私は2008年初め、MTFプログラムで南米ウルグアイの地で宣教活動をしていました。MTFは顯様が作られた夫婦宣教プログラムであり、STF過程を通じて神様との関係を結びアイデンティティを確立した上で、家庭単位で夫婦として公的な生活を送るための基準を立て挑戦する海外宣教プログラムです。

スペイン語も分からないまま投入された現場で神様の夢を実現したいという情熱だけを持って始まった路程でした。 夫婦が一緒に挑戦しなければならないという基準を提示してくださり、片方だけ参加していたメンバーたちも夫/を一緒に参加させて挑戦していました。夫はカープ活動、妻は成和学生教育というミッションを与えられ、平日は大学キャンパスに通プロジェクトを行い、週末には祝福家庭の子供たちを集めて教育およびプロジェクトを行いました。

ウルグアイで出会ったどもたちはとても可愛く、希望に満ちていました。しかし親たちは2世教育をどのようにすべきか悩みを抱えており長期休みごとに行われる原理講論の講義を聞く理論中心の教育が全てした。子どもたちも興味を見出せず難しい状況でした。そんな子どもたちを外に連れて行ってService for Peaceプロジェクト実施し真の愛の心情を成長させるための経験中心の教育を始めました。プロジェクト基金を集めるためにチームを組ファンドレイジングを行い、孤児院を訪問し交流して動物園に連れていくプロジェクトをました。その他にもチャレンジプログラム、GPF Musicプロジェクトなど学校の友達も呼んで毎週企画して実行し、とても貴重な時間を持つことができました。

南米におられた宣教師の方々も人生をかけて移民に来ていました。神様のみ旨を成そうと活動する1世の方々姿を目撃し人生の基準と公的な投入の精誠を見ることができました。私達を希望的に迎えて活動をするのに一心協力して下さり支援を惜しまなかった方々がとても頼もしく感謝でいっぱいでした。神様のみ旨を成すために一生を捧げる姿を通じて大きな教えを下さり手本を見せてくれました。

4月にはが南米を巡回し、国家指導者たちとミーティングを行い、北南米未来ビジョンを拡散しておられました2008年7月5日に開催されたGPF in Paraguayバス1台をレンタルし、片道20時間の距離を移動して子どもたちと一緒に参加してきました。

パラグアイの大勝利を目撃した矢先にお父様のヘリコプター事故が発生し、その一週間後にSTF/MTFプログラムが解散されましたそれは何があったのか把握さえできない状況であっという間に起こりました。私達はウルグアイ協会長、宣教師の方々、子どもたちと約束した期間があり、何より出発する時に誓った目標があったのでその状態で整理して帰ることができませんでした。決まっていた期間を全うして最後までやりたいという意思を伝え、2009年8月に活動を終えて帰ってきました。

韓国に帰って間も無く、お義さんが特別講義があると一緒に参加しようと教会へ向かいました。その時、72家庭の先輩が「は堕落したアダム」というテーマで食口達の前で講義をしていました。夫は講演の途中で怒って出て行きました。それ以来教会に行くことができませんでした。見たことも聞いたこともない話を伝えながら全国巡回し特別講義が行われどうにも理解し難い状況が繰り広げられていました。その内容は受け入れられるレベルではありませんでした。それが天宙史的葛藤だったと悟るまでには時間がかかったと思います

のOnlyNo,1基準と経験中心の心情教育

が立てようとされた基準は明確でした。なぜが私あそこまでも強く訓練し限界突破を叫びながら挑戦させたのか今になって分かる気がします。常にOnly No.1の基準を強調し、高い基準を立てるために崖っぷちに自らを追い込むように完全投入を指導されましたそして‘確信’‘情熱’

Only No.1の基準は順位を付けたり選抜するためのものではなく、より大きな目的に向かって突破口を見つけ、皆がついて行く高い基準を立て体を引き上げるための挑戦でした。心情文化創造の主人」に出てくるのお話で「平均が新しい基準になれば平均より優れた人は平均レベルに落ち、平均が最高の基準になるでしょう。こうなると平均はさらに下がることになり、結局これは衰退の公式になります」という内容があります。私達が絶えず成長を追求し、発展と革新の道を開拓していくためには、最高の基準に焦点を合わせ、その基準が全体の基準になり、また高い基準に向かって挑戦すること発展することができます。

私達が、ただを受け幸せに暮らす平凡な子女たちに成長するのを超え、世の中を変化させ真の文化を創造し、全体を導いていく先頭部隊としての役割を遂行する子女に成長することを願われました。それは私達がこれから持つべき責任の大きさを感じ、これからどれだけ強い風が吹き付けても揺れない根を深く下ろすためのものでした。

それは頭で理論的に理解することを越え、経験を通じて神様と心情的な基準で連結され共鳴できる天の基準を立てることに大きな核心があり、直接体験しながら学んだ教訓は完全に自らのものとして強力に残るからです。自らが定める限界を越え新しい基準を立てていくための挑戦を通じて新しい文化を創造する過程は、まるで親鳥が小鳥を巣から落として自ら翼を広げて飛ぶ方法を習得させるようにするようなものでした。完全に自らの力で飛べるよう挑戦課題にぶつかりながら心情で原則を学び実践することで成長していかなければならない過程は、唯一神様との関係性だけを通じてしか解答をることができないのでした。そして、その接点で夫婦が共にする時、大きな祝福の道が開かれ新しい機会が近づいてくると感じました

基準を高く上げよう

 皆さんがリーダーになりたいと願うなら、基準を高く設定しなければなりません。基準を高く設定すれば、皆さんに従ってくる人たちをも、その高い基準に引き上げることになります。やがてその基準に到達すれば、私たちの中で、その基準をさらに高く上げる人は誰ですかと尋ねなければなりません。それがリーダーシップです。二世のリーダーシップ養成に対する過去のパラダイムが思い出されます。

 過去の私達は、平均的基準をもとに、二世教育プログラムを作っていました。もし平均が基準となれば、平均的なレベルまで落ちてしまいます。そして、平均が最高の基準になるのです。すると、平均は下がってしまい、結局それは衰退の公式になってしまいます。それで、私はこのようにいました

“私たちはこれを変えるのです。若者は2番で満足しません。平凡な人になることや追従者に留まることに満足しないのです。ですから、私たちは高い基準を設定するのです。一旦、私達が彼らにかける期待値を基にして基準を立てれば、彼らはやがてその基準に到達するでしょう。そして、彼らがその基準に達した瞬間、さらにその基準を上げていくのです。

 このように基準を高く上げると、まず何人かの人がその基準に到達するでしょう。そして、高い基準を立てたという先例を足場として、中間レベルにいる他の人たちも、より高い基準に上がっていきます。一方、上位グループの中で、より優れた人たちが現れるでしょうし、彼らはその基準をさらに高くしていくでしょう。そうすれば、中間と下位レベルのグループの人たちも、その基準について来るようになります。このようにして、レベルを絶え間なく向上しなければならないのです。

 

 私は、STFの学生達が友人達と楽しく過ごす、骨抜きされたような万物復帰プログラムではなく、一世が通過しなければならなかった初期の訓練プログラムと同じくらい、厳しい規律のある教育プログラムを作らなければならないと言いました。彼らがそのプログラムを通過したら、私の次の指示は何だと思いますか。基準を更に高めるのです。そうしてこそ、未来に希望があるのです。

– 「神様の夢の実現」より抜粋 –

公的に生きる基準と神に侍る家庭の重要性

 STFの過程を通じて私と神様との関係を確立し、夫婦が一緒に宣教活動に挑戦するプログラムがMTFでした。究極的に夫婦が神様の夢を中心に一つになり、神様を代表する家庭を築くのに夫婦が一緒に公的な目的のために挑戦する過程は必ず必要な貴重な内容です。MTFメンバーとして宣教活動をする上で何の生活的活動的支援なしにすべてのことを準備して成し遂げなければならなかったので人生を捧げる基準での挑戦でした。飛行機の費用ら宣教での生活費、活動費すべてを自分たちで築いて行かねければならなかったので、24歳の幼い夫婦にとってはものすごい挑戦でした。

しかし知らない土地に置かれ頼れる人はお互いしかいない状況で、同じ目的を追求して挑戦した時間お互いの人生の目的と価値を合わせていかなければやり遂げられない状況でした。そのように家庭で天に侍り(迎え)基準を立てるための投入の過程そのものが大きな祝福であり、恩恵を受けることでした。は神様に侍って(神様を迎えて)暮らす家庭を通じて神様の文化を定着させ、強い根を下ろし、今後どんなことがあっても揺れ動かない土台を創るため夫婦宣教プログラムに挑戦させたのだと感じました。そのような家庭が多くなれば、神様と共に摂理を導いていく上で重要な基盤になるとおっしゃっいました。

STF3年過程とMTF宣教師プログラム

 皆さんの中で、高い山に登ったことがある人が何人いますか?高い頂上には、風がとても強く吹きます。そのような天気と風のため、山頂には草や動物がほとんど住むことができないのです。そこは岩だらけで、不毛の地です。そのような所で私達は、自分の内面をのぞき見るようになります。謙虚を学ぶようになり、感謝する心を持つようになります。そのような風が吹きつける、荒涼として所では、どんな男も女も皆、謙虚になります。この時、唯一、慰めを受けることができるのは、私達が神様の子女であり、神様の真の愛の中に抱かれているということを悟る時です。そのような経験をして山から下りれば、如何なる試練や挑戦を受けたとしても、自分は一人ではないということが分かるようになります。

 宣教師の人は立ってください。MTF(Missionary Task Force)メンバーです。今STF3年目ですね?1年目が何ですか?「万物復帰です」どうして万物復帰ですか?この世の中で、一番重要で貴重と思われるものがお金、権力と地位です。それは皆、物質的なものではないでしょうか?霊的な人生の目標に合わせて道を歩こうとすれば、世の中を支配するものから離れなければなりません。それで万物復帰とは、皆さんの苦労と内的な条件、流す血と汗と涙を通じて、世の中から物質を神様に奉献するという意味があります。堕落した世界と自分を引き離すのです。2年目は何をしますか?伝道です。皆さんはどのようにして原理の主人になることができますか?それは教えることが出来るときに主人となることができます。言葉だけではなく、自分の人生を通して、自分の侍る生活と伝統の基準で、教えることができなければなりません。ですから、伝道が必要なのです。3年目、STFは何をしますか?宣教師になるのです。このように、蘇生、長生、完成です。宣教師はすなわち神様、真の父母様、真の家庭を代表する立場であり、拡大された真の家庭の一員として、世界のために、神様の下の一家族の夢を成すための、メシアの使命を遂行するのです。それが皆さんの、真の父母様の真の代身者としての使命です。

 [MTFメンバーたちに] こちらを見てください。今日この場に14組の宣教師がいます。皆、夫婦として派遣されます。これからみなさんも宣教に出なければなりません。そうすることができますか?私がこの宣教師たちにお願いしたい条件があります。彼らがどの国から来たとしても、どのような家庭から来たとしても、自分の国家と家庭を愛する位、彼らの任地国を愛しなさいと言うことです。私は彼らに、もし1年間の宣教活動が終わって、2年、さらに3年残って、そこに自分の家を作って、その国を故郷にできるかと聞きました。ここにいる宣教師夫婦たちは、皆そうすることができると答えました。(拍手)皆さんはどうですか?そんなことができますか?

 考えて見てください。二世たち、特に二世指導者たちが、神様の下の一家族という夢に対して、それくらいの心構えと献身をすることができるなら、私たちが生きている間に、その夢が実現しないでしょうか?このような主人意識を相続した皆さんが家庭をなす時、皆さんの子女と孫が同じ主人意識を持って夢を成していけば、神様の摂理が私たちが生きている間に実現されるでしょう。アーメンアージュ!(アージュ!)

 サタンはこの循環を逆転させることができません。このような転換期に、二世たちが、神様の摂理に対して主人意識を持つのを見る時、私は大変幸せになります。今日は、天一国7年7月8日です。8数は新しい出発を意味します。今日私たちが、天一国7年7月8日にSTF総会を持つことは意義深いことです。この日、この宣教師夫婦は抽選を通して、それぞれの任地をもらいました。これは私たちの運動の歴史上、特に二世たちの転換点になると思います。

 皆さんの中には休学をし、多くの苦労をした人々がいることをよく知っています。しかし、そのようなことは、二次的な問題です。もっと重要なことは、皆さんがこの夢に対する主人になることです。私たちは、歴史上の大転換期に生きています。この時こそ、神様の下の一家族に対するみ言を、世界津々浦々に伝えて、この夢を実現することに集中しなければなりません。神様の下の一家族の夢を実現する、心情文化の真の主人になりますか?そのように決意するという人は、手を挙げて「アージュ」と叫んでください。(アージュ!)ありがとうございました。

– 「神様の夢の実現」より抜粋-

 宝石のような子どもたち

 「MTF」という単語を聞くたびに残念がられ「君たちに申し訳ない」という話をされるの姿を見ながら「その当時STF/MTFプログラムを中断させたことに一番心痛めておられた方はであり、神様だった。」と感じました。神様の夢を叶えるために生涯をかけて決意し準備した集まった子達を解散せたことは、一番大きな過ちだったと思いました。2008年当時、STF5期まではすべての路程を終えた状態でした。しかし、6期以降の子達は途中で解散させられました。MTF3期も教育路程を終え、任地の発令を待っていました。人生をかけて準備し、いかなる代価もなく挑戦すると集まった子達でした。個人的な目的ではなく、公的な動機と目的を持ってすべてを投入する準備ができた子達でした。熱い情熱と偉大な希望を胸にスタートラインに立っていました。

 しかしあまりにも突然で予告もなしに、何の説明も受けられないまま「各自の人生を生きろ」という全く相反するメッセージを投げかけられ、個人の人生を生きろと解散させられました。その子達はまるで急に息が詰まり真っ暗なところに投げ出されたかのように、暗く息苦しくもどかしい状況だったと思います。どんな挑戦も始められないまま立ち止まらなければならなかった状況だったのなら達成感や確信を持つことができず、唖然と混乱を経験したことでしょう。経験を通じて価値を体感し、人生に対する信仰と情熱を持つようになります。そのためには勝利の経験がとても重要です。その過程が中断されたのは神様の最大の期待を崩したことであり、貴重な財産を失ったことです。 も「宝石のような子どもたちを失った」、「その子たちを必ず探さなければならない」とおっしゃったように、再びそのような基盤を築けるよう基準を立てていかなければならないと思います。

祝福家庭の子女としての責任

 今は混ざっていた水と油が分離する時代にいると思います。それだけ混乱の時でもあります。すべての価値観が正しいビジョンにアライメントし、明確な線ができるでしょう。私達が経験してきたすべての過程は、決して私達だけのためのものではありませんでした。より大きな目的のための天の投入だったと思います。今、私達が呼吸するすべての瞬間に神様が共にできるのか自問自答する人生を生きなければならないと決意させられます。から天の基準を立てていくための教育を受けることができたのはとても恵まれたことでした。

 私達を成長させたすべての内容は決して容易な道ではなかったし、時にはあまりにも身近な人から直接的な困難を感じることもありますが、私達自らのアイデンティティは天から来ていて、神様を中心に夫婦が一つになって家庭を築いていくことは、どんな姿であるべきかに対する人生の土台となる価値観を学ばせていただきました。より大きな目的を達成するのに一助できる家庭になれるよう努力しながら生きていきたいと思います。

 そして特に日本は混乱の時期を迎えていますが、1世の両親の精誠と犠牲の上に私達は生命を得ることができ、すべてを捧げて全世界に派遣された日本宣教師の方々の汗と涙があったからこそ、この統一運動がここまで来られたと思います。その貴重な努力が無駄にならないように、すべてが再び天にアライメントし整理され、新しい希望の道ををお迎えして一緒に出発したいと思います。また、子女として未来の大きな希望となり、両親を慰め解放してあげたいです。

指導者の第一条件はために生きること

どのようにしたら、立派なリーダーになれるでしょうか。私は大きな心情を持っていれば、立派なリーダーになれると信じています。たくさん知りたい人は、一生懸命に頭を訓練します。同じように私たちも、心情を育てて、立派になりたいと願うならば、それだけ努力して、一生懸命に心情を訓練しなければなりません。人々が、どれほど多くのことを知っているかということは重要ではありません。重要なものは見えないのです。ですから心情が重要です。リーダーは最前線に立ち、真っすぐ歩いていくためには、心情が大きくなければなりません。そうすれば、すべてを乗り越えることができます。よりいっそう強くなり、確信も大きくするためには、為に生きようと努力する、真の愛の運動を継続しなければなりません。そうしてこそ、激しい反対にあったとしても、揺らぐことなく、真っすぐ行くことのできる人になります。そのような人は、人格や誠実さにおいて、周りの人から信頼されるようになるのです。たとえお金や地位がなかったとしても、皆その人をリーダーとして、応援してくれるようになります。

 [STFメンバーたちに] 皆さんもこんな訓練を受けたいですか。(はい)ここにいる人たちの中に、皆さんの言葉を信じない人もいるでしょう。「皆さんは20代の若者だから、簡単に返事をする」と考える人もいるでしょう?(笑い)そう考える人たちがいたとしても、皆さんは頑張りますか。はっきりと見せますか。(頑張ります!)(拍手)リーダーになろうとすれば、まずために生きる方法を学ばなければならないと言いました。ために生きる方法を知らなければ、リーダーになれません。皆さんが受ける教育は、まさにリーダーになる教育です。どんなに苦労し困難なことがあったとしても、皆さんの顔を見れば、希望が沸いてきます。世の中の若者たちの中に、神様のみ旨を果たそうとする人たちがいますか。家庭と国、そして世界のために生きようとし、さらには神様のみ旨を果たそうとする人たちがいますか。けれども、統一教会の中にこのような若者が育っています。統一教会だけでなく、世界的に見れば、どれだけ大きな希望でしょうか。アーメン!)

 この若者の強みは、まさに為に生きる心です。この子たちが外に出て人に会えば、その精神ゆえに、人々が惹きつけられるのです。「この子たちは一体何者なのだろう。私と同い年くらいなのに、大きな夢を持って、人のために生き、そのうえ自ら主人になろうとするし、チームワークを持って生きる姿が、本当に素晴らしく見える。私もこの子たちのようになりたい」と感じるようになります。このような姿を見て、世の中の人たちが、私たちの教会を訪ねてくるようになるのです。不思議なことに今、人々はこの若者たちを見て、自分から来たいと言っているのです。こうなる理由は、今が新しい時だからです。

– 「神様の夢の実現」より抜粋 –


  • この内容は個人の経験をもとに感じてきた内容と考えをまとめたものです。
  • この内容の著作権は作成者にあります。無断転載/転送は禁止します
カテゴリー: マイストーリー

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。