙行されました。これは単に一つの組織の副会長を任命する類のものではありませんでした。顯進様真の家庭の中で王権を定着させることができる真の長子であり、アダムの権威を継承して摂理を導く第4アダムとして公認する行事でした。真のお父様は数ヵ月前からこの行事を直接準備され、招請を受けた世界各界指導者たちの前で「3歴史を再び起こすためのものが救援摂理であり復帰摂理の完成であるということを考えると、この3代を中心に天の公的な責任を任命するということは天宙史的異変」であるとされ「今日このような集まりを持つようになったこと統一教会の歴史において、あるいは先生の一生において初めてとなる記念の日」語られながら、感謝と感激を吐露されました。

真のお父様が教会時代の終焉と共に顯進様第4アダムとして公認されたことには、メシヤ使命完遂のための摂理的意味が込められていました。

まず、地上に真の家庭を定着させるためには、真のお父様は、アダム家庭が2代にわたって失敗した内容まで蕩減復帰しなければなりませんでしたそのためには、真の家庭の中で復帰されエバ立場である真のお父様と絶対に一つにならなければならなかったのであり、子世代において真のアベルであり長子としててられた第4アダムカイン格の子の位置にる祝福家庭は絶対的に一つならなければならなかったのです。

さらに真のお父様真の家庭の基盤を世界に拡大し、世界的な次元でカインとアベルが一つになることにより真の父母と真の家庭が定着しの主権を定着させ、究極的に基元節を神の前に奉献して差し上げなければなりませんでしたこの摂理を展開するために真のお父様摂理運動組織を平和運動組織に再編され、世界平和統一家庭連合FFWPUと天平和連合UPFを前面に立てて普遍的な祝福運動と世界的な平和運動を展開されました。UPFを中心とした摂理機構がアベルUNの立場で世界的な基盤を築いた土台の上にカインを代表する立場既存の国連と一つになって世界的次元でカインアベルが一つになった条件を立てて、神の実体的な主権を地上に定着させることが真のお父様の究極的な目標でした。この摂理的な課において真のお父第4アダムである顯進様共に父子協助を通じてこのみ旨を成就し、必ず基元節の前に奉献して差し上げようとされたのです。まさにこのような次元で第4アダム圏時代、子責任時代が出発したのであり、新しく出発する摂理運動の責任を第4アダムである顯進様に任されたのです。祝福の世界化のために祝福権を顯進様にされ、世界的なカイン圏を代表する立場にある平和大使運動に対する責任も顯進様に任された理由もまさにここにありました。後日、真のお父様基元節迎えられずに和される前に「顯進がいなければ基元節もない」と絶叫されたのもまさにこのような摂理的な意味があったからです。

顯進このみ旨を受けて1998年から2008年まで摂理運動全般をリードされ神の主権を定着させアベルUNの基盤を実体的に構築するための運動を展開され、顯進のリーダーシップの下で統一運動歴史において最高の実績と成果を上げられました。

統一運動分裂の原因

真のお父様直系の息子であられ顯進第4アダムとしてられながら、統一家の最高指導者たちを若い6000家庭世代に電撃的に交替され、中心指導者たちに顯進と絶対的に一つになるようにと指示されました。すでに言及したように、神の摂理の中心機関である真の家庭が定着し平和理想世界を実現するためには何よりもまずお母様真のお父様と絶対的に一つになり、カイン格の子である祝福家庭真のアベルである第4アダム顯進様と絶対的に一つにならなければなりませんでした。れが真のお父様の願いだったのです

しかし現実はどうだったでしょうか真のお父が指示された「氏族的メシ」活動と「訓読家庭教会」活動を最前線で実践し、手本を見せなければならなかった元老たちと教権指導者たちはむしろ自分たちの地位と特権を提供する教権を強化することによって「教会時代の終焉」に逆行したのです。さらに深刻なことは、彼らは真のお父様第4アダムとして公認され宗教と教会時代」を越えて新しい時代を導いていく後継者として立てられ顯進を否定し、お母と他の真の子たちまでも彼らの陰謀に引き込むことによって真の父母真の家庭を分裂させ、神の摂理を破壊するサタンの代行者になったです。彼らは機会があるたび真のお父様メシヤであり再臨主だと証し、まるで自分たちが最も忠実な真のお父様の弟子であるかのように振る舞いました。彼らは食口たちにも真のお父様言葉に絶対服従しなければならないと言いましたが、実顯進と絶対的に一つになれと言われた真のお父様の遺言のような指示事項を祝福家庭から隠しました。そして彼ら自ら顯進讒訴しながらこの指示を無視し逆らいました。さらに彼らは顯進を相手に世界的人格殺人キャンペーンを好き勝手に行い、数十回の法的訴訟まで提起しました。このような非原理的な行為を、彼らは真のお父様の指示であるかのように取り繕って食口たち同参を強要したのです

その結果、真の家庭の中でお母真のお父様と一つになれず、真の子たち第4アダムである顯進と一つになれな中で、統一運動分裂してしまったのです。これによって神の真理だけを伝播に生きる真の愛の実践を通じて理想家庭を中心とした平和世界を実現しようとされた真のお父様のすべての生涯業績歪曲され汚染された様相世の中に映し出されざるを得なくなったのです。

金榮輝氏をはじめとする元老たちのつまずきと失敗

真のお父様言葉によると、金輝氏は真の家庭を守り、保護し、侍らなければならない祝福家庭の最も基本的な責任を遂行するにあたって誰よりも重大な位置にあり、最も模範となるべき立場にありました。彼を3家庭に立てた意味もここにありました。真のお父様はイエス様の3弟子がイエス様と完全に一つになってい、イエス様亡くなられることはなかった語られながら、真のお父様3弟子は復帰された天使長の立場で真のお父様と完全に一つにならなければならず、真の子を保護しなければならず、真の家庭を通じて復帰の最後の道をまなければならないと語られました

ところが過去14年間、堕落した天使長の立場に転落した教権指導部が統一家混乱を引き起こし真の家庭を破綻させていた時、輝氏が歩んできた行跡を見れば最初の者が最も後になるという聖書の警告の言葉のように最後につまずいた祝福家庭の典型と言わざるを得ません

彼は真のお父様生前であったにもかかわらず、2011年7月から36家庭の朴普氏と教権指導部が主導する「真の父母様文実行委員会の共同実行委員長職に自分の使うことを、全世界的に展開され顯進非難活動の脇役となりました。2012真のお父様の聖以後にはお母の指示を受け真のお父様が制定された「八大教材教本を解体し、独女を中心とした大経典を新しく出版するための「天一経典編纂委員会委員長職を務めました。真のお父様が「天の天法であり憲法」と言われ、「人類に残す最後の遺言であり贈り物」と言われた天聖経』『平和神経「家庭盟誓」を毀損する先頭に立ち、これを積極的に支持しました。さらに「天一国憲法委員会の副委員長職を務め、神の真の血統を中心とした真のお父様の継承原則を正面から否定し、「天一国最高委員会を中心に弟子たちの法統継承を確立しようとする計画に協力しました。

特にお母が統一運動を独生女教団に変貌させた時氏は、お母はお父と一体なっているのでお父と同等であり、お父といつも一緒にいらっしゃるのでお母言葉がすなわちお父言葉だと語り、お母を積極的に支持しました。結果的に独生女を食口たちに洗脳するためのサタン宣伝扇動に先頭に立ったのです。のような祝福家庭の元老たちがこのように脇役の役割をしたためにお母はこの独生女の主張お父様を裏切りご自身を台無しにしていることも知らないまま、その主張を躊躇なく世の中に公開したのです。不幸にも彼らの支持でお母は神の直系血統の根であられ真のお父様を否定し、長権を受け継いだ顯進を否定し、真の家庭破綻に導く先頭に立つことで復帰されエバの責任失敗されたのです。

ところが最近出版た『摂理の真実』を見ると氏は「真の父母理想を破壊する金振春討つ」と言ってお母様の考えをそのまま伝えている対して、独生女が誤った主張であることを糾弾しています。今日、独女の出現を助けお母様の責任を失敗させた張本人一人が、長い間の沈黙の末、今になってお母間違っていると糾弾し、自はこの問題に何の責任もないように行動することは、実に無責任で卑怯な態度だと言わざるを得ません氏はこのような恥ずかしい本を出す前に、まず天とこの世の前に自分自身を討たければならないのです。

そうしなければならないより明確な理由は、彼の本の内容にありますこの本でひときわ真の父母だけを強調し、神の縦的な軸である真の家庭の重要性を無視することで祝福家庭を惑わしています。結果的にこの本は統一家分裂を画策し、真の家庭を排除ようとする教権勢力の意図と主張支持しているのです。いわゆる孝律氏のような者たちの主張、すなわち私たちにとって最も重要な存在は真の父母であり、真の子たちは私たちの兄であるだけで、真の子が間違っても私たち真の父母よく侍れば真の子になれるであり、み旨成されるという反摂理的な詭弁同類だということです

しかし明らかなことは、真の家庭てられたことによって「天の血統」てられ、人類が神の血統に接ぎ木される「祝福の扉」が開かれたということです。真の子よって真の父母現れるのであり、神を中心とした真の父母と真の子3代が一直線になることで神が地上に定着し主権を行使できる実体基盤が立てられるようになるのです。ですから真の家庭は、真のお父様の最も偉大な勝利の業績であり、神の摂理運動において最も重要な機関なのです。はこのように最も重要な内容を完全に見落としています。

のために、彼はこの本で統一家混乱の解決策もとんでもないところに見出しているのです。摂理の中心機関である真の家庭と一つになり、真のアベルと一つになるのではなく、真のお父様の「霊的役事」に頼いつか真のお父様が地上に来られて総括し指導される時が来ると主張しているのです。原理的な観点から見れば、これはアダム型人物の使命と人間責任分担を中心に地上でみ旨を成し遂げようとする神の摂理原則を否定するキリストのような主張であると言わざるを得ません

が過去にいくら真のお父様近くで侍っていとしても、過去14年間の行跡を見れば、神と真のお父様彼に対する評価は自明なのです。イエス苦楽を共にした12弟子たち、特に3弟子たちまでもイエスを裏切って十字架に架けたように摂理と原理を知らなければ誰でもつまずのです。特に自分が侍っている真のお父様み旨顯進を中心に血統継承を堅固に確立し、神の主権と血統を地上に永遠に定着させようとするところにあることを知りながらも、統一運動全体がカインがアベルを殺した歴史的失敗を繰り返すかのように、顯進を殺そうとあらゆる非原理的な行為を躊躇わなかった時、これを制止するために何の行動も取らなかったのであれば、このような人物真のお父様の忠直な弟子言うことは決してできません。歴史的に失敗した弟子として記録されるしかないのです。

もはや霊界に行く準備をしなければならない元老たちが摂理のために寄与した過去の実績を失い、つまずている現実を見つめる同僚たちの心はあまりにも切ないものです。かしい修行生活をした洗礼ヨハネがが送ってくださったイエス様を 最後に受け入れられずにつまずたように、一生み旨の道を共にしてきた統一家の兄弟たちが、真のお父様が立てられ顯進を受け入れられず、むしろ反対の立場に立ったことは実に嘆かわしいことです。

統一運動分裂を解決し、摂理の前に正しく立つ唯一の道

神の摂理は地上に真の家庭て、真の父母真の家庭が定着した基盤の上に平和理想世界を実現することです。このみ旨を完了するために真のお父様は人類史上初めて神を中心とした真の家庭られ大王の定着点である第4アダム顯進天宙の前に宣言し公認されました。神の権威を代表するアダム型人物は、神のによって決定され、そのアダム型人物を通じて神は摂理を経綸されるため第4アダムの「宣言」と「公認」は、最も重要な摂理的決定でした。

この峻厳な神の摂理原則と決定を破壊し、統一家を分裂に追い込んだ反摂理的な勢力に対して、真のお父様は最後の審判と警告の言葉を残して聖和されました。お母と教権指導部が必死にこの言葉を隠そうとしましたが、真実は決して消えるものではありません。ちょうど年前の2012年7月16日、真のお父様は世界平和女性連合が主催する大会で13人余りが見守る中「お母さんがいません。文総裁の妻の位置もありません。自分勝手自分勝手と吐露され、大衆を相手にした生涯最後の集会でお母を否定する言葉を残されました。真のお父様の聖和一ヵ月前の8月3日、最後の訓読会では「お母さんは根本を全部捨てた」と嘆息さました。真の家庭の秩序と統一家の混乱を収拾するために数え切れないほどお母に機会を与えられ正しく立てうと投入されましたが、最後まで拒否したお母に対してこのような惨憺たる言葉を残してヵ月後に聖和されたのです。お母と一緒になって動いた文國進文亨進、教権指導部たちに対しても連日叱責されましたが、特に7月19日訓読会では「アベルUNを中心にして作るためには、先生の息子も、先生の家庭が完全に踏みにじられた。お前たちは飢え死にする前に教会がなくてはならないと言、教会で盗みをして自分の息子娘に食べさせるのに苦労したという人たち天国に入った人一人もいません」「父母様、息子娘までも縛って踏み倒す、勝手に、何と、お前たちのような奴はいなかった。ルーシェルよりもっと恐ろしい」と咎められ、彼らがまさに摂理を台無しにした元凶ということを決定付けるみ言葉を語られたのです

真のお父様の聖周年を迎え、はもちろん、すべての祝福家庭はもう一度この言葉の意味を深く肝に銘じなければなりません。そして、何が統一運動分裂を解決し、摂理の前に正しく立つ唯一の道なのかを心から祈り、精誠を込めてその真実の答えを見つけることを願います。特に、天宙史的な犯罪を犯した元老たちと教権指導者たち、そして祝福家庭が今、本来の位置に復帰して摂理に再び寄与するためには、これまでのすべての過ちを悔い改め、第4アダムである顯進と絶対的に一つにならなければなりません。これだけが唯一の生命線であり、統一家の根本を正しく立て道です。すでに顯進数多くの蕩減条件を立ててつまずている祝福家庭が正しく立つことのできる贖罪の道を開いておられます無限の神の愛の中で、この呼びかけえてくださることを切にお祈り致します

愛する統一家祝福家庭元老、指導者、食口の皆様

顯進はこの14年間、その無念な状況の中でもお母様兄弟たちに対して公開の場で審判したり罪を定めたりたことありません。それは今も真の家庭全体を守ろうとする切実ながあられるからです。祝福家庭に対しても、いつも皆様が神のみ旨と一つになり、摂理の担い手になることを願っておられますみ旨のために血と汗と涙を惜しみなく流し、真のお父様に侍って、徹する人生を送る担い手ということです。私たちにはまだ機会があります。どうか真のお父様の聖周年を期して、天の声に耳を傾け、統一家全体が必ず一つになるその日を作っていきましょう。

2022 8 1

36家庭 郭錠煥72家庭 柳東124家庭 柳鋒祥430家庭 趙明錫

777家庭 朴成1800家庭 東雲日本12家庭 櫻井節子その他、

み旨の道を共に歩んだ統一家祝福家庭元老一同

 


2件のコメント

若枝 · 2022年8月16日 6:58 PM

第4アダムはすべての祝福家庭が該当します。顯進様だけではありません。み言でお父様ははっきりとそうおっしゃっているのにわからない人たちですね。真の父母は永遠にただ一組。あとはみな子女です。顯進様を真の父母として立てようとするのは原理的に間違っています。

    daichi · 2022年8月18日 5:15 PM

    第4アダムに関しては、教理研究院と何度も議論を繰り返してきていますので、そちらの記事を参照ください。
    https://align-with-god.org/blog/archives/1430

    お父様が仰っているからと、祝福家庭が第4アダムを自称するのはある意味 勝手ですが、今の祝福家庭をそのまま繁殖させたら地上天国ができるでしょうか?
    そのまま繁殖させたら、そこにもまた暴力と虐殺と淫乱の世界ができるだけでしょう。
    現状、祝福子女は出生数に対して1/10しか祝福家庭にならないのですから。
    そうだとすれば、第2、第3アダムに比べて第4アダム(祝福家庭?)はずいぶん残念な姿ですね。

    明らかに正しく軸に連結されることで理想家庭をなしていく必要があるのであり、その軸とは明らかに、(お父様が公的な席で言っても言わなくても)直系の子女様であるはずです。
    お父様はすでに地上にいらっしゃらない中で、お母様も今後必ず、霊界に行かれます。

    将来、霊界に逝かれた父母様を仰いでいるだけでは、キリスト教と同じで、実体的な救いは成されません。
    では地上においてどなたが軸になりますか?ユン・ヨンホ氏でしょうか?他の弟子でしょうか?お母様に従順なお孫様でしょうか?

    祝福家庭は、第4アダム(直系の子女様の中で、理想家庭を成した方)に連結されることで理想家庭を完成し、第4次アダム圏をなすべきです。
    祝福を受けたというだけで、無条件になるわけではありません。

    第4次アダムからは、本然の世界が広がっていかなければならないからです。

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。