(※今回もパイオニアカフェの投稿の翻訳です。正確な情報であると確認できたため、こちらに掲載します)

 

ブラジルの教会資産、安値却中

のお父が選定なさった聖地の建物も

ブラジルの家庭連合が8300万レアル(1600万ドル)の罰金納で破産寸前に追いまれていて、ブラジル家庭連合の佐長は、全ブラジル食口に7日食を指示したという衝的なニュスが知られた直後、ブラジルのニュスがいて入ってきている。

今回はブラジル教会片っ端から教会資産を却中というニュスだ。却資産の中にはのお父が聖地に選定された公館の建物も含まれています。

ブラジル家庭連合はすでにリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)の教会の建物をある非体に却した。下のユチュブ映像で紹介されている建物である。

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=KBU-pSZVJHw&feature=youtu.be

2020年2月には、カムポグランデ(Campo Grande)の教会の建物1万レアル(約189万ドル、22億4500万ウォン)でれた。のお父教会を建てろと下賜された資金で購入した建物である。

クリチバ市(Curitiba)にあるサウスガデン(South Garden)の建物も現在りに出されている。ここは、アメリカ、ニュクのイストガデン(East Garden)と同念でのお父が公館に使用するために購入なさった所であり、聖地に選定してくださった所でもある。下記、地域の不動産物件を紹介するウェブサイトを見ると、その建物の面積は6,527平方メトルで、格は750万レアル(約142万ドル、韓ウォン、16億8300万ウォン)だ。

https://bit.ly/3AvWGTo

この他にもマットグロッソスル州(Mato Grosso do Sul)とジャルディン地域にある多くの農場がすでにれたり、現在りに出されている。のお父が直接精誠をめられ設立したニュプ農場である。

のお父は、1995年3月31日、ブラジルサンパウロで第2次40年路程の出を知らせる「サンパウロ宣言」を表なさり、南米、ブラジルとパラグアイなどに億坪の土地を購入し、理想村を建設するという構想を表された。それからもうじき30年とうとするこの時点で、のお父の南米理の前哨基地であったブラジルの教会資産は、られていき、教会全体が破産寸前の態に置かれている。

幸いなことは、パラグアイの土地のほとんどは、文顯進長のリシップのもと、しっかりと守られているということである。もしこの土地さえ家庭連合が滅茶苦茶な管理をした場合、ブラジルと同じようにすっかり吹っ飛んでいったことだろう。

 

👉緊急!ブラジルの家庭連合没収の危機!!!!!

👉緊急ニュース!パンタナール土地所有権訴訟に決着!!

👉「お父様は原罪あり」法廷記録に残る韓鶴子女史の発言①

 

カテゴリー: 真実

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。