10年間の沈黙を破って語り始めた郭錠煥先生。第二回の今回は、「天の父母様聖会」への名称変更が何を意味しているのかについて、原理的・摂理的観点から「フェミニズムの影響」「宗教時代へ逆行」と明確に指摘されています。

※インタビューの動画をご覧になりたい方は、こちら

第二編『天の父母様聖会?真のお父様と無関係』

インタビュアー:
今、お母様が行かれている歩みがあまりにも心配で、沈没寸前だとまでおっしゃっていましたが、つい最近は実際に名前まで変わりました。

家庭連合という名前を捨てて天の父母様教団、最近では天の父母様聖会に変更しました。その内容については書信でも言及しておられますが、それについてどのように見ておられるのか、書かれた書信も読みましたがもう少し詳しく、原理的な立場で説明していただけると有り難いです。

郭会長:
はい、これはとても重要です。お母様のみ言葉のままに言えば、統一教会でもなく家庭連合でもなく、天の父母様教団だと宣言的に語られる動画で私も聞きました。本当に…これほど反摂理的で非原理的な表現はないと思います。

神様はお父様の教えによって私たち誰もが知っているように、ただ超越者・救援者としておられるだけではなく、私たち人間を子女とされる父であられるのです。

特にお父様が究明された原理と統一思想によれば、神様は本性相と本形状の二性性相、本男性と本女性の二性性相の中和的主体であられます。このように定義されました。

ところがお母様の側では中和的主体であるという結論でもなく、本性である本性相・本形状でもなく、男性と本女性に集中して、そこに密かに直接・間接的に天の父ではなく、天の母を強調する内容が連結されています。

原理講論を見ると神様の位相は(地上に対して)本性相と本男性で、男性格主体としておられるというように表現されています。天の父ということです。

そして歴史的にも摂理的にも、他の教団でも神様を父と呼んでおり、お父様もそのように教えられました。

ところが、敢えて天の母のほうを強調されるお母様の説明と方向に対して残念に思いますが、不幸にも極端なフェミニズムの影響下にある神学に染まってしまって、そのように表現しているのではないかと思われます。

一言でフェミニズムと言っても種類が多く主張も違いますが、大きく2つの重要な共通点をそれらは持っています。一つは何かと言うと、男女関係を対立闘争の関係として見ているということです。

女性が個人主義・利己主義的な立場に立っているため、相手を対立闘争の対象と見ているのです。

2番目は、フェミニズムにおいて、女性の「性の自己決定権」は女性自身が持ち、それゆえ結婚もせずまた生活も独自的にすると主張しています。

さきほどの最初の条件は、お父様の教えと神様のこの宇宙の法則を見ると、主体・対象は相互補完的で相互協力的であり、相互交流して一つになるのです。

端的に言うと男女がどうして全く同じでしょうか。違います。

それゆえ女性と男性が合わさって互いを補完する、そうした授け受ける関係、互いに為に生きる関係がお父様の教えでありこれが天道です。宇宙自然万象がこの原理で動いています。

2番目にお父様が初めから直接的に、夫の性器は妻のものであり、妻の性器は夫のものという言葉で表現が全てされているように、最も貴いものを相手が持つようにしたため、お互いに相手を主人として為に生き合一して、調和を成すのだという原理やお父様の教えとは、(お母様の教えは)完全に相反する主張であるため、天の父母様教団はお父様の教えと神様の摂理全体から見ると、拠って立つ根拠のない誤りであり、誤った方向に導かれた主張であると見ています。

インタビュアー:統一教会時代・家庭連合時代、そして今や最後の完成期、天の父母様聖会時代だと区分していますが、これが真のお父様が家庭連合を創設されたのと比較してみると、多くの疑問が出て来るのも事実です。

郭会長:言うまでもありません。お父様が世界基督教統一神霊協会を立てられ、その基盤の上に40年の蕩減路程を経過された後に、家庭連合の新時代を開かれました。そういう立場からその貴い家庭連合ではないと言って除去し、結局は天の父母様教団、聖会…名前をどうつけたとしても、それは結局、宗教時代に行ってしまうのではないでしょうか。

お父様は既に統一教会の時代を終えると共に、宗教時代を終えられましたから、これは摂理歴史に逆行するものです。

インタビュアー:書信で何と表現されたかと言えば、「90年代に成約時代を開門され家庭連合を創設された時、どれほど感慨無量であられたか、この摂理組織の創設準備を陣頭指揮し、初代世界会長を歴任してきた自分自身が鮮明に記憶しています」と綴っておられますが、当時、真のお父様が家庭連合を創設された意味が何だったのか。その時にお父様の心がどうだったのでしょうか。

郭会長:私たちがお父様の立場を一度振り返ってみると、お父様は天が準備された第3アダムであり、メシヤであり、再臨主ではないですか。

そのように貴いお父様を準備されながら、天が予め準備した足場が世界的なキリスト教です。

ところが不幸にもキリスト教がお父様に反対し抵抗することによって、お父様は本来行かれるべき再臨主・メシヤ・救世主としての道を行かれることができませんでした。千辛万苦を経て世界基督教統一神霊協会を創られ、40年間喪失した蘇生旧約、長成新約時代の全ての条件を勝利的に蕩減された基盤の上で、世界基督教統一神霊協会40周年記念式の式場で、歴史的な宣言をされました。

その時から3~4年間本当に真のお父様の心境は、心情は、解放と感激の連続でした。

その日に何とおっしゃったかと言うと「これで宗教時代は終わる。過ぎていくのだ。これから家庭連合の時代が来る。お前達が今の今まで暗誦してきた私の誓いに代わり、今日から私が与えるこの家庭盟誓を暗誦しながら、家庭連合時代に入っていく。神様は救援者の立場ではなく私たちの父であられるので、各家庭で侍り侍義時代・成約時代に入らなければならない」

あらゆる条件を世界的に全て合わせながら、その期間にお父様が世界的な大会・機構、多くの活動をされて2年が過ぎた1996年7月にアメリカの首都ワシントンD.Cで、世界平和統一家庭連合世界大会を実体的に宣布されました。本当に喜ばれました。

3,500人の綺羅星のような世界各界の指導者が集まりました。その人々を前にして、本当に歴史的な宣言をかくも自信をもってされました。

「今日から宗教時代が終わるので、私から世界基督教統一神霊協会、いわゆる統一教会の看板を下ろします。今や宗教時代は終わりました。これからは私たちが神様を父として、それぞれの家庭で侍り生活する、そのような家庭連合時代が出発します」

その日フォード米国元大統領・ヒース英国元首相を始めとして、全宗教の全ての最高指導者が来て、その次に学界や言論界・その上に国連大使・米国在住の外国大使、本当に驚くべき大会において、そのようにお父様は喜ばれながら宣布されました。

家庭連合を私たちは普通に、ただ単に摂理の中の一つの機構と思ってはならないのです。これはアダムの堕落直前までの堕落により失われた蘇生旧約時代・長成新約時代を超えて、歴史的な摂理の大転換を導いて行くべき中心機構であり、完成成約時代の中心機構を出発なさることになるので、そのように感激されたのでした。

これは私たち全指導者と祝福家庭が絶対に忘れてはならない重要な摂理の大きな転機であり、お父様の偉業なのです。

第三編につづく

郭先生のインタビュー動画はこちら!

郭先生の書信『統一家の祝福家庭・兄弟姉妹に送る書信』はこちら!

郭先生の著書『事必帰正』全文はこちら!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。