『原理講論』第1章で明らかにしている創造原理は、’一から全存在が創造された’ ということである。全ての存在が二性性相として存在する理由は、神様が神様の形状どおり人間と被造万物を創造したためであることを創造原理を通じて表しているのである。この原理は神様が原因であり人間は結果的存在ということを表している。

この世の中に数多くの父母がいて家庭がある。ところで私たちはその前に「真の」を付けて真の父母、真の家庭と呼ぶ。愛・生命・血統も真の愛・真の生命・真の血統と呼ぶ。真の」が付いているものと付いていないものの差は何か。正に起源の差である。真のお父様は 次のように語られた。

“真の起源は神様であり、神様がおられることによって真が成り立つ.”

真の父母とは単に一人の男性と一人の女性が子女を生むことによってなる父母を言うのではない。真の父母は創造原理に示されている神様の男女に対する理想を根源とし、その実体となった父母を言う。また真の家庭は単に父母と子女から構成された家庭を言うのではなく、神様の家庭理想から始まり、それが実体化された家庭を言う。このように真の父母と真の家庭は人間自らの意志によって形成されたものではなく、神様の理想と目的によって形成された父母であり家庭である。

愛と生命と血統も同じである。人間は愛も生命も血統も全て自分のものという意識を当たり前に持っている。私が誰かを愛し、私がまたは私たちが子供を生む…しかし私の意のままに、私の感情どおり動くことが愛ではない。神様から始まった相手の為の愛、それが真なる愛だ。生命も同じだ。生命は神様の愛から創造され、それゆえ生命の根源も神様だ。血統はどうか。私たちは金氏とか朴氏とか李氏とかの血統が私の血統と錯覚しているが、神様の愛と生命の結実として現われるものが血統だから、神様が血統の起源である。このように、原因者となった神様の前に人間は結果的存在である。これが人間のアイデンティティだ。

このような人間のアイデンティティは、私たちが原因者たる神様の意志によって創造された存在であり、したがってその創造主の意志を中心として生きなければならないことを意味する。神様はご自身の意志と目的を明確に持っておられる。人間は神様の意志と目的に統制を受けながらも、また自由意志を持って自ら責任を負うべき道徳的存在である。

責任を意味する英語「Responsibility」という単語は Response(回答)と Ability(能力)の合成語である。即ち責任とは、回答する能力である。したがって人間の責任とは神様の意志に回答する能力を意味する。人間の責任の態度は神様と神様の意志を理解し、それにアラインし、それに応じることである。

私たちは時として自分の意志を立て、それを神様が成してくれるように願うことがある。私の事情がこうだから、この事情を推し量って福をくれと言う。まるで高貴な方に奏上する請願書のように、1番目、2番目、3番目と所願を神様に告げ、その所願が成就することだけを待つ。もし福が来れば私の精誠のゆえと言って傲慢になり、もし福が来なければ私がみ旨の道を歩み苦労をしてきたのに…と天を恨み自己憐愍に陥ったりする。しかし人間の責任分担の核心は私の意志どおり自分勝手に神様を動かし神様に応じさせることではなく、神様のみ旨に私が応じることである。’私の思いのままにではなく、父のみ旨のままにして下さい’ という内的姿勢が人間の責任分担の出発点である。

神様のみ旨(創造目的)


そうであるならば人間が人生を生きながら5%の人間の責任分担を通じて成就すべき神様のみ旨とは何なのか。神様の創造目的である。創造目的とは空間的に神様を中心として4つの位置を定着させること、即ち四位基台を成すことである 。四位基台とは平和メッセージ2のみ言葉のように、”神様中心の家庭的基台を言う ”のであり、神様を中心に夫と妻、子女という4つの位置を成すことである。それゆえに真のお父様は平和メッセージ1で「神様と人間が一つの家族を成し永遠に喜びを感じながら生きていく家庭を成すことが神様の創造目的 」と語られたのである。

神様の創造目的である神様中心の家庭は如何なる姿なのか。平和メッセージ1を通じて整理してみると、2つである。第1に、家庭の中心に神様がおられることによって家族の各構成員たちが例外なしに神様と1対1の父子関係を結ぶ姿だ。家庭の全ての構成員が神様と父子関係を結ぶことによって人間に対する神様の直接主管が実現するのである。第2に、家族の構成員全てが神様の真の愛を実践する姿だ。夫婦の関係において、父母と子女の関係において、兄弟姉妹の関係において神様の真の愛に似て互いに為に生きていくことである 。このような姿が神様の家庭理想であり、祝福家庭が実現すべき祝福の理想である。

男性と女性に対する神様の期待と四大心情圏の完成


神様の創造目的である神様中心の理想家庭はどのように実現するのか。第1に男性と女性が四大心情圏を完成することによって実現する。男性と女性は神様の二性性相を各々代表して創造され互いに独特で固有の「性禀と特徴」を持っている。男性は神様の男性相である権威・力・原則・血統(種)などを現わし、女性は神様の女性相である美・介護・無条件の愛・生命などを現わす。これは男性は神様の息子として創造され、女性は神様の娘として創造されたことを意味する。したがって男性は自分の特性を通じて「私は神様の息子として生まれた」ことを自覚し、女性は自分の特性を通じて「私は神様の娘として生まれた」ことを自覚することが極めて重要である。そうすることによって男性は自らが神様の息子としてどれほど貴重な存在なのか、女性は自らが神様の娘としてどれほど貴重な存在なのかを悟って生きていかなければならない。

このように神様の互いに違う性禀と特徴を代表する男性と女性は、また互いを貴重に思い相互補完的関係を結ぶようになる。男女が互いに違うところは、それぞれ磁石のように互いに引き寄せる性質を持っている。そして互いに調和を成すことができる。男性は自分が持っている特性を持って真の愛で女性の不足なところを満たし、女性は自分が持っている特性を持って真の愛で男性の不足なところを満たして一つにならなければならないのである。

結婚は肉体的結合であると同時に精神的結合であるが、もっと本質的に見ると、結婚は神様の二性性相を代表した息子と娘の尊厳で神聖な連合である。結婚は瞬間的な激しい感情、火のような感情で始まり時間が経つと消えてしまう関係ではなく、神様中心に始まり相互補完的関係を結びながら発展する関係なのである。

男性と女性が神様を中心として結婚し、その結果として彼らは神様の子女を出産するようになる。神様はなぜ人間個々人を全て直接創造されずに父母を通じてこの世の中に生まれるようにされたのか。天地創造が続くに従い神様は将来創造する(生まれる)子女を思いながら喜ばれた。また最初の子女であるアダムとエバを創られ、彼らが育つのを見て神様は無限に喜ばれた。神様は正にその神様の心情・父母の心情を人間が彼らの息子娘の誕生と成長を通じて感じるように許諾された。子女である人間にご自身の最も良いものを相続させようとされる神様の心情が正にここに表われている。したがって、神様が子女である人間を愛と喜びによって貴重に対されるように、父母は子女を神聖で尊厳な神様の子女として対しながら養育しなければならない。全ての父母が家庭からこのような態度で子女に対するなら、これが拡張され人類が神様の子女として互いに尊重する世界を成すことができる。

脳神経学者たちによると、父母の生き方は子女たちに映画のように記憶されると言う。父親の生き方を通じて息子は男性の意味を悟るようになり、母親の生き方を通じて娘は女性の意味を悟りながら成長するようになる。そして父が母に対する態度と母が父に対する態度を通じて子女たちは男性と女性の正しい関係を学ぶようになる。したがって父母は子女の為の正しい先例(模範)を立てなければならない。もし夫と妻が互いに違う道に行くことによって家庭の中に2つの基準が存在するなら、その子女たちは二重の定規を持ったまま成長するようになり、神様の真の息子娘として成長することは難しい。ひとえに神様を中心とした一つの基準を持った家庭にならなければならない。特に夫婦がこの基準を立てなければならない。

このように男性と女性が家庭を成すことによって各々独特で固有の「位置と役割」を持つようになる。男性は息子の位置・兄の位置・夫の位置・父の位置で役割を果たすようになり、女性は娘の位置・妹の位置・妻の位置・母の位置として役割を果たすようになる。そして各自の位置に合った性の役割を遂行することによって四大心情圏を完成しなければならない。即ち、男性は真の息子の愛・真の兄の愛・真の夫の愛・真の父の愛など男性の四大心情圏を完成しなければならず、女性は真の娘の愛・真の妹の愛・真の妻の愛・真の母の愛など女性の四大心情圏を完成しなければならないのである。

三大王権の完成


神様の創造目的である神様中心の理想家庭はどのように実現するのか。第2に神様を中心として三代圏の家庭を成し三大王権を完成することによって実現する。国家の主権が国民にあり、国民が選出した代表者が主権者として国民全体の利益と権益の為に国を統治する共和国体制が普遍化された現代社会において「王権」という表現は誤解されやすい。しかし、三大王権の「王権」は一般的な概念、即ち立法・司法・行政の全ての権限が一人に帰属され絶対権力を行使させてきた16~18世紀のヨーロッパや朝鮮時代の王権の概念とは違う。

三大王権における「王権」は神様の主権を現わす言葉である。神様の主権とは全ての被造物を創造された創造主である神様が持つ最高の権威を現わす言葉として、3つの意味がある。第1に神様の主権は神様の直接主管を表わす。神様の真の愛の主権が人類に及び、人類が神様の下の一家族として生きていくことを意味する。第2に神様の主権は、神様が人間を創造された後はるか遠くから人間を見守る超越者や審判者ではなく、人間と父子関係を結び人間と共におられるということを意味する。第3に神様の主権は、世俗的王が軍事力や絶対化された権力を通じて相手を屈服させるのとは違い、ご自身が子女として創造した人間の尊厳と価値を現わすことを意味する。まるで自らは目に見えないけれども他の対象が見えるようにする光のように、神様ご自身は人間の目に見えないままで存在しながら、もっぱら愛の相手として創造した人間のみを見えるようにされる。このような神様の主権が実現した地上天国が正に神様の国である。

このような神主権の国、神様の国が始まり永遠に実体化される所が神様を中心とした三代圏の家庭であり、それが正に三大王権の完成である。真のお父様は平和メッセージ3において「三大王権は神様の永遠の主権を表わす。即ち神様の主権が過去・現在・未来に現われ実体化されるのである 」と語られた。一つの家庭の中で過去を代表する祖父母の位置におられる神様・現在を代表する夫婦・未来を代表する子女が三代圏を形成することによって父母世代と子女世代が各々神様と父子関係を結んで神様の主権を実体化するようになる。そして父母が祖父母の位置に進むようになると過去を代表し、子女が父母の位置に進めば現在を代表し孫が未来を代表するようになる。このように後代を通じて神様を中心として三代が持続的につながりながら神様の主権が永続されるのである。それゆえ原理講論第1章の創造原理には、神様の創造目的である「四位基台は正分合作用による神様・夫婦・子女の3段階として完成される 」と記述されている。

血統の重要性と長子権


このように神様が三代にわたり人間と父子関係を結んで神様の主権を実体化することは非常に重要だが、この為に神様の愛と生命を合わせて創造されたのが血統である 。真のお父様は平和メッセージ7で血統の重要性について次のように語られた。

“血統の重要性はいくら強調しても足りないということを皆さんも肝に銘じて下さい。父子間の関係こそが全ての関係の中で最高かつ最上の関係だからです。神様の血統を伝授してあげ永存させることができる唯一の道、正に親子間の血統関係しかないという事実をはっきりと知らなければなりません.”

神様の血統が2世代で終わらず3世代にまで続いてこそ神様の愛の伝統が残され、神様の生命の息吹が受け継がれ続けるのである。

このように重要な血統を縦的に受け継ぐ権限と責任が長子権であり、神様を中心として三代の長子権が立てられることを三大王権の縦的軸と言う。それゆえ真のお父様は2001年5月27日に “本然のエデンの園で長子の立場にいたアダムが神様の真の愛と真の血統を連結させて… ”と語られた。アダムは神様が創造した唯一の息子だが、なぜ彼を長子と言われたのだろうか。その理由は、長子とは単に生まれた順序からの第1を意味するのではなく、神様の血統を縦的に後代に受け継がせる責任と権限を持った息子という意味である。アダムは神様の唯一の息子だが、神様の血統を縦的に後代に受け継がせる立場だから長子なのである。メシヤとして来られたイエス様も同じだ。イエス様は神様の唯一の息子・独生子として生まれ、神様の血統を縦的に後代に受け継がせる責任と権限を持った立場なので長子である。したがって真のお父様はイエス様について次のように語られた。

“イエス様が来ることによって初めて独生子という、神様を中心として失われたこの歴史時代に、初めて神様から愛され得る血統的内容を中心として、初めて地球星に独生子が生まれたというのです。長男が生まれたというのです.”

また真のお父様はアダム家庭の子女の世代にも長子権が立てられなければならないとして、1999年4月26日に 次のように語られた。

“アダムの息子娘がどんなに多くても長子を中心として国が連結されるのです…長子が系統を引き継ぐのです,”

縦的に天の血統を後代に受け継がせて、神様の主権を代表する人、数多くの子女の中のその一人が正に長子権を持った息子だ。それゆえ神様と父の関係、父と息子の関係が堅固に立てられることによって 三大王権の縦的軸が定着しなければならない。

このような三大王権の縦的軸が立てられた真の家庭は神様の主権が実体化された根の家庭になり、その神様の主権を国家と世界にまで拡大し定着させなければならない。したがって真のお父様は平和メッセージ3で「地上天国の根が下りている所がそういう家庭です。永遠に続く王権の根もここに定着するのです。人類が一家族になって互いに心の壁を無くして国家間の国境までも除去しようという共生共栄共義社会の実現運動もこうした家庭から始まるのです 」と語られた。このように神主権の理想家庭を実現し、その基盤の上に平和理想世界王国を建設することが神様の摂理の方向であり目標である。

摂理の中心は神様


このように創造目的と原理を立てた方、その目的を実現する為に人間に責任分担を賦与された方、 そして人類の先祖であるアダム家庭で成就できなかった創造目的を実現する為に復帰摂理歴史を血の涙で導いてこられた方は、他ならぬ「神様」である。摂理の中心は神様であられる。

しかし天宙史的大混乱以来、摂理の中心は神様というあまりにも自明なこの真理が根こそぎ動揺させられている。現独生女教団の指導者たちは祝福家庭たちに摂理の中心は神様ではなく真の父母だと教えている。その一つの例として、2018年4月3~5日、当時世界本部対外協力室長だった趙誠一は巡回講演をして真の父母様の絶対的位相を語るとの名分の下に、「UCI側で摂理の中心は真の父母様ではなく神様という誤った主張をするが、これは真の父母様の位相を崩そうとするもの」と非難した。摂理の中心が神様だとする理由が真の父母様を否定し、その位相を崩す為のものなので、食口たちは摂理の中心が真の父母様であることを明確に知らなければならないという煽動を恣(ほしいまま)にしたのである。

そうであるならば現独生女教団の指導者たちはなぜ摂理の中心が神様ではなく真の父母様だと主張するのか。それはメシヤに対する理解が間違っているからである。したがって2番目の根本質問である「メシヤは如何なる方であり、使命は何か」に対し原理に立脚して正しく理解することが非常に重要だ。

カテゴリー: 原理的観点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。