家庭連合で世界宣教本部事務総長のユン・ヨンホ氏や室長のチョ・ソンイル氏が声高に宣伝していることがある。「ジンバブエ使徒キリスト教会の会長であり、800万信徒を従えるウンダンガ氏が、その800万信徒をひきつれてお母様に従った」とか、「ジンバブエ使徒キリスト教会の団体名自体を家庭連合へと変更した」というような話である。

この話が本当かどうか、現地の新聞記事を紹介しようと思う。(翻訳に協力してくださったSさんに感謝します)

≪新聞記事の要点≫

●ウンダンガ氏は昨年11月に打倒された独裁者ムガベ大統領の妻、グレース夫人と蜜月関係であったし、彼女を支えるG40というグループを支持していた。

●ウンダンガ氏はACCZ(ジンバブエ使徒キリスト教会)の憲法に違反したと同僚から告発された。

●ウンダンガ氏は自らを自分の教団(ACCZ)の終身会長にしようとしたが、反対にあった。

●ウンダンガ氏は67000ドルを横領した疑惑もある。

●ウンダンガ氏は満場一致でACCZの会長職を解かれた。

●ACCZの新しい会長は教団内の規則にしたがって選ばれる。

●ウンダンガ氏は自らにかけられた疑惑を否定しており、同僚たちの方が腐敗していると主張。

 

——– 以下、新聞記事 ——–

Zimbabwe: Bishop Ndanga Fired Over Grace, G40 Connections

ジンバブエ:ウンダンガ司教が、グレース前大統領夫人やG40とのつながりを問題視され解雇される
(2017年12月22日オールアフリカ新聞)

http://allafrica.com/stories/201712230006.html


First Lady Grace Mugabe and Bishop Ndanga greets congregants at a rally

ファーストレディーのグレース・ムガベ氏とウンダンガ司教が、ラリーで会衆と向き合う。

By Staff Reporter
Apostolic Christian Council of Zimbabwe (ACCZ) Archbishop, Johannis Nyamwa Ndanga, has been recalled as president of the sect for meddling in politics and supporting Former First Lady Grace Mugabe and her G40 crew.

ジンバブエ使徒キリスト教会の大司教であるウンダンガ氏は政治に介入し、前大統領夫人であるグレース・ムガベ氏と彼女のG40のメンバーをサポートしたとして会長職から解任されました。

Ndanga, who used to accompany Grace during her rallies, is accused by fellow clerics of violating the ACCZ constitution.

ウンダンガ氏は、彼女の大会中グレースとよく一緒だったが、同僚の聖書者たちに、ACCZの憲法に違反したと告発されています。

Speaking during a press conference in Harare Friday, one of the elders of the ACCZ Archbishop, Lameck Chitope, said government had ordered the removal of the Archbishop for openly supporting Grace who called for the expulsion of former Vice President Emmerson Mnangagwa who is now the country’s President.

金曜日Harareでの記者会見の際、ACCZの大司教の長老の一人であるLameck Chitope氏は、「政府は、現在の大統領であるエマーソン・ムナガングワが副大統領であった時に彼を追放するように求めたグレース氏を公の場で支持したウンダンガ氏を、解雇するように求めてきた」と言います。

“The government no longer wants Ndanga to lead our Church after his involvement in politics after the Grace Mugabe ‘Super Sunday’ rally in Mbare. There could have been other problems in the Church but on this ‘Super Sunday’ rally all problems within the church started. Ndanga belongs to the G40. I have been tasked by the government to discuss these issues with him but, he has failed to turn up to resolve the issues,” said Chitope.

“政府は、ウンダンガ氏がMbareでのグレース・ムガベ氏のスーパーサンデー大会の後、彼が自ら政治に巻き込まれるようにしたので、これ以上私たちの教会のリーダーであってほしくないと考えました。 教会内に他の問題もありましたが、このスーパーサンデー大会にて教会内のすべての問題が始まりました。ウンダンガ氏はG40に所属しています。私は政府に、彼と話し合う仕事を任されましたが、彼に問題を解決するという気持ちはありませんでした”とChitope氏は言います。

“Even at the inauguration of President Mnangagwa, the Archbishop did not recognise our new President and did not even greet him,” Chitope added.

ムナガングワ大統領の就任式の後も、ウンダンガ氏は新しい大統領を認めず、挨拶さえしようとしませんでした。”とChiptope氏はいいます。

Archbishop Ndanga, who has claimed to be Life President of ACCZ, also faces other accusations by his church members among them the violation of church operational tenets and mandates. These include the alleged manipulation of the ACCZ appointment of patrons and failure to run the Council.

ウンダンガ大司教は、自らをACCZの終身会長であると宣言しましたが、他の聖職者たちから、教会運営上の教義や命令に従わなかったとも讒訴されています。例えば、ACCZの後援者の任命を恣意的に行ったとか、評議会をきちんと運営できなかったなどです。

He also stands accused of misappropriating church funds amounting to more than $67 000.
彼には、さらに、67000ドル以上にも達する教会の財産を横領したという声もあります。

“The constitutional violations have triggered and raised grievous concerns among many bishops whose churches are affiliated to ACCZ and have unanimously recommended the recalling of Archbishop Ndanga,” said Archbishop Obert Vurayayi Matsveru, ACCZ deputy Secretary General.

“このような憲法の違反により、ACCZに所属する教会の多くの司教の間に悲しみを与えるとともに、ウンダンガ大司教を解任するように満場一致することになった。” とMatsuveru大司教(ACCZの事務局長代理)が言います。

Ndanga has been given 14 working days to respond to the allegations.

このような嫌疑に対して回答するように14営業日の猶予が与えられました。

His Deputy, Archbishop Erizari Jaramba, will be Acting President of the ACCZ until 90 days after which a special Congress will sit to choose the next President according to the constitution.

彼の代理人であるJaramba大司教が、今後90間はACCZの執行会長になります。そのあと、憲法に従って新しい会長を選ぶ特別会議が開かれます。

Asked for response, Ndanga dismissed the allegations against him accusing fellow clerics of corruption.

ウンダンガ氏に返答を求めたところ、彼は彼に対する嫌疑をはねつけ、逆に彼の同僚の聖職者たちが腐敗していると攻撃しました。

カテゴリー: 真実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。