前回の金振春氏の講義は、独生女信仰の中身を示しています。その中身は、韓鶴子夫人を救い主として崇め、文鮮明師を救われなければならない人として見下げるという事に象徴される、主管性転倒への堕落です。清平で、文鮮明師を従えるかのような独生女像は、この主管性転倒の象徴です。でも、韓鶴子夫人を攻撃しようとしているのではありません。

韓鶴子夫人はむしろ被害者です。エデンの園でのエバの堕落がエバを発露としたものではなく、天使長を発露としたものだったように、独生女信仰への堕落は、天使長の立場にあった、統一教会の幹部の方達を発露としています。「私たちは、真の父母の従順な信徒です」と言っていた人達、そして今皆さんの前でそう言っている人達のことです。

養子である幹部たちは、実子である文顯進会長の前に、天使長の立場にあり、カインの立場にありました。

しかし、文鮮明師の肉体の衰えが顕著となり、次の世代への交代が迫る中、実子を押し退けて、韓鶴子夫人の側に付くことで、教会内で自分守ろうとしました。カインにとって最も難しいのは自己否定であると、文顯進会長に反発する幹部たちの姿に、何度も見てきました。

今、韓鶴子夫人の周りにいる幹部は、二つのタイプがいると見受けられます。一つは、金振春氏のように、どんなに間違った信仰を韓鶴子夫人が持っていたとしても、それを従順に信じる信者として、第一弟子のような立場を目指す人。もう一つは、ユン・ヨンホ氏のように、韓鶴子夫人の独生女信仰は、正当ではないと教会員の前では否定しながら、韓鶴子夫人に対しては、従順な僕のように振る舞う人です。(ユン・ヨンホ氏が金振春氏の講義を否定した公文に関してはこちらの記事です。https://align-with-god.org/blog/archives/1730

言い換えると、第一のタイプは、どんなに文鮮明師を否定することになっても、韓鶴子夫人を信じるというという極端な韓鶴子夫人へ忠誠心を誇る人、もう一つのタイプは、多分信じるものは無くなり、組織の中で上手くやろう、政治家的になっている人です

結論から言えば、このどちらも間違っていますし、どちらに従うのも間違っています。

前回掲載した独生女信仰の現実を知った信徒は、この二つの態度の間で混沌としている方もいるのではないでしょうか?大切なのは、信徒一人一人の判断です。下の絵で見れば、大切なのは、お話を聞いている人達であって、お話ししている人達ではありません。

ここで、もう一度、文鮮明師が他界する50日前に、幹部に語ったお話を掲載します。このお話は噛み締められるべきお話です。もし噛み締められたのなら、悔い改めと再出発、恩赦の道があります。

天使長の立場にあり、カインの立場にあった幹部たちが、実子である文顯進会長を押しのけようとして、今の状態にまで至ったのですから、もう一度、文顯進会長と一つになる道が、蕩減の道となります。

蕩減とは、原理講論にあるように、本来の位置と状態にまで復帰しようとする時に、その必要を埋めるに足る条件を立てることです。

神様は、そのような道を準備されているということです。しかし、その道に至るかどうかは、各自の責任分担です。ですから、己を振り返り、魂を探し出すような努力について、前回、書くことから、このシリーズを始めました。

文鮮明師がビデオの中で語っている内容は、幹部にだけ当てはまるのではなく、その幹部に従っていて、文顯進会長に従う道を取らなかった信徒全員に当てはまるようになると考えられるからです。文鮮明師は、子孫に及ぶ過ちであると語っています。

文鮮明師が他界する直前のビデオ

お話の内容(https://youtu.be/ae8G4hIKARo

「オモニ・アボジも一つになって、今までオモニがアボジの息子娘を投げ捨てた。サタン世界の君たちの足の下に入って行って。

自分の息子たちを祝福したが、天国に入れない。息子娘たちを中心に先生の息子娘たちを踏みつけてしまった事実を知らなければならない。

亡国の種たちだ!

アベルUNを中心として作るための、先生の息子(文顯進会長)も、先生の家庭が完全に踏みにじられた。君たちは、何 . . . 飢え死にする前に . . . 教会がなければならないと言ったな?. . . 教会で泥棒しながら自分の息子娘を食べさせるために苦労した人たちの中で、天国に入った人は一人もいません。

先生が自分の息子娘を犠牲にしながら、カインが罪の中で祝福を受けた。これが天国に入れない。

君たちに千万倍の負債を. . . 生きたまま砂に埋めて殺しても、自分の息子娘を呼ぶことができない。悲惨なその息子娘を中心に、父母様も苦労して父母様の息子娘までも結んで踏みつけてしまう. . . 自分勝手に。世の中に君たちのような奴らはいなかった。ルーシェルよりももっと恐ろしい」


より深く真実を知りたい方は、以下の動画を御覧ください。(概要欄の目次のリンクをクリックすると途中から見ることもできます)

統一運動の分裂の真相と神の摂理に生きる道 Part1

▶ 統一運動の分裂の真相と神の摂理に生きる道 Part2


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。