当ブログでは3月11日に二つの記事を公開し、天の父母様聖会の教理研究院の反論が、いかに反論になっていない誤魔化しなのかを説明しました。

【注目!】法廷記録に対する天の父母様聖会の反論

【一目瞭然】教理研究院は真実に蓋をし、良心に背を向けている

これに対して教理研究院も即日反論を掲載しました。(いかにこの問題に敏感になっているか分かります)

〝先入観〟をもって深読みをするUCI側の人々――「ONE TRUTH有志の会」の反論に対する応答

さて、教理研究院ではこれまでの反論の中で、彼らの主張を正当化するために、韓鶴子女史がご聖婚57周年で語られたという一つのお話を頼りにしています。以下、反論の中から引用します。

ーーー引用開始ーーー

「1960年4月11日は、原罪なく生まれた独り子と独り娘が万難を克服し、天のみ旨に従って『小羊の婚宴』を挙げた日です。天にとっては栄光の日であり、人類にとっては喜びと希望の日となったのです」(2017年4月12日、『韓鶴子総裁御言選集1』55ページ、編集:鮮鶴歴史編纂苑、発行所:成和出版社、2017年11月15日発刊)

これが真のお母様の公式的なみ言の結論です。

ーーー引用終了ーーー

これは韓鶴子女史が「天地人真の父母様聖婚57周年記念式」で語られたというもので、教理研究院としては「公式的なみ言の結論」だと述べています。

分かりやすいように、以下、【『子羊の婚宴』のお話】としましょう。

One Truth有志の会では、これまでもホームページなどを通して、この内容も含め、韓鶴子女史の「独生女論」について考察して来ました。(真のお母様の「独生女論」について

今回は教理研究院にとっての「最後の砦」である上記の【『子羊の婚宴』のお話】について、決定的な内容を提示したいと思います。

引用部分に改竄の疑いあり

まず、私たちは教理研究院に対して、重要な疑問を投げかけたいと思います。

教理研究院が引用した【『子羊の婚宴』のお話】は、重要な部分が削除、あるいは改竄されているのではないかという疑問です。

まず、『世界家庭』2017年5月号には、同じご聖婚57周年(2017年4月12日)におけるお話として、以下のように掲載されています。

「しかしきょう、この日、万難を克服して独り娘は・・・。イエス・キリストは二千年前、原罪なく生まれました。独り娘も、原罪なく生まれたのです。これが真実です。原罪なく生まれた独り子、独り娘が、天の願いに従って子羊の婚宴を挙げた日です。天にとっては栄光、人類にとっては喜びと希望の日となったのです」

これを読めば、韓女史はお父様が無原罪だとは語られておらず、あくまでもイエス様とご自身を無原罪の独り子、独り娘と語っておられます。

次に教理研究院が引用したものをもう一度載せます。

「1960年4月11日は、原罪なく生まれた独り子と独り娘が万難を克服し、天のみ旨に従って『小羊の婚宴』を挙げた日です。天にとっては栄光の日であり、人類にとっては喜びと希望の日となったのです」

このように、教理研究院が引用している『韓鶴子総裁御言選集1』55ページでは、『世界家庭』に掲載されていたはずの太字部分が削除され、元々なかった「1960年4月11日」という日付が挿入されるなど、韓女史のお話を都合よく編集(改竄)している疑いがあります。

次に、2017年4月15日に公開されたPeaceTVでは同じ部分がやはり編集され、

「きょうこの日は、あらゆる万難を克服し、原罪なく生まれた独り子と独り娘が天のみ意に従って子羊の婚宴を挙げた日です!」

と字幕が当てられており、やはりイエス・キリストは二千年前、原罪なく生まれました。独り娘も、原罪なく生まれたのです。これが真実です。」の部分は削除されています。

このように、韓女史が無原罪だと語ったのは「イエス様と韓女史」であるにも関わらず、「お父様と韓女史」が無原罪だと読める文章に編集されています。これは改竄と言えるでしょう。

さらに言えば、真の父母様宣布文サイトでは『韓鶴子総裁御言選集1』から引用する際、「編集:鮮鶴歴史編纂苑、発行所:成和出版社、2017年11月15日発刊」などと念入りに記しています。

ここには、改竄であると批判を受けた際に「鮮鶴歴史編纂苑」と「成和出版社」(韓国側)に責任を擦り付けようとする残念な官僚的体質が露出しています。書いている本人も、本当は分かっているのでしょう。

私たちは教理研究院に求めます。

『PeaceTV』や『韓鶴子総裁御言選集1』のように都合よく編集されたものではなく、編集無しの動画を公開し、この件について明確にしてください。

現時点では、天の父母様聖会が自ら不都合な編集をするとは思えないため、『世界家庭2017年5月号』が元々の韓女史のお話に最も忠実であり、『PeaceTV』や『韓鶴子総裁御言選集1』は都合よく編集(というか、意味が変わってしまうので改竄)されたものだと客観的に判断できます。

法廷は歴史と霊界が記憶する「公式の場」である

次に、教理研究院は彼らが引用した【『子羊の婚宴』のお話】が「公式的なみ言」だと強調していますが、そのことによって、他のもの(法廷記録含め都合の悪いお話)は「非公式」だとしたい意図が見え隠れしています。

しかしイエス様に関する聖書の記録を見れば、大祭司カヤパの前でイエス様がご自分が神のひとり子であると堂々と宣言されたその内容は、歴史と霊界が記憶しているということが分かります。

そのような場で韓女史は以下のように答弁されました。

「私に会うプロセスにおいて、文牧師が私に会うまでは、私たちは彼が原罪が無かったとは言えない。支払わなければならない蕩減条件があった。」

「真の父母に関して言えば、6000年ぶりに原罪なしで来た独生女が独り子を探しだした。それで原罪についての答えになっているはず。」

この内容はPeaceTVや教理研究院が祝福家庭に伝えなくとも、アメリカ合衆国の公式的な記録として人類歴史に刻まれています。また、それを分からずに語られた韓女史でもないでしょう。

教理研究院はこの発言を、「非公式である」などと軽く見るべきではないでしょう。

韓女史は他にも同様のことを語られている

最後に、韓女史が今回の法廷での発言と似たお話を、別の機会にされたものを紹介します。

「私は腹中から三代独女母系として血統を転換し、原罪を清算して純潔として誕生した独生女だ。ところで、お父様は原罪を持って生まれた。・・・私は独生女として生まれたが、お父様には数名の兄弟がいた。お父様が原罪がなく生まれたならばその兄弟達も原罪がないという話になる。・・・それゆえにお父様は原罪なく生まれたのではない。(2016.12.25に韓女史が語られたという参加者の証言)

上記は姜賢実女史が独生女論につまずいて脱会した後の対策会議において韓女史が語られた内容です。天の父母様聖会が公開しないため映像などはありませんが、その場に参加した方の証言です。

例によって教理研究院は「伝聞に過ぎない」と片付けていますが、韓女史が法廷で実際に語られた内容と比較して、お父様に原罪があったと考える根拠まで酷似しています。これを韓女史が語られたのでなく、証言者の創作だと考えるのには無理があります。

また、2017年3月29日の清平全国公職者総会では、韓女史は次のようにも語られています。

「私を生んでくれた父母がいたが、私は神様を父と知って育った。私の祖母も大母様もそのように認めた。神様が私の父。人類の中で神様を父と知って生まれた人はただ私一人。2000年前のイエス・キリストと」

(0:55くらいから)

これもお父様を除外してイエス様と韓女史が生まれながらの独り子・独り娘としている点で、今回の【『子羊の婚宴』のお話】と同様のものだと言えるでしょう。時期的にも2週間程度しか変わりません。

キリがないので今回は挙げませんが、教理研究院が「伝聞に過ぎない」としている祝福家庭の多くの証言も同様であり、韓鶴子女史の発言には一貫性があります。

結論

▼教理研究院が提示している韓鶴子女史の【『子羊の婚宴』のお話】には重大な改竄の疑いがあり、『世界家庭2017年5月号』を見れば、韓女史が無原罪だとされているのはイエス様のことであって、お父様が無原罪誕生されたとは発言していません。

▼法廷は歴史と霊界からみて公式の場であり、法廷記録に残る韓鶴子女史の「私たちは彼が原罪が無かったとは言えない」という発言を適当に片付けてはならないでしょう。

▼教理研究院はこれ以上、真実に蓋をし良心に背を向けることで、人類歴史の前に罪を犯すことを繰り返してはならないでしょう。

 


≪重要記事へのLink≫

「お父様は原罪あり」法廷記録に残る韓鶴子女史の発言①

韓鶴子総裁のスピーチ(2020年11月11日午前 清平修練苑)

なぜオモニの言葉を明らかにしないのか(櫻井夫人のメッセージ⑤)


≪One Truth有志の会へのお問い合わせ≫

お問い合わせフォームはこちら

メールアドレス:yuusinokai2016@gmail.com


3件のコメント

そこいら辺のシック · 2021年3月17日 8:22 PM

daichiさんのお話しは実に理路整然としています。

しかし一方で、教理研究院からの応答を拝見していささか驚きました。
やはり一旦、原理から逸脱すればもはや際限はないということでしょう。

僭越ながら申し上げれば、わたしの観点としては、女性が原罪なく誕生することは絶対にない、です。

そもそもお母様が原罪なく誕生された、ということは、お父様によって原罪をぬいだわけではないということです。
ここには何ら事実の証明は不要で単にある事柄の表現をかえただけです。
地上界におられるメシアを通して以外に原罪をぬげる、という話しです。

教理研究院はいったいシック諸氏をどのようにかんがえているのでしょうか?

何も考えずに鵜呑みにするのが当然の責任分担とでも。
 
思考停止させたい、またしたいなら好きにしたらと思います。
しかし後孫からどれ程の厳しい対応を受けるか、考えたくもありません。
  

プードル · 2021年3月18日 11:10 AM

投稿主様もご存じだと思いますが、新しい反論が出ていましたね。
https://trueparents.jp/?page_id=6562

~ここまで~~
お母様:(家庭連合対サンクチュアリの裁判で)「お父様は無原罪とは言えない」
教理:「裁判でのお母さまの発言は公式ではない。公式の場の発言では『原罪なく生まれた独り子と独り娘が…』と。よって、お父様は無原罪だ」
世界家庭:「その公式の発言の詳細は『イエス・キリストは二千年前、原罪なく生まれた。独り娘も、原罪なく生まれた…』である」
教理:「いやいやご聖婚記念日で1960年のご聖婚のことを語っているので『原罪なく生まれた独り子』はお父様のことだ。(他、略)」
(※お母様、世界家庭の内容は有志の会が指摘)
~~~

教理という立場上、お母様の「お父様は無原罪とは言えない」という発言を認めることは天地がひっくり返ったとしてもないことでしょう。
事実を積み重ねても平行線のまま続くのだろうな~と思います。

お母様の本音、それをなんとかして抑えようとしている教理の建前。
「組織」として建前を守るのは立派です。
しかし、その建前は誰のため?
お母様、シック、・・・

もしお母様のお気持ち・考えがいつか変わることを思ってその時のために・・・というのであれば、厄介ですね。
(組織にはいろいろな人がいて、献金路程の無限列車を見れば、その気持ちも利用されるだけと儚い様)

子どもたちに蕩減が残らないように。
解決策が見つかるようと願うことしかできずにいます。

そこいら辺のシック · 2021年3月18日 10:55 PM

2017年10月ですが、わたしの知り合いの先輩シックが「お父様は原罪あり。お母様はまったくなしは原理で説明できる」と言ってきました。
直ちに血統について反問して撃破しましたが。

その方とは原理について以前からずいぶん話していたのでご本人にとっては大発見だったのでしょう。

他の先輩シックからもお父様のみ言葉で原罪があったことをうかがわせる記述がある、という部分を知らされたことがありました。

お二方とも教会に所属するために、わたしに知らせた時点ではすでにそれを受け入れていたようです。

ですから周藤先生の著作でお父様は原罪がない、となっていたのにはほんとうにがっかりしました。
二枚舌です。もう平然と二元論を喋る。

改めて、モーセの十戒を再確認されたら良いと思います。
創造主ハナニムは愛ですが、創造原理は絶対です。

そう言ってももはや天をおそれることもないのでしょうね。
いったいどなたが異端なのか。それはもうはっきりしています。
  

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。