お母様は「独生女」を主張されながら真のお父様の血統と権威を否定され、真のお父様を裏切るという衝撃的な道を歩まれている。2014年7月1日、天正宮での訓読会の時から、お母様は次のように語っておられる。

「血統転換、私は母胎からだ。皆さんはそれを信じなければなりません。アボジの歴史はイエス様の顕現と共にイエス様の責任を継承したその時、その瞬間からお父様はひとり息子としての資格です。分かりますか。それを知らなければなりません。今までの2千年の歴史は独生女を探し求めてきた歴史です。その歴史的な秘密を私は明らかにしています」(2014年7月1日、天正宮訓読会)

「私がこの位置に立つまでは天の保護圏にいました。私を教育した人はいません。ひとり息子と独生女は同等です。ひとり息子が独生女を教育したとは言えません。どういう話か分かりますか。ですから私が決めるのです。私が決意するのです」(2014年10月27日、天正宮、世界指導者特別会議)

「私がアボジに初めて会った時、摂理歴史を知り、蕩減復帰摂理歴史も知りました。私は原理を勉強したこともありませんでしたが、それでも分かりました」(「統一世界「2013年9月号、2013年8月24日)

「私はお腹の中にいた時から3代続くひとり娘の母系として血統を転換し、原罪を精算し、純血に生まれた独生女です。しかしアボジは原罪を持って生まれました」(2016年12月25日、天正宮)

「原罪を持って生まれたアボジは、私、原罪なく地上に生まれた独生女に会って、原罪が清算されたのです」(2016年12月30日、天正宮)

統一教会の指導者たちは、お母様の「独生女」主張を擁護している。その代表的な人物がキム・ジンチュン氏である。彼は2017年3月に「ひとり息子、独生女、真の父母様」という文を通して「真のお母様が強調されるように、今、真実を明らかにする時となった」(p.59)と主張している。彼が言う真実とは何なのか。真のお父様に対し「ひとり息子としての出発は、誕生した時ではなくメシアの使命を受け継いだ16歳の時だった」(p。41)と言い、お母様に対しては「真のお父様とは異なり、真のお母様は血統転換を通して天の血統を持って生まれなければならなかった。つまり、原罪のない独生女の立場で誕生しなければならなかった」(p.42)というのである。キム・ジンチュン氏のこういった主張の延長線上にアメリカ統一神学大学院(UTS)の教授であるミクラー氏は、2017年の夏、ヨーロッパで開かれた宗教セミナーで「文牧師は原罪を持って生まれた」と暴言した。

お母様による「独生女」主張の意味するところは、神様の主権と血統を持ってこの地にひとり子として誕生された真のお父様のメシアとしての権威を否定し、生涯のすべてを嘲笑し破壊するものである。そしてそれは、お母様が真のメシアであることを宣言され、お母様の血統と権威を中心にした真のお父様とは関係のない新しい宗教を創設したことを意味する。このようなお母様による真のお父様に対する衝撃的な裏切りにより、現統一教会をして「独生女教」と呼ばれるようになったほどである。

お母様が真のお父様とは全く違う道を歩まれていることが明らかであるにもかかわらず、統一教会の指導者たちはこのようなお母様に対し、祝福家庭に「真のお母様は真のお父様とひとつである」と教えている。これは真のお父様に対するお母様の裏切り行為を正当化し、祝福家庭を欺瞞することによってお母様に従い、真のお父様とは何の関係もない道を歩んでいる自身を合理化するための策略であり、罪である。

祝福家庭はそのような欺瞞にもてあそばれ、指導者に同調し「これまで独生女が分からなかったこと悔い改めます」という祈祷を続けなければならないのだろうか。祝福家庭によるそのような態度は、お母様をさらに煽り、危険な断崖絶壁に押し出しているようなものである。今、祝福家庭のお母様のための正しい道は、独生女主張の問題とその危険性を明らかに理解し、非原理的で反摂理的な断崖の絶壁に立たれているお母様による「独生女」に従うことを止めなければならない。お母様が思いとどまり、振り返って、神様と真のお父様の手をもう一度つかまれるようにすることである。

 「独生女」主張の問題点

お母様による独生女主張は、聖書に書かれていることや自然の法則、そして原理を根元から違反している。アダムとエバの創造が記録されている創世記2章19節から23節の内容を見ると、アダムがすべての生き物の名前をつけている。そのようなことができる理由は、アダムがアイデンティティの根である種を持っているからである。そして、神様はアダムの助け手がいないので、アダムのあばら骨を取って女を創られた。そのため、アダムは「これは私の骨の中の骨であり、肉の中の肉である。これは男からでてきたので、すなわち女である」と言ったのである。アダムが種を持っており、女はその種から始まった。これはエバのアイデンティティがアダムとは関係なく独立して規定されることはないということを意味し、エバとの関係におけるアダムの主体性を示している。

自然界を見ても種はアイデンティティの根を示す。そのため、リンゴの木の種は韓国に植えても日本に植えてもアメリカに植えても、どこに植えても種が撒かれたところからは必ずリンゴの木が育つ。種がリンゴの種であるため、環境が変わってもその種によってリンゴの木と呼ばれるアイデンティティが維持されるのである。

原理的に見ると男性と女性は神様の二性性相をそれぞれ代表して創られた。男性は権威、力、血統といった神様の男性像と主体性を代表して創られた。女性は恩恵、無条件の愛、生命などといった神様の女性像と対象性を代表して創られた。このようにしてそれぞれが神様の二性性相を代表して創られた男性と女性は、真の愛を中心として、お互いに相手の足りない部分を補い合う相互補完的な関係を結ぶようになっている。

アダムとエバはこのような創造本然の男性と女性の正しい先例を立てなければならない歴史的な人物であった。しかし彼らは失敗した。そのため神様は蕩減復帰の過程において失敗したアダムの代わりに、原罪のない、サタンの血統とは無関係な立場から、サタンが所有権を主張することのできない「神の愛と生命の種を持った息子、ひとり息子であるメシアを誕生させた。(「み言葉選集」285巻、p.24、1997年4月19日;「救援摂理史の原理観」、「真の家庭と世界平和:真の父母様成約時代講演集」2000年)。そのため来られるメシアは、人間始祖による堕落によって、神様との最も重要な関係、父子の関係を失った人類に、神様、真の愛、真の生命、真の血統による父子関係を結ぶことができるようにする。そして、そのような神様の息子によって失敗したエバを代身する女性が立てられ、神様の娘として再創造されるのである。したがって神様は、キリスト教の2000年を通して再臨メシヤ降臨のための摂理を進められ、その基盤の上に真のお父様が誕生された。真のお父様は神様の真の愛と真の生命、真の血統の種を持って来られ、失敗したエバを代身することのできる女性を選択されるのであるが、その女性こそがお母様である。お母様は失敗したエバを代身して神様の女性像を代表する実体となり、後世のための正しい先例を立てなければならない。そして真のお父様との関係においては、真なる妹として、また妻として、対象性を示さなければならない。

1992年度に真のお父様が女性時代を宣言されたのは、この地に真の父母が定着するためにはこのような女性の代表としてのお母様の役割が重要だからであった。お母様が真のお父様と共に真の父母様として立つことのできる資格を備えなければならない時代だということである。真のお父様が失敗したアダムを代身する神様の男性像を代表する実体であるように、お母様は失敗したエバを代身する神様の女性像を代表する実体とならなければならない時であったのである。

しかし、今のお母様のよる「独生女」主張は、本来の女性の役割とは全く関係のないものであり、失敗したエバを代身して復帰されたエバとして勝利しなければならないお母様の責任とも無関係なものである。

真のお父様の教えとは相反する「独生女」主張

お母様の独生女主張は真のお父様の教えとは全く異なるものである。

1.お母様の血統と資格について

真のお父様のみ言葉によると、お母様は生まれる前から血統が転換されていたわけではなかった。

「皆さん、お母様は生まれた時から、王女として、オモニという再臨主の夫人として生まれたと思いますか。どうですか。堕落した血統に生まれました」(「み言葉選集」461巻、p.26、2004年7月19日)

お母様は真のお父様とは関係なくその位置に立たれたわけではない。自分で原理が分かったわけではないことを真のお父様は明らかにされている。

「オモニも先生が立ててあげなければオモニとして立つことができません。アダムに似せてエバを創ったでしょう。完成したアダムに似せて合うように創られました」(「み言葉選集」283巻、p.30、1997年4月8日)

「アダム家庭において一代で理想的な夫婦として立つことが出来ず、堕落した夫婦となって世界を台無しにしてしまい、4千年の歴史を再臨の時まで引き伸ばしてきたものを先生夫婦が整備しなければならないのですが、オモニに原理が分かりますか。原理が分からないのです。何も知らないのです。先生が教育して、夫の役割もしなければなりません。家長の役割もしなければなりません。宗族長の役割もしなければなりません。宗教圏の代表、天の全権を中心として代表に立ったと考えた時、どれほど深刻だったと思いますか」(「統一世界」2001年6月号、p.25、2001年4月18日)

また、真のお父様のみ言葉によると、お母様が最初から真のお父様の配偶者として予定されていたわけでもない。なぜなら本来、お母様の位置は聖進様の母親が立たなければならなかったからである。

「キリスト教が聖霊(母)を中心として、来られる主の前に実体の花嫁となることのできる基準と、息子娘の家庭とを連結させなければなりません。それが何かというと、キリスト教が反対しなければ聖進の母親がその位置に立ち、聖進がその位置に立ったのです」 (「み言葉選集」362巻、p.123、2001年12月9日)

「聖進の母親が反対しなければ、既成教会が反対しなければ、そうすればその時から祝福を始めることができたのです。祝福。そうなっていたらここにいるオモニはオモニではありません… 。世界が変わりました。オモニも違っていたはずです… 」(「み言葉選集」484巻、p.129、2005年1月22日)

そして真のお父様は、お母様がエバの主管性転倒の失敗を勝利的に復帰することを期待されながら、お母様がご自分を中心に考えているという高慢を警戒された。

「先生を絶対的に信じるしかありませんでした。それを超えなければなりません。ですから、全部不信してしまったエバの歴史を蕩減しなければならないのです。それまで、条件行動をオモニがしてはならないというのです。ですからオモニは先生を利用しようという心を持ってはいけないというのです。オモニのためにそうするという気持ちを持たなければなりまん。主管性転倒したことを復帰しなければ解放圏にならないのです」(「み言葉選集」312巻、p.184、1999年10月15日)

「オモニも、これからは、自分勝手に考えてはいけません。『アボジも私がいなければ完成できない』そのように考えてはいけないのです…分かりましたか。私も今、神様の前で『神様、私がすべての絶対価値を連結したので、私がいないと神様は困ってしまうのではありませんか。私の言うとおりにしてください』などとは言えないのです。私にはできないというのです」(「み言葉選集」491巻、p.247、2005年3月22日)

しかしお母様は、ご自身の志を立てられ、真のお父様とひとつになれないまま、ご自身の望まれるままの道を歩まれ始めた。このことを真のお父様も嘆いておられた。

「一人の女性を育てて理想的な妻にすることが世界統一よりも難しい。『宇宙主管を望む前に自己主管を完成させろ』ということよりももっと難しいのです。それがオモニには分からない。今、聞いていると思いますが、これからは理解しないと。一昨日の話、『先生は原理的にしますが、私はできません』と言うのです。それ以上に恐ろしい言葉がどこにありますか。目の前で、ためらいもせずに」(「み言葉選集」488巻、p.156、2005年2月21日)

「オモニは、自分が6歳の時に僧侶が現れて、ひとり娘を連れた大母様に『心配しなくていい。この娘は大きくなると陸海空軍を動かす世界のボスと結婚する』と言われたと言って、それを今まで自慢してました。オモニはそのことを信じていました。私の話は信じないのに」(「み言葉選集」491巻、p.258、2005年3月22日)

2.真のお父様の血統と資格について

真のお父様は、お父様の天の血統と無原罪誕生について疑うことに関し、原理と摂理に反する主張であると嘆いておられた。

「先生が堕落した血統なのか、きれいな血統なのか。皆さんには自信がありますか。…どうして代わりに神様の血統に連結させることができますか。原理を解釈することもできない人に、何、先生は純血なのか、どんな血かって。…先生の血がどうしたって」 (「み言葉選集」608巻、p.304、2009年2月28日)

「先生は堕落の血統とは関係がないのです。それを知らなければなりません。『先生は堕落した血統に生まれ… 』とそのような考えをしてい人は狂った人たちです。原理が分かっていません」(「み言葉選集」真本611巻、pp.307-8)

「皆さんが『先生も堕落した後孫だから血統を復帰しなければならない』と言うかもしれませんが、堕落した血統にある者がどうして復帰できますか。どうしてメシアになれますか」(「未出版のみ言葉選集」、2010年2月7日)

「神様は原罪のある先生を使うと思いますか。…先生に原罪があるとかないとかを自分たちで決めることができますか。無駄なことをしています」(「み言葉選集」真本608巻、p.276)

解決策

お母様の「独生女」主張は、聖書、自然法、原理に反している。そして真のお父様の教えと歴史的事実とも全然違う。「独生女」主張は、お母様にとって、真のお父様との関係において主管性を転倒し、真のお父様とは全く違う道を歩むことによって、神様の摂理を妨害する危険な主張である。

真のお父様には神様の息子として神様の血統と主権を代表する権威がある。しかし、祝福家庭が真のお父様に従う理由はそれだけが理由ではない。真のお父様は神様の男性像を代表し、息子の位置、兄の位置、夫の位置、父の位置から真なる真の愛を完成した道徳的権威を示してくださった。そのようなみ言葉や生の中に私たちは感動した。

お母様の権威は、真のお父様の位置に立ったり、主管性を転倒して真のお父様より上に立つことによって絶対に立てられるものではない。その権威は神様の前に真なる娘の愛、真のお父様の前に真なる妹や妻の愛、真の子女様と人類の前に真なる母の愛を完成することによって自然に生じる真の愛の道徳的権威として生じるものである。

真のお父様が生涯においてその責任を果たされても、お母様が責任を果たせないことにより、真の父母様の位置はいまだに定着できていない。お母様がさらに続けてこのような道を歩まれれば、真のお父様とお母様は永遠に違う道を歩むこととなり、真の父母様は当代で定着できなくなる。このような天宙史的な悲劇が目前に迫っている。

このようなすべてのことをきれいに整理し、新しい出発をするための唯一の道は、このような問題を起こしてきた張本人であるお母様が、神様と真のお父様の前に悔い改めて本然の位置に戻られることである。お母様が一日も早く危険極まりない「独生女」主張から抜け出され、神様の女性像の正しい先例を立てられ、真のお父様と絶対的にひとつになった復帰されたエバとして勝利され、永遠に尊敬され記憶されることを願います。

カテゴリー: 意見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。